最近のトラックバック

« 8604野村売り増し | トップページ | 8897タカラレーベン空売り »

2009年10月14日 (水)

8604野村が大幅安

8604野村、公募の株券が今日から流通するためその後の動きに注目でしたが、先の公募の場合は払い込み日を過ぎたあたりから上げた記憶があります。ただし今回は逆に払い込み日を前にして上げていたため実際に流通後は下げるような気がしていました。ここ数日の空売り急増は公募組の繋ぎ売りでしょう。今日あたりかなり返済が増えているものと思われます。634円で11000株返済してなんとか逃げれました。(+3)

8308りそなは先週TOPIX組み入れ率が下がることが発表された翌日大きく下げたところでナンピンしトントンで逃げましたが、その後も大きく下げています。

9205JALが130円ですか、既に債務超過状態との報道もあり手出しが難しい銘柄になってしまいました。仮に救済策が出たとしても既存株主の責任が問われる形になるような気がしてなりません。

<東証>野村が大幅安 公募増資株で利益確定売り、商い1億株超
(10時、コード8604)大幅安。下落率は一時5%近くに達し、32円安の626円まで下げた。公募増資の払込期日(13日)を過ぎ、14日から可能になった公募株の売買で利益確定の売りが膨らんでいる。売買高はすでに1億株を超え、一日を通した商いが前日まで2日連続で1億株を超えていたペースをはるかに上回る。

 きょうの高値は652円で、公募価格(568円)を最大で15%上回る水準で売ることができた格好だ。公募価格を上回って推移する間は利益確定売りが続くと見られる。公募価格より上で下げ止まるかどうかは、「増資で調達した資金を戦略的な事業展開に活用できるかが鍵」(国内証券のストラテジスト)という。利益を得た個人投資家がほかの銘柄に再投資するという、株式相場全体にとってのプラス効果も指摘される。〔NQN〕

« 8604野村売り増し | トップページ | 8897タカラレーベン空売り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8604野村売り増し | トップページ | 8897タカラレーベン空売り »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ