最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010年7月28日 (水)

材料で売る

4689ヤフー、34500円で50株返済買い。(+5) 昨日昼休み中にヤフーとグーグルがインターネット検索などで提携と報道されました。ただこの材料は既に昨日前場から一部報道により提携可能性が流れていました。材料がテレビニュースなどで大々的に報道されたことにより材料出尽くしとなると判断しました。この銘柄も4835インデックス同様50単位ずつしか一度に空売りできないのが残念なところ。

今日は昨日14時に上方修正を出しながら予想未達と保守的な来期予想により投げが出た5411JFEホールディングスを狙っていました。寄り付きから買い気配で始まってしまったので仕方なく寄り付き2706円で1000株買い、後場2759円で確定。(+5) 少し早売りした感もありますが、うまいこと波に乗れました。

2010年7月27日 (火)

4689ヤフー

後場寄り付きで50株空売り。

2010年7月26日 (月)

4835インデックス 確定

何度かストップ高まであとわずかという位置までありましたが、ストップ高張り付けになりません。

なんとなくですが、買い上がってストップ高?と思わせて売っているような雰囲気が嫌なので400株5400円ですべて確定。(+26) 

久々に持ち株がストップ高付近まで上がったにも関わらず、株数少ないのが残念なところ。

いまさらですが「もしドラ」

何ヶ月か前に「ドラッカー」の「マネジメント」を題材にした小説がありミリオンセラーとなったと読んだことがありました。先日その本つまり「もしドラ」を図書館で見つけ予約しておき先週末に手にすることがありました。

結局この週末にすべて読んでしまったのですが面白かったですし勉強にもなりました。これまでドラッカーの経営学についてはほとんど知りませんでした。それでもこの小説は「マネジメント」の一部分を抜粋して付いて行きやすい上に、小説の題材つまり弱小高校野球部を女子マネージャーの手腕により甲子園に連れて行くという非常に分かりやすい内容と抜粋された「マネジメント」の一部分をリンクさせる形で物語が進んでいくため小難しい内容のはずの経営学が理解しやすい形で提供されている訳です。

自分なりにまとめてみるとドラッカーの経営学で言いたいことの一つは次のことでしょう。それは企業、団体は自分たちの「したい」ことよりも顧客など受益者が「求める」ことをリサーチして実行することによって成長し利益を伸ばすことができるということです。確かに成長する前のマーケットでは企業の強みを生かした商品に消費者が合わせて購買意欲をかきたてられることもあるわけですが、成熟したマーケットの場合は逆に消費者の要望にこれでもか、と応える商品を提供しなければ安定した利益を出し続けることができなくなります。

この本の最後にこの作者は今話題のAKB48に深く関わっている人物であることが分かります。なるほどAKB48の売り出し方は秋葉原界隈でお金を使う可能性が高い人たちのニーズをよくリサーチしてそれに合わせて商売しているので成功しているのがよく分かります。ただ商品と違ってアイドルなど「人」が関係している場合、顧客に合わせることが逆に本人たちの不利益になることもあるのでこの方法が最善かというと疑問が残ります。

さて市場の方はNY株式市場の堅調と昨日日経朝刊にてメガバンクの復調が報じられてこともありここまでは上げてきています。タイミングよく材料が出た8411みずほは寄り付き138円で1万株を確定。(+3) 4835インデックスは4900円付近で200株買い増し。チャート的には5日線を抜いてきて底値を付け反騰に入ったようにも見えます。先週良いところで拾えました。

2010年7月23日 (金)

4835インデックス 再び挑戦

4835インデックス、平均取得値4680円で200株、3526芦森工業128円で5000株、それぞれ買いで再度入ってみました。

2010年7月20日 (火)

日経平均プラ転ならず

日経平均は後場高値9378円と30円安まで下げ幅を縮小したものの、プラ転するまではいきませんでした。タイミング的にはリバウンド狙う方が効率良いと判断し、明日まで持ち越しも考えましたが上値の重さに8411みずほを除いて一旦確定。

6140旭ダイヤモンド寄り付き1269円で2000株買い、1299円で売り。(+6) そして4835インデックス、この銘柄は日本振興銀行の木村剛前会長の逮捕の影響で売られているわけですが既に同銀行との提携を解消するなど投資家に向けてアナウンスを出していることもありリバウンドで先週末から狙っていました。寄り付き5340円で1000株、その後平均5400円で500株買い、9:35分頃と10:20分頃にそれぞれ大口の買いが入って高値は前週末比310円高の5940円までありました。結局5760円で1500株すべて確定。(+60) 正直もっと株数集めたかったのですが、リバウンド初日ということで少なめに入ってしまいました。またこの銘柄、信用取引に規制が掛かっていて現物での取引となり手数料が割高になってしまいました。

8411みずほは135円で1万株買ってしばらく放置しておきます。公募価格も決定しましたので他のメガバンクに比べて下値は硬いと思います。

寄り付きで拾う

NY株式市場は先週末大きく下げ、昨晩は小幅反発。東京市場はcme先物に鞘寄せして下げて始まることが予想されます。

8411みずほ、6140旭ダイヤモンドを寄り付きで拾います。4835インデックスは大きめに拾ってみます。

2010年7月14日 (水)

3526 芦森工業 返済

143円で1万株、返済買い。(+2)

小銭稼ぎです。

2010年7月13日 (火)

3526 芦森工業 新規空売り

民主党の大敗を受けて、恩恵を受ける消費者金融業株など一部の銘柄を除いて弱い動きとなってきています。銀行株もなかなか下げ止まりません。

今日は新規で3526芦森工業を空売りから入ってみました。145円で1万株。

2010年7月 6日 (火)

消費者金融株は取りあえず一日限りのお祭り

昨日は消費者金融株が一斉高となり、8574プロミス、8572アコムなどはストップ高を演じていました。これは昨日一部の報道により「大阪府による貸金特区構想」が明らかになったことによるものでした。もしこの構想通りに物事が進めば、貸金業者は相次いで大阪府に本社を置くことになるでしょうし、当然業績の下支えにもなるでしょう。

もともと消費者金融株全体は過払い金返還を含め悪材料が重なり下値を模索している銘柄ばかりでした。そこに新たに沸いた貸金特区構想。まるで枯れ木に炎が付いたようにこのセクター銘柄が噴いたのも理解できます。

ただ唱えている大阪府自体台所が苦しいので様々な構想を練っており、それぞれのプランがどこまで実現するのか不透明ですし、以前に比べ地方分権が進んでいるとはいえ大阪府が独自でどこまでやる気があるのかも今のところ読み取れません。

ということで昨日はショートで狙う作戦にしましたが8515アイフルを含め貸し株による空売り規制が入っている銘柄ばかりでした。それで結局唯一なのか分かりませんが問題なく空売りできた8574プロミスをストップ高685円で5000株ショートしておきました。なぜわずか5000株だけかと言うと、この銘柄は50株単位なので一度に最大空売りできるのが50単位の2500だけ、これを二度行なって合計5000株。

昨日引け後の信用残発表で大幅な売り長となり、正直今朝は少し踏みあげられるのを覚悟しましたが何のことは無い、あっさり売り気配からのスタートとなりました。寄り付き666円で返済。(+9)

とりあえず昨日今日は一日限りのお祭りとなりましたが、この「特区構想」今後もしかするともう少し肉が付いた状態で報道されるかもしれません。その時は再度お祭り状態になるのは必至ですので、引き続きウオッチリストに入れておきたいと思います、

2010年7月 1日 (木)

2922 なとり 株主優待到着

2922なとりの優待、おつまみセットが到着しました。ここの優待は気に入っていて、ほぼ毎年もらうようにしています。今週から数週間、週末は充分楽しめそうです。

6140旭ダイヤモンド、後場に1323円と1324円で4000株返済。(+74)チャートはデッドクロスを形成しそうなので更に一段安となる可能性もありそうですが、明日一日本業で場を見れないので一旦手仕舞うことにしました。

今日は中国6月の購買担当者指数が2ヶ月連続で悪化したことを受け、中国関連銘柄に売りが出ています。全体的にチャートが崩れていますので、ショートから入る銘柄を探した方が確実に利益を出せると思います。

5

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ