最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月29日 (火)

とりあえず反発

NY株が反発したこともあり日経も反発してますが、弱い動きです。後場に入って上げ幅を多少縮小してきています。

持ち越した野村2万株は寄り付き555円でさっくりと利食い。(+52)ただそこからまだ10円幅取れましたね。

今日は野村をはじめ、9205JAL、8411みずほといった下げのきつかった銘柄がとりあえず反発となっています。

後場に入ってから大口の売りが出て急落している8574プロミス、なんか材料がありそうな動きです。

<東証>野村が10日ぶり反発 地合い改善で自律反発狙いの買い

(9時15分、コード8604)10営業日ぶりに反発。前日比17円高の557円まで上昇した。前日の米株高などを受けて相場全体の地合いが改善し、自律反発狙いの買いが入った。29日までの9日続落で222円(29%)下落していたため、急ピッチの下げの反動で買いが入りやすい。  野村の株価は、24日夜に発表した5000億円強の公募増資が既存株式価値の希薄化懸念を招き、前日まで調整基調を続けていた。〔NQN〕


Ad by PetaPeta 0001

2009年9月28日 (月)

8604野村を拾う

注目の8604野村HDは寄り付き533円で安値522円

先週末比例配分で当選した1000株の売り玉は寄り付きで利食い。(+4)

後場529円で2万株まずは打診買い

クレディスイスは28日付レーティングで強気継続を継続、目標株価820円

2009年9月25日 (金)

8604野村 相次ぐ大型増資でストップ安

昨日9月の権利付最終売買日だったため今日が権利落ち日。計算では約50円ほどの下げは配当分と見ることができます。しかし今日の下げ幅はそれを優に上回る278円安、ほぼ全面安の様相となりました。

今日の大幅な下げ、これはNY株式の影響もあるでしょうが、何と言っても野村が昨日引け後に5000億円を越える増資を発表したことによる「野村ショック」が直接の影響でしょう。今年の3月に2800円規模の大型増資が発表されたばかりで株主としてはまさかの展開に違いありません。これを受けて当の野村はストップ安売り気配で比例配分となりました。他の証券、銀行といった金融株にも増資があるのではないかとの不安感から売り注文が集中しどの銘柄も5%前後の下げとなっています。

今日は朝から野村に売り注文出して比例狙いだけ。2つの口座で合計丁度1000株だけ約定していました。あとは昨日優待取るために両建てしていた9202全日本空輸と9205日本航空を現渡ししただけ。日本航空の現状を考えると本当に優待が出るのか心配ですが…

8515アイフルが今日は一転大幅高となっています。格上げが原因のようですが、まぁこの銘柄では大火傷した個人投資家が多いんじゃないかな。正直あまり触りたくない銘柄になってしまいました。

<東証>野村がストップ安比例配分 7178万株の売り残す
(大引け、コード8604)朝方から売り気配が続いた。大引けに値幅制限の下限(ストップ安)となる基準値比100円安(前日比では108円=15.9%安)の573円で比例配分された。同水準で891万9500株の売買が成立し、7178万6300株の売り注文を残した。前日発表した公募増資に伴う株式価値の希薄化を嫌気した売りが殺到した。〔NQN〕

2009年9月24日 (木)

敗戦処理終了

8515アイフル後場高値130円まであった後125円で残り3万株を損切り。(-180)

久しぶりに大負けしました。

正直泣きたい気分ですが、若干傷が浅くなったことで良しとするしかありません。

敗戦処理中

8515アイフル、木曜日にリバウンド狙いで容易にロングで入ったらその日の大引け後に事業再生ADR手続きに入ったと報道されました。ホントこの連休中は気分が滅入りました。

今朝も大量の売り物を集め寄り付き前はストップ安84円の売り気配。ただ金曜日のPTSでは105円付近での動きでした。これはADR手続き発表前に日興シティがレーティングで出していた目標株価105円も影響していると思われます。

今朝はADR手続きが受け付けられたことさらには同時に赤字修正を発表しており、上場は維持されると報道されていることもあり、いわゆる「悪材料出尽くし」となるのではないかとの期待も若干ありました。

ということで寄り付き94円そして直後95円で合計5万株買っています。10時頃までは100円前後の動きでしたが、それ以降は上値追いの展開。すでに新規売り禁となっているため、金曜日空売りした分の買い戻しも相当入っているでしょう。とりあえず今朝買った5万株は前場113-117円ですべて利食い。(+97) ただ先週買った3万株の含み損がまだ200ほどあります。

ここからのアイフルの動きですが新規で空売りが入ってこないので買い戻しが一服すると前場ほどの軽い動きが続くとは思えないので今日の後場には残りの敗戦処理を済ませるつもりです。損失計上は間違いないですが、どれだけ傷を浅くできるかの勝負。

アイフル:連日の急落、3/17以来の株価100円割れ

アイフル<8515>は連日の急落、3月17日以来の株価100円割れに。事業再生ADR手続きを正式に受理されたと発表、同時に、希望退職者募集などの事業再生計画案を提出、業績予想の下方修正も行っている。今期の最終損益は従来予想81億円の黒字から3110億円の赤字に下方修正、今期配当予想も従来の10円から無配に転落へ。現状では、今後の株式責任の表面化など先行き不透明感は拭いきれない状況のようだ。 (フィスコプレイス)

2009年9月17日 (木)

8515アイフル

185円で3万株打診買い。

本当は8574プロミスを買いたかったのですが、10株単位なので万一繋ぎ売りが必要な場合、空売り注文が50単位でたった500株ずつしか発注できなさそうなので見送って、アイフルに参戦してみました。

5659日本精線、後場に入って不可解な動きを見せています。13:11から13:33までの間に263円-271円の間を行ったり来たり、売り注文買い注文ともに出たり消えたりしていました。誰がこんな変なことをやっているんだろう?

2009年9月16日 (水)

5196鬼怒ゴム

高値圏で引けそうなので203円と205円でそれぞれ新規買い。そのまま持ち越し。

鈴丹返済買い

NY株高を受けて今日は日経も順調に値を戻しています。後場に入ってからも上げ幅を拡大中。

持ち越した売り玉は8193鈴丹2万株でした、売り気配で始まり寄り付き283円で1万株返済。その後安値274円まであって戻した279円で残りを返済。(+34)

今日も貸金業株は下げていますが、その中でも8574プロミスの下げ方がきつくなってきています。8515アイフルと共にウオッチ銘柄に入れて監視中です。

2009年9月15日 (火)

貸金業株が大幅安

日経平均は小幅反発、ただ昨日の大幅安の反動としてはなんとも淋しい反発です。先のSQが天井となってしまった形ですが、ポリジャーバンドも下向きになってきましたし早めに大きな反発を見せないと上値の重い展開が続きそうで心配です。

さて今日はアイフル、アコムなどの貸金業株が大きく下げました。これには幾つかの理由があり、民主党政権が貸金に対して更に厳しい対応を取るのではないか、という不安やスタンダード・アンド・プアーズがアイフルと武富士の格付けを引き下げる方向という報道も影響しているようです。8515アイフルに関しては個人的に以前の上げ相場の際に乗れなかった悔しい記憶があるため今回の下げが落ち着いたら買いたい気持ちがあります。今日は後場206円買い208円で1万株で少し利益を出すことが出来ました。(+2)

8193鈴丹の売り玉はそのまま、13時半の下げに続いて14時半にも大きな売り物が出て今日の安値圏で引けています。チャートは大きな上髭を付けての陰線ですので売り方としては良い形となってきました。

<東証>アイフルが大幅安 「S&Pが格下げ検討」を引き続き嫌気
(13時35分、コード8515)大幅安。一時は前日比23円(10.1%)安の204円まで売られた。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が14日、アイフルの長期格付けを格下げ方向の「クレジット・ウォッチ」に指定したことを引き続き嫌気している。資金調達環境の悪化に加え、事業環境の厳しさが改めて意識されたという。同時にS&Pが長期格付けを「クレジット・ウォッチ」に指定した武富士(8564)も安い。

 S&Pはアイフルと武富士について、取りすぎた利息を借り手に返す返還金がまだ高水準であることなどにより事業収支が悪化する一方、厳しい資金調達環境も続いていることから、資金収支が圧迫されていると指摘した。株式市場では「過払い金の返還がいつ終わるか見通しがつかず、投資家も買いを入れづらい」(岡三証券の服部実アナリスト)という。

 S&Pの格付けは現時点でアイフルがダブルB、武富士はダブルBプラス。〔NQN〕

8193鈴丹 空売り

一時半頃の急落に飛び乗って303円と298円で各1万株ずつ空売り

2009年9月10日 (木)

タイミングよく大幅反発

日経平均は200円超の大幅反発で10500円を回復してきました。海外の株高の影響も当然あるでしょうが、明日のSQを睨んだ売買も絡んできているでしょう。明日の寄り付きが10500円以上なのか以下なのかでオプションやっている機関投資家は大きく結果が変わってきます。

さて持ち越した8604野村ホールディングは買い気配から始まり、寄り付き758で利食い。(+12)その後アッという間に768円まで上がりましたが、残念ながら指を咥えてみていました。その後6448ブラザーを1065円買い1094円売り5000株。(+14)

一部朝刊で明日にもTOBを正式発表と報道された9665吉本興業を久しぶりに売買しようと見ていましたが、先日TOB絡みで容易に日立グループ各社を空売りして大怪我したばかりだったため結局見送りました。吉本興業株の今日の大引けは1292円でしたが、実際のTOB価格は幾らなんでしょうか。

15000株の5659日本精線はこの日経大幅上昇にも関わらず小動き、この銘柄が今のネックとなっています。正直もう少し買い増ししたいのですが、売買高が膨らまないので自重しているところです。

2009年9月 9日 (水)

エルピーダを利食って8604野村買い

6665エルピーダは昨日1182円で再度2000株ナンピン、1280円台で先に買っていた2000株と合わせ先ほど1280円で確定。結構苦しみましたが、なんとか利益確保できました。(+21)

そしてエルピーダを売ってすぐに8604野村を746円で一万株買ってみました。短期リバウンド狙いです。

2009年9月 7日 (月)

エルピーダメモリ いいかげんに反発してください

今日の安値は1100円割れまでありました。ただ昼過ぎそこが底となり引けは小幅安となっています。

結局まだエルピーダ持っています。先週木、金と1300円台に逃げ送れてその後の急落は仕事で目を離しているうちに起こって、そのまま持ち越しとなりました。買い増した3000株は一応逆指値を出していたので、ほぼトントンで逃げられたのがまだ救い。

今日はもう半ばヤケクソで1105円で5000株ナンピン、1134円で利食い。(+14)大引け1162円なのでそのまま持っていれば…と死んだ子の年を数える気持ちです。

今日の1100円割れが底となるのか?PTSで中途半端に買ってしまったのが後悔されます。

2009年9月 2日 (水)

6555エルピーダ 寄り付きストップ安とは…

注目のエルピーダメモリは昨晩のPTSで1400円以上で売買成立していましたが、今日の寄り付きはストップ安の1237円でした。高い手数料を払ってまでPTSで買ったのは失敗でした。

仕方なく寄り付きで3000株、その後後場寄り付き1317円で1200株ナンピン買い。前引け1282円となり後場買い気配で始まったので調子に乗ってそこでも買ったので買い単価を上げてしまいました。結局平均1283円で5000株持ち越し。

今日はなんだか上手くいかない一日となってしまいました。日経平均は上げ下げを交互に繰り返す「鯨幕」相場が続いています、この動きが続くなら明日は上げる番ですが、どうなるでしょうか。

<東証>エルピーダが売り気配 最大5500万株の新株発行で
(9時4分、コード6665)売り気配で始まった。現在の気配値は前日比30円安の1507円で、同水準で約259万株の売り越し。1日の大引け後に、最大で5500万株の新株発行し、約780億円を調達すると発表。株主価値の希薄化を嫌気した売りが膨らんでいる。新株は国内で500万株、海外で5000万株発行する見込みで、発行済み株式総数の約4割に相当する。調達した資金は研究開発や設備投資、有利子負債の返済に充てる予定だ。〔NQN〕

2009年9月 1日 (火)

3109 シキボウ 往復で確定

本業が超多忙なシーズンに入ってきたので、ブログ更新も思うように出来ない状況になってしまいました。

266,265円で空売りそのまま放置していた3109シキボウですが、昨日と今日ですべて返済しました。昨日5000株を指値243円で買い返済注文出していたら、これがズバリ安値で約定していました。残りは今日250円で確定。(+19)少し時間がかかりましたが、これでシキボウはロングとショートでどちらも取ることができました。

それから場が引けてから6665エルピーダが公募増資を発表しました。PTSで安値1360円までありましたので、いくらか戻したところ平均1405円で800株だけ買えました。公的資金が入ったばかりですから当面の危険性はないでしょう、明日どの辺で寄るのでしょうか?

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ