最近のトラックバック

« 敗戦処理終了 | トップページ | 8604野村を拾う »

2009年9月25日 (金)

8604野村 相次ぐ大型増資でストップ安

昨日9月の権利付最終売買日だったため今日が権利落ち日。計算では約50円ほどの下げは配当分と見ることができます。しかし今日の下げ幅はそれを優に上回る278円安、ほぼ全面安の様相となりました。

今日の大幅な下げ、これはNY株式の影響もあるでしょうが、何と言っても野村が昨日引け後に5000億円を越える増資を発表したことによる「野村ショック」が直接の影響でしょう。今年の3月に2800円規模の大型増資が発表されたばかりで株主としてはまさかの展開に違いありません。これを受けて当の野村はストップ安売り気配で比例配分となりました。他の証券、銀行といった金融株にも増資があるのではないかとの不安感から売り注文が集中しどの銘柄も5%前後の下げとなっています。

今日は朝から野村に売り注文出して比例狙いだけ。2つの口座で合計丁度1000株だけ約定していました。あとは昨日優待取るために両建てしていた9202全日本空輸と9205日本航空を現渡ししただけ。日本航空の現状を考えると本当に優待が出るのか心配ですが…

8515アイフルが今日は一転大幅高となっています。格上げが原因のようですが、まぁこの銘柄では大火傷した個人投資家が多いんじゃないかな。正直あまり触りたくない銘柄になってしまいました。

<東証>野村がストップ安比例配分 7178万株の売り残す
(大引け、コード8604)朝方から売り気配が続いた。大引けに値幅制限の下限(ストップ安)となる基準値比100円安(前日比では108円=15.9%安)の573円で比例配分された。同水準で891万9500株の売買が成立し、7178万6300株の売り注文を残した。前日発表した公募増資に伴う株式価値の希薄化を嫌気した売りが殺到した。〔NQN〕

« 敗戦処理終了 | トップページ | 8604野村を拾う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 敗戦処理終了 | トップページ | 8604野村を拾う »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ