最近のトラックバック

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の記事

2010年2月27日 (土)

日経新聞電子版創刊

「日本経済新聞 電子版」が3/23に創刊されると24日に発表されました。内容はこれまで無料で閲覧できた「NIKKEI NET」の一部が有料となり、その部分は購読料を払った会員のみが閲覧できるようにするとのこと。

この意図がどこにあるのかはっきりしないところもありますが、個人的には申し込むかどうか悩んでいます。電子版のみの購読は月4千円もするので高いと思いますが、日経を元々配達してもらっているところは月千円となりますので、我が家は後者であり安価で利用できます。とりあえずはこれまでよく利用していた「NIKKEI NET」がどれほどの部分が有料になってしまうのかを確認してから考えたいと思います。

さて今週も細かい利益の積み重ねでしたが負けなしで終えることが出来ました。また唯一中長期で保有している7965象印マホービンが再度終値で200円台をキープしてきていることも嬉しいところです。金曜日の後場空売りから入った6966三井ハイテックは690円台前半まで下げた後非常に強い雰囲気を感じて危険と判断、ショートは696円で買い戻し。(+1)逆に700円で2000株ドテン買いして持ち越してみました。来週も連勝街道を伸ばせていくよう欲を余りかかずに確実に利益を重ねてゆきたいと思います。

2010年2月26日 (金)

市場もフィギュアの結果待ち

後場13時台から始まる女子フィギュアの浅田、キムヨナ対決を控えているため売買が控えめとか。

前場の取引はまず持ち越した8604野村の確定から。昨日大引け646円で1000株だけ買い増しており合計11000株を今朝寄り付き657円で利食い。(+3)

後場はショートで6966三井ハイテックを狙ってみたいと思います。まずは後場寄り付きで2000株新規売り。

2010年2月25日 (木)

7203トヨタ利食い

持ち越した7203トヨタ、3340円で売り注文出していましたが寄り付きが3345円だったのでこの値段で1000株が約定。(+8)注目の公聴会での豊田社長はよく準備したのでしょう、まずまずの英語で答えていたように聞こえました。アメリカの公聴会と聞くと、昨年のリーマン上層部に対して厳しい質問を矢継ぎ早に浴びせたように非常に辛辣なイメージを持っていましたが、今日の豊田社長に対しては比較的紳士的な対応だったようです。日本人の会長、社長が公聴会に登場するのは例のファイアストン問題が起きた際に、当時のブリジストンの社長が出た時以来とか。だいたいこうした大きなイベントを通過すると株価は反対に動くものですが、今回もやはり予想通りの動きとなりました。

もう一つ持ち越した8604野村は小幅高の場面もありましたが値を消しています。659円で売り注文を出していたので約定せず含み損となっています。

Ad by PetaPeta 0001

2010年2月24日 (水)

7203トヨタも買い

アメリカでトヨタの公聴会が始まり、その内容も報道されています。ひとつの節目となるイベントを通過しかけているので、この辺から打診買いしてみたいと思います。3260円で1000株。

これで野村とトヨタのロングポジションとなりました。どちらも明日に持ち越してみます。

7965象印マホービンは200円手前での値固めでしょうか。190円台前半で買い指値出していますが約定していません。


Ad by PetaPeta 0001

久々の売買

今週に入っても相変わらず本業が忙しすぎて、ほとんど場を見れない状況が続いています。

今日の後場は少し見れそうなので、後場寄り付きで8604野村ホールディングスを1万株買ってみます。

2010年2月18日 (木)

7965象印マホービン 終値で200円到達

先週末から九州出張でした。月曜、火曜と生憎の雨模様でしたが予定は順調にこなせ温泉もいくつか回ることができました。

日経平均は1万円付近の値動きとなっています。折角11000円を狙おうかという良い位置まであったのですが、海外市況の影響もありだいぶ戻ってきてしまいました。

1500株保有中の7203トヨタは念の為3420円で逆指値売り注文を出していたら先週末に早くも約定してしまっていました。(+9) あとはドイツ製薬大手ベーリンガーインゲルハイムからの買収が報じられた4537エスエス製薬を704円買い705円売り1万株。(+1)エスエス製薬の例を見てもM&Aがまだまだありそうです。サントリーとアサヒの破談など大きなニュースもありましたが、日本企業が単独で国内市場だけの売上で生き残るのは難しい時代に入っていきますので今後の大型合併の可能性など探って仕込んでおくのも一つの作戦だと思います。

最後に中期狙いで放置中の7965象印マホービンがついに200円台に終値で乗せてきました。昨日値動きを見れない時に先の高値195円を抜いて一段高となり、ザラ場では210円付近まで上がりましたが終値で200円を付けてきたのは大きいです。平均180円で25000株買っていますので含み益が50ほど、おそらく近いうちに100の含み益を狙えると思います。株数を増やしたいのですがこれまでの出来高が細かったため見送っています。以前は株数増やして最後売却時に苦労して自分で自分の首を絞めるような売買をしてしまったこともあるのでここは我慢。

2010年2月10日 (水)

7203 トヨタ ロング継続

昨日二度目の社長会見があったトヨタは小幅ながら続伸となっています。タイガーウッズと同じで後手後手の対応に批判が集まっていますが、今日から主力車のプリウスのリコールが始まるなど現場での対応も始まっています。

今後どれほど販売の方に影響があるかの懸念は残りますが、株価は相当のダメージをある程度は織り込んでいるものと思われます。今朝の日経朝刊で日産自動車が一転黒字になるとの見通しを報じていますが、自動車産業の回復が鮮明となっています。

今日の前場にも3360円で1000株買い増して合計1500株をホールド中。昨日の値動きを見ていましたが、下値は硬いように見えました。

2010年2月 8日 (月)

NY株は長い下髭を残して戻す

1万円割れも視野に入れる位置まで下げてきていますが、しばらくはここを割るかどうかに注目せざるを得ません。

NY株式の戻りを期待しつつ、週明け最初の取引は7203トヨタを寄り付きで1000株買ってみます。

25000株保有中の7965象印マホービンは180円付近までの窓を埋めた後はやはり値を戻してきました。先の高値が195円ですのでここを抜けると一段高を狙えると思います。今日は190円台での動きを期待しています。

2010年2月 4日 (木)

多忙のため、わずかな取引

今日は朝から本業につきっきりだったため、ほとんど値動きが見れませんでした。

昨日空売りした6773パイオニアは昨日後場に早々と367円で買い戻し。(+2)

今朝は昨日からチェックしていた5019出光興産を寄り付き6450円で300株空売りし、やはり前場に早々と6360円で買い戻し。(+2)今日の安値が6360円と危ない取引でした。

パイオニア、出光興産ともにもし今日の後場には値を戻していますのでなんとか逃げ切った形です。ここ最近意識的に最初の玉を少なめにしていますが、これで毎日数万ずつ取れていますので、この方法は気分も楽でよい取引かと。

2010年2月 3日 (水)

6773 パイオニア

今朝の日経朝刊一面で三菱化学と提携、出資を受けると報道されています。財務基盤の強化を図ることになり同社にとっては自己資本比率を上げる効果もあります。

チャートを確認すると1/21につけた安値263円を底に上げ基調でしたので、まずは売りから入ってみたいと思います。

376円で3000株を空売り、上値を取ってくる可能性もあるので少しずつ売り乗せしていきますが深追いはしない予定です。

パイオニアが三菱化学との提携を材料に買い先行、経営体質の強化に期待
9時22分配信 サーチナ

 パイオニア <6773> が買い気配で始まり、9時10分現在、369円(19円高)での買いと370円(20円高)での売りがせめぎあっている。三菱ケミカルホールディングス <4188> の三菱化学と資本・業務提携と伝えられたことを好感し、買い先行。

 三菱化学と資本・業務提携し、三菱化学は早ければ3月末にもパイオニアに出資し、省エネ型の次世代照明と期待される有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)照明を共同開発すると日本経済新聞3日付け朝刊で伝えられた。パイオニアはホンダ <7267> などからも出資を受け入れる方向で経営体質の強化を進めている。三菱ケミカルホールディングスも続伸し382円(6円高)。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

2010年2月 2日 (火)

トヨタが包括的対応策を発表

7日間で750円下げた7203トヨタが8日振りにようやく反発しています。昨日アクセルペダルに関する包括的対応策を発表し、米道路交通安全局が「意義を申し立てる理由はない」と声明を出したことも買い安心感を誘っています。

持ち越した2000株は寄り付き3610円で確定。(+32)

<東証>トヨタが8日ぶりに反発 リコール問題の具体策提示で
(10時20分、コード7203)8営業日ぶりに反発。前日比200円高の3650円まで上昇した。1日にアクセルペダルの不具合による米国での大規模リコール(回収・無償修理)問題について具体的な対応策を発表。週内に修理を開始することや、一時停止していた米工場での生産再開時期を示したことが買いのきっかけとなった。リコール問題を巡って株価が大幅に下落していたため、割安感から押し目買いを入れる投資家も多いようだ。

 リコールに伴う負担について「引当金でカバーできる範囲内」との見方が多い。販売開始時期はメドがたっていないが「数万台程度の減少にとどまる見通し」(準大手証券アナリスト)との指摘があった。信頼低下の市場シェアへの影響については、今後の動向を見守りたいとの声が多い。〔NQN〕

2010年2月 1日 (月)

トヨタは7日続落

今日は一時プラスになる場面もありましたが、動きが止まるとじりじりと売り物に押され結局7連敗となりました。

寄り付き10分前までは気配値が3430円でしたので寄り付きで買う予定でしたが9時が近づくにつれて買い注文が入り寄り付きは小幅安の3495円でした。一旦買い注文を取り消し3465円で出し直したら直後の下げで丁度安値で買えました。即3520円で売り注文を出して場を離れ、昼休みに値動きを確認すると高値は3505円までで未約定。仕方なく後場寄り付きの3435円で1000株ナンピンして合計2000株を持ち越し。流石に7日続落ですのでそろそろ反発があってもいいのではないかと楽観しています。

7965象印マホービン184円と183円で5000株買い増して合計25000株に。窓を空けて190円台まで上がっていましたのでチャートで窓を埋めた形となりました。

7203トヨタ 寄り付き買い

リコール問題がどこでも報じられていますので、そろそろ底かと

とりあえず寄り付き1000株買ってみます

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ