最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009年11月26日 (木)

底打ち感が出てこない

先週、今週ともうどうしようもない相場が続きやる気が余り出ません。

先週突っ込み買いした三井住友はアッサリと3000円台を割り2910円でロスカット。(-20)東芝は460円台後半で利食いしたものの焼け石に水。(+6)その後は当初リバウンドを狙っていくつか買ってみたものの反発がまったくなくロスカットの連続。仕方なく今週は8411みずほ、8601大和など金融株中心に日計り空売りでなんとかしのいでいます。

円が対ドルで一時86円台まで急伸、政府は口先介入のみでまったく効果無し。世界のマーケットで東京が一人まけですが、これだけ政府がマーケットを無視したような状態が続けばそりゃいくら指標で割安感が出ても買いが入ってこないわけです。

当の民主党は普天間に始まって問題が山積しており、経済対策はこれからの後手後手が続くのでしょう。去年の金融危機のように大きく下げるわけではないのですが、今後もじりじりと値を下げる展開が続く可能性が高いような気がします。

持ち越すのも怖いので今は2729JALUXを拾っているだけ。JALの行方によってこの銘柄も影響受けるのは間違いないのですが、安いところはもう少し拾いたいと思います。

2009年11月17日 (火)

突っ込み買い

ここ数日指数自体それほど下げないのですが、騰落率は悪く東証一部値下がり数は1200を連日越えています。指数以上に全面安の感覚です。

後場8316三井住友を3010円で2000株、6502東芝を457円で5000株買ってみました。

今日は3107ダイワボウがファイナンス発表して急落。公募増資がこれだけセクターを超えて出てくると自分の持っている銘柄にもファイナンス情報が出てこないか正直怖く感じるでしょう。

2009年11月16日 (月)

やっとのことで三井住友を返済買い

先週末に8306三菱東京UFJが一兆円規模の公募増資を発表し、今朝は金融株が弱含みで始まりました。8316三井住友を先週空売りして持ち越していたのでこの材料は渡りに船でした。

三菱東京が売り気配を下げる中、三井住友は小幅安でのスタート。同じく増資を発表した東芝も思ったより高い位置で寄り付きます。しかしその後も薄商いの中でじりじりと値を下げる展開。銀行株の公募増資の噂はずっと出ていたので、悪材料出尽くしと見て寄り付き付近で買った投資家も投げざるを得ない状況となってきたのでしょう、後場は一段安となって大引け。

3170円と3240円とそれぞれ2000株ずつ空売りした三井住友は3120円と3080円でそれぞれ返済。(+42)

最近公募増資した銘柄はほとんど公募価格より高い位置で株価が推移する形が続いていますので、東芝と三菱東京UFJは近いうちにロングで狙ってみたいと思います。

<東証>三井住友FG、みずほFGが反落 三菱UFJ増資観測で連想売り

(10時40分、コード8316、8411)反落。三井住友FGは前週末比140円安の3100円まで下げ、みずほFGは5円安の174円まで下落した。14日付の日本経済新聞朝刊が「三菱UFJ(8306)は年内に1兆円規模の普通株公募増資を実施する方向で最終調整に入った」と報じたことをきっかけに、市場にメガバンクの増資懸念が改めて広がった。国際的に銀行の自己資本比率の規制強化が検討される中で株価はすでに下落基調にあった。市場では「1株あたりの希薄化懸念は株価に織り込まれたが、ファイナンスが実行されるまで需給悪化懸念は残り、株価の重荷となっている」(シティグループ証券の野崎浩成アナリスト)との声が出ている。

 13日の大引け後に両FGが発表した2009年4~9月期の連結決算は、三井住友FGの純利益は前期比48%増の1235億円、みずほFGの純利益は同7%減の878億円だった。「業績悪化の底入れが確認できる内容」(野崎氏)との声は多いが、三菱UFJの増資観測に伴う連想売りに押されている。〔NQN〕

2009年11月11日 (水)

空売り

8316三井住友寄付き3170円で2000株空売り

2009年11月 6日 (金)

三洋電機 乱高下

昨日急落した6764三洋電機ですが、前場は小安く寄り付いた後一時165円まで突っ込みましたがその後は戻し始め、高値は179円までありました。

安い価格帯で買い増しすることは出来ませんでしたが、177円で10万株すべて無事売却。(+55)

これだけ乱高下すると格好のリーディング銘柄になって個人投資家だけではなく、機関投資家も狙っていることでしょう。

2009年11月 5日 (木)

6764 三洋電機を突っ込み買い

パナソニックによるTOB価格が131円と引き上げられなかったこと、また一部が市場で売却されるのではないかとの懸念から大幅安となっています。一時158円まで突っ込む場面がありました。

後場落ち着いた動きとなったようですので、171円と172円で5万株ずつ合計10万株買ってみました。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ