最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009年10月29日 (木)

期待はずれ

昨晩寝る前にCME日経先物が早くも一万円割れしていたので少し嫌な予感がしたのですが、朝起きてみるとNY市場は一段安で引けていました。恐る恐る日経先物を確認すると、9900円も割る水準まで急落していました。 さてそんな中で持ち越した8604野村の動きです。昨晩PTSで650円台まで上がっていましたが、今朝はNY市場の影響もあったのでしょうか、まさかの売り気配スタート。仕方なく寄り付き633で5000株ナンピンして持っていますが、ここまでは期待外れの動きでガッカリです。 ただ今日はJALの再建案が近いうちに出ることの期待からか銀行株が逆行高となっています。ウオッチ銘柄の多くが金融株なのでマーケットスピードで見ていると指数が200円も下がっているとはとても思えません。 その9205JALも大幅高となっていますが、どんな救済策が出てくるのか注目しています。

2009年10月28日 (水)

8604 野村ホールディングス 予想を上回る決算

月曜に買った8604野村、月曜火曜と売らずに買い増して、まだ持っています。平均取得値642円で15000株。そして先ほど決算が発表されました。復配は既に今日一部報道機関より伝えられていましたが、アナリスト予想を上回る内容。明日株価がどういう反応を見せるのか注目です。

それから昨日8237松屋を865円で2000株空売りして今朝842円で返済。(+4)

野村HD 中間決算 市場予想上回る
野村HDは、2009年9月中間連結決算を発表した。 収益合計7190億円(前年同期39.5%)、経常利益587億円(同黒転)、当期純利益391億円(同黒転)、中間4円配当。市場予想はクイックコンセンサスで当期純利益230億円程度。

2009-10-28 15:16:03 野村ホールディングス(株)<8604> 株価642円

 

2009年10月26日 (月)

寄り付き買い

寄り付きで8604野村を5000株買い注文発注

2009年10月23日 (金)

今週のまとめ

NY市場が大きく上げたので今日は大きく上げてくるかと期待しましたが、日経平均の上げ幅は限定的でした。昨日あれだけの全面安だったにも関わらず反発してくれないのは残念です。

昨日は持ち越した8897タカラレーベンを674円で確定。(+35)その後9205JALを122円で2万株空売り。

そして今日。売り玉のJALを安易に118円で返済買い注文を出していたら後場になって、銀行が減資を要求し既存株主責任を問うよう求めていることが報道されて一時112円まで急落。注文取り消す間もなくアッサリと約定してしまいました。(+8)ここまでは予想内の展開ですが、今度は実際に減資等が発表された後に物色できると思います。上場が維持されることを前提に考えると減資などで株主責任が明確にされた後突っ込んだところはロングで狙ってみたいところです。

JAL問題 銀行が政府に減資要求
日本経済新聞は、JAL問題で銀行団の一部が政府にJALの減資を要求と報じた。株式上場を維持した上で99%程度の減資に踏み切る案などが浮上している。銀行団から「労働・金融債権の減額だけで、株主責任を問わないのは筋が通らない」との懸念が出ていたとしている。 2009-10-23 14:03:46 (證券新報)


Ad by PetaPeta 0001

2009年10月21日 (水)

8897タカラレーベン今度は買いで

出張で出掛けていました。帰りに寄ったある岬で夕日を見ていたのですが、その細長い岬の先でほぼ見渡す限り海という絶景。風がきつくて岩に当る波しぶきを眼下に見渡しながら夕日を眺めて非常に気持ちよく帰ってくることができました。

Pa210470

翻って今週これまでの取引ですが、月曜日は9205JALの買戻しから。107円でショートで入ったので安全策で逆指値106円買いの注文出していたら月曜日の寄り付きがその106円。逆指値発注されて強制返済で終了。(+3)その後今日が130円台近くまで上昇しているので結果よしということになります。公的資金注入となりそうだとの報道となっていますが、依然株主責任が問われるかどうかは不透明です。こうした中で100円から130円まであっという間に戻ってきたことに正直驚いています。再度どこかで売りで入りたいとは思っています。

あとは8308りそなを1148円買い1168円売り5000株。(+10)そして今日の後場8897タカラレーベンの動きを見ていたのですが、厚い売り板なのになかなか下げない様子。630円越えたところからロングで入って最後644円でも買って平均639円で10000株持ち越し。大引け後に売り禁発表されました。調べてみるとこの銘柄ここのところ上方修正を連発していてるとのこと。一本調子で上がることはないと思いますが、明日の寄り付きは高いのではないかと期待しています。

2009年10月16日 (金)

9205JAL 遅ればせながら空売り

107円で3万株、いまさらですが。50円額面の銘柄が100円を切るとロスカットせざるを得ない機関投資家もあるようです。前場は100円安値と辛うじて二桁突入は避けられましたが、当面この価格を割るかどうかに注目です。救済策はいずれ出るでしょう、ただ株主責任を問われるのは必至ではないかと思います。

8894タカラレーベン寄り付き540円で5000株売り増し、その後530-531円で返済。(+2)

<東証>JAL、売り先行 経営再建巡り「株主責任」に懸念強く
(9時3分、コード9205)売り先行。一時前日比9円安の105円まで下げた。経営再建に向けた利害関係者の調整が難航するなか、株主へも責任が問われるとの懸念が強い。前原誠司国土交通相直轄の専門家チーム「JAL再生タスクフォース」がまとめたJAL再建に向けた素案には、金融機関などへの債権放棄などの要請が含まれた。他社の経営再建過程では、債権放棄と同時に実施した減増資で株主価値が希薄化された例が多く、積極的な買い手が乏しい。〔NQN〕

2009年10月14日 (水)

8897タカラレーベン空売り

後場8897タカラレーベンを524円で5000株新規で打診売り開始。

<東証>タカラレーベがストップ高 業績上方修正が支援
(10時45分、コード8897)急伸。値幅制限の上限(ストップ高)となる80円高の534円まで上昇し、9月10日以来、約1カ月ぶりに年初来高値を更新した。13日の大引け後に発表した業績予想の上方修正が支援材料になっている。東証1部の値上がり率ランキングでトップ。

 2010年3月期の連結最終利益見通しは18億円と、従来予想の9億5000万からほぼ倍増する。販売費や一般管理費などコスト削減の効果に加え、関連会社で、マンションの総合管理業務を担うレーベンコミュニティの受託管理戸数が増加したことなどが寄与するという。

 もっとも、「売買単位が100株で手掛けやすいため、個人投資家を中心とした短期的な投資資金による買い」(国内証券の株式情報担当者)が主体とみられる。ストップ高を付けた後は利益確定などの売りも出て、上昇は一時的にとどまるとの指摘もある。〔NQN〕

8604野村が大幅安

8604野村、公募の株券が今日から流通するためその後の動きに注目でしたが、先の公募の場合は払い込み日を過ぎたあたりから上げた記憶があります。ただし今回は逆に払い込み日を前にして上げていたため実際に流通後は下げるような気がしていました。ここ数日の空売り急増は公募組の繋ぎ売りでしょう。今日あたりかなり返済が増えているものと思われます。634円で11000株返済してなんとか逃げれました。(+3)

8308りそなは先週TOPIX組み入れ率が下がることが発表された翌日大きく下げたところでナンピンしトントンで逃げましたが、その後も大きく下げています。

9205JALが130円ですか、既に債務超過状態との報道もあり手出しが難しい銘柄になってしまいました。仮に救済策が出たとしても既存株主の責任が問われる形になるような気がしてなりません。

<東証>野村が大幅安 公募増資株で利益確定売り、商い1億株超
(10時、コード8604)大幅安。下落率は一時5%近くに達し、32円安の626円まで下げた。公募増資の払込期日(13日)を過ぎ、14日から可能になった公募株の売買で利益確定の売りが膨らんでいる。売買高はすでに1億株を超え、一日を通した商いが前日まで2日連続で1億株を超えていたペースをはるかに上回る。

 きょうの高値は652円で、公募価格(568円)を最大で15%上回る水準で売ることができた格好だ。公募価格を上回って推移する間は利益確定売りが続くと見られる。公募価格より上で下げ止まるかどうかは、「増資で調達した資金を戦略的な事業展開に活用できるかが鍵」(国内証券のストラテジスト)という。利益を得た個人投資家がほかの銘柄に再投資するという、株式相場全体にとってのプラス効果も指摘される。〔NQN〕

2009年10月13日 (火)

8604野村売り増し

8604野村、寄り付きで5000株空売り発注

2009年10月 7日 (水)

金融株上げ幅を拡大

後場に入って一段と勢いが出てきたような気がします。

8308りなそ、大きな売り物を抜けてきた1155で5000株買い直し。

ロングは手仕舞い

前場は1117円で3千株買った8308りそなを1144円で確定。(+8)

昨日三菱UFJに公募増資の噂が出ていましたが、株価は確りでした。野村HD同様、金融株には増資して体力強化することを相当程度織り込んでいるような動きです。仮に今後銀行株が増資を発表しても、下値は知れているような気がします。

ということで金融株の突っ込みは買っていく作戦です。

2009年10月 6日 (火)

野村売り乗せ

8604野村HD、624円で再度3000株空売り。

なかなか勢いよく上げております。しかし、昨日利食いした値段より80円も上値があるとは…

なんとも弱い

久しぶりにNY株式が大きく上げたので今日は期待したのですが…

日経平均は寄り付きは100円ほど上げましたが、その後一時マイナスに転じる場面があるという弱さ。なんとも頼りない動きです。

前場は8308りそなを1117円で3千株買い、8604野村を逆に615円で空売り。

昨日公募増資を発表を発表した7261マツダの動きに注目していました。今朝安く始まればロングで入ってみたかったのですが、逆に買い気配でのスタート。もともと公募増資が観測されていたので悪材料出尽くしとみた向きもあるようです。こうなってくると昨晩のPTSで180円付近での売り玉を拾っておけばよかったということになります。今後も同様の状況が見られる可能性がありますのでPTSを上手に活用したいところです。

2009年10月 5日 (月)

野村など金融株に買い戻し

8604野村ホールディングの公募価格がおそらく今日決定されるであろうということで、野村は買い気配から始まりました。最近の金融株の公募銘柄の動きとしては、発表後急落→公募価格決定まで上値重い→値決め後は反発、というところがほぼ鉄則。今回の野村のそう考えると先週末の急落は買いチャンスと判断しました。

今朝は本業が忙しかったため持ち越した野村株1万株は買い気配にぶつけて寄り付き556円で確定。(+39) もう一つ拾っていた8308りそなも1113円で利食い。(+12)

あと目立ったところでは8574プロミスが久しぶりに大幅高、みずほが格上げしたのが直接の要因でしょうか。

野村HDが高いショートカバーか? 価格決定日で
野村HDが36円高の570円と続伸している。同社は5日~7日の間が払い込み価格が決定されることで初日の本日決定される可能性が高いことから、空売りの買戻しが入っているようだ。(證券新報)

2009年10月 2日 (金)

寄り付きで拾う

NYダウが急落し日経平均もほとんどの銘柄が売り気配で始まりました。

まずは8308りそなを1088円で5千株、8604野村を517円で1万株買い。

この突っ込みは一旦買いかと思います。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ