最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月28日 (火)

市場は豚インフルエンザで盛り上がり

人の不幸を喜ぶわけではもちろんありませんが、世界を揺るがす出来事は株価を動かします。先週末に報道されたメキシコ発の豚インフルエンザは昨日の東京市場の動きを大きく左右しました。

豚インフルエンザ関連として賑わったのは3117興和紡、7963興研、7980重松製といったマスク関連銘柄そして中外製薬といったところも物色されました。その中でも最も盛り上がることが容易に予想されたのが3107ダイワボウです。過去何度もインフルエンザが流行する兆しを見せると暴騰する銘柄。当然昨日は終日買い気配で推移しストップ高比例配分となりました。土曜日夕方には買い注文を出していたおかげか1000株買えてました。

今朝もマスク関連銘柄は気配値が高いですが問題はどこまで行くか?WHOがフェーズ4に引き上げ、韓国でも患者が出たとの報道により問題は拡大の様相を見せていますので今日も物色されるのは間違いありませんが当然乱高下が予想されます。昨日大引け間際に3514日本バイリーンに爆弾売り注文が落とされたように目先筋が降りれば後の祭りとなりますので注意が必要です。

とりあえず3107ダイワボウは成行売り注文を出しておきます。

WHO  豚インフル フェーズ4に引き上げ
2009年04月28日(火) 07時06分

WHOは豚インフルエンザの警戒レベルをフェーズ4に引き上げした。また、厚生省も「新型インフルエンザ等感染症」の発生を背インゲンした。

2009年4月24日 (金)

みずほ、東芝 共に利食い

金融株が引っ張る形で前場は高い場面もありましたが、やはり週末は値持ちが悪く大引けは100円以上の下げとなりました。とはいえ、サムソンの黒字転換を受けてTDKなどが高くなるなど個別では元気なものが目立ちます。

持ち株の8411みずほ、6502東芝を一旦今日確定しました。みずほが社債発行発表で普通株の新規発行懸念が後退し一時211円まで上昇。よいタイミングで上がってくれましたので205円で1万株売却。(+10)  一銘柄売るともう一つも不思議と確定したくなるものでもう一方の東芝1万株も355円で利食い。(+33)  珍しく数日ホールドし続けてみましたが、やはり買い安心感通り確実な利益となってくれました。

あと一つの銘柄7736ユニオンは昨日今日で更に5万株14円で買い増し、合計10万株ホールド中。

今週も平穏な取引ができました。しかし昨日のSMAPの草なぎ「容疑者」逮捕の一報にはびっくりしたな~、これで逮捕されるということは警察はまだ何か探りたいものがあるのでしょうか?今回の件や民主党小沢代表秘書逮捕のニュースを見聞きしていると警察の思惑が相当あるのではないかと勘ぐりたくなります。

<東証>みずほFGが上げ幅拡大 社債発行登録で思惑
(10時55分、コード8411)上げ幅拡大。前場中ごろから買いに勢いが増し、一時前日比19円高の211円まで上げた。みずほFG傘下のみずほ銀行は24日、発行予定額を5000億円とする劣後特約付社債の発行登録書を関東財務局へ提出。09年3月期の大幅最終赤字に伴う資本増強への懸念が市場に広がっていただけに、「普通株でなく社債で資金を手当てする」との思惑が広がった。

 みずほFGは日経QUICKニュース社の取材に対し「通常実施している劣後債の発行登録であり、資本増強の取り組みとは関係ない」(コーポレート・コミュニケーション部)と説明した。〔NQN〕

2009年4月21日 (火)

買い持ち状態

昨晩のNY株式市場が久しぶりに大きく下げた影響を受けて、日経平均も一時300円超の下げとなりました。ただし後場売り物が切れると下げ幅を縮小するなど混乱している様子はありません。

9000円を前にしてボックス圏での動きが続きますが、時間をかけながら上に抜ける形を予想しています。昨晩のNY市場の下げはバンクオブアメリカなど金融株が原因でしたが、今日の東京市場では金融株の一部が寄り底となるなど下値では買いが入っています。銘柄によっては売り残がまだかなり残っていますので、買戻しも期待できそうです。

さて取引ですが8411みずほを192円でナンピンして平均195円で10000株引き続きホールド。それから週末公募増資を発表し昨日下げた6502東芝も314円で5000株ナンピン。この東芝も高水準の売り残が残っています。そのためか今日の東芝株も寄り底で引けはプラスでした。あとは昨日の売買になりますが、なぜか気になる7736ユニオンホールディングスを14円で50000株仕込んでみました。

久しぶりにかなりの量を買い持ちのままとなっています。波乱がなければしばらくこのままで放置してみたいと思います。

2009年4月17日 (金)

今週のまとめ

日経平均は9000円台の大台を目前にして足踏み状態。あとしばらくこの付近の価格を維持していれば13週と26週移動平均線が交わりゴールデンクロスとなるため、上へのエネルギーを蓄えているところと認識できるかもしれません。

今日は鉄鋼株が賑わっていましたが、その前は資源株と買い方の回転も続いているようです。超低位株の中から一日で倍増以上というとんでもない動きをするものも出てきています。一月前ではどちらかと言うとショートで狙って銘柄を探していましたが、今はロングでチャンスを見つけようとしています。逆に売りから入ってずるずると含み損が膨らんでいる売り方も多いはずです。売り方にとっては厳しい展開かと。

さて取引ですが260円で5000株空売りで入った8515アイフルは243円で買い戻し。(+8)今日は6502東芝を330円で5000株買って持ち越してみました。

2009年4月15日 (水)

8515アイフル売り気配

昨日空売りした玉を今日でも利食いすることができそうです

2009年4月14日 (火)

前場

8604野村、630円で1万株返済。(+15)

8515アイフル260円で5000株打診売り。

8604野村 空売り

米ゴールドマンサックスの好決算を受け金融株が買い気配で始まりました。ただ時間外取引で上げ渋っているようで東京市場も時間の経過と共に上げ幅を縮小しています。

まずは8604野村ホールディングスを寄り付き645円で1万株空売りしてみました。

2009年4月10日 (金)

8316三井住友 比例配分で当選

日経平均の終値は48円高の8964円、ザラ場には今年の1/8以来約3ヶ月ぶりに9000円台を回復する場面もありました。値段が上がったことも当然ですが、出来高も4ヶ月ぶりに30億株と、序々に上値追いが可能な雰囲気になってきました。

さて昨晩NY市場の急伸もあって今朝は多くの銘柄が買い気配で始まりました。今日はSQそして週末ということもあり寄り付きの空売りを狙っていました。昨日引け後に最大8000億円の公募増資を発表した8316三井住友の気配を見ると終日寄りそうもなかったこともあり、ショートで入った方がよさそうだと感じました。

まずは昨日28000円で買った7974任天堂を28440円で200株利食い。(+8) 8591オリックスを4810円で500株空売り4740円で返済。(+3) 1813不動テトラも寄り付き84円で4万株売り増し、合計12万株を3回に分けて発注し後場78円で全て返済。(+36)

明日に持ち越した銘柄は8411みずほを平均取得値200円で6万株買った分と8316三井住友の比例配分で当選した売り玉100株。今週も実によいタイミングでの売買が出来ました。

昨日の後場と今日の前場

昨日、不動テトラの売り玉はそのまま放置して7974任天堂を28000円で200株買って持ち越し。

今朝の買い気配で任天堂を利食い、不動テトラを寄り付き84円で更に4万株売り増し。不動テトラは78円で一部返済しまだ未約定がいくらか残っている状態。

オリックスも寄り付きで空売りして日計り完了。8411みずほの200円割れはせっせと拾っています。

詳しくは後ほど、本業が忙しすぎます。

2009年4月 9日 (木)

1813不動テトラ

1813不動テトラ、50円付近から動意付き今日の高値が84円、出来高もここ最近では一番出来ています。

上髭つけて終わると予想して80円と79円で4万株ずつ新規空売り。

2009年4月 8日 (水)

低位のボロ株祭りの後は…

やはり急落が待っていましたか、昨日まであれだけ底堅かったのに今日は踏ん張れませんでした。

昨日東証一部値上がり率上位に低位株がズラッと並んでいたことに少し引っ掛かりがありました。循環相場と言えば聞こえはよいのですが、要は買えるところは上がってしまって仕方ないので乱高下しやすい低位のボロ株が買われたのではないかと。

そういうこともあり昨日と今日は空売りばかりやっていました。昨日は踏み上げがやっと終わった感もある7272ヤマハ発動機を平均1044円で5000株空売りこれを1002円で買い戻し。(+21)この銘柄の昨日時点での5日移動平均線が997円付近でしたので一旦この付近で買い戻しが入り反発しましたが今日も下げています。取り組みも悪化傾向。今日は7974任天堂を29290円売り28860円買い戻し200株。(+8)

以前は売り買いどちらのせよポジションを持ってないとイマイチ楽しさがなかったのに、今は夜NY市場の動きを気にせず眠れるようにほとんど日計りばかりで持ち越さなくなりました。

最後におまけみたいなもんですが4842USENが120株比例配分で当選していました。去年おおやられしたインテリジェンスは現在のUSEN株ですが今年最安値は70円まであったんですね。

<ヘラクレス>USENがストップ高気配 ヤフーのGyaOへの出資で
(10時25分、コード4842)買い気配。気配値を値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比30円高の125円まで切り上げ、この水準で約280万株を買い越している。7日の大引け後に、完全子会社で無料動画を配信するGyaO(ギャオ)株の51%をヤフー(東証1部、4689)に譲渡すると発表したことが手掛かり。広告収入を収益の柱とする同子会社は、08年8月期に27億円の営業赤字となっていた。USENの収益圧迫要因と見られていた同子会社への出資比率低下が好感されている。

 水戸証券投資情報部の岩崎利昭課長は「GyaOの損失の影響を限定でき、業績回復に向けた着実な戦略として評価できる」と話していた。ヤフーは小高い。〔NQN〕

2009年4月 5日 (日)

今週のまとめ

週の前半はまだ疑心暗鬼状態だった反騰への期待が、後半にはかなりあるのかもしれないという気持ちになってきました。今週はそれだけ今までと異なる地合いだったような気がします。

これまで「戻りは叩く」作戦で連勝を続けていましたが、今週ついにそれが止まり確定損を出してしまいました。銘柄は任天堂とヤマハ発動機でしたが特にヤマハ発動機の半踏み上げっぽい動きにやられました。水曜日のお昼のNHKニュースで同社がアメリカで販売している商品に乗って事故にあった46人が死亡したと報じられました。早速チャートを確認したところ下げ止まって反発しかかっている形に取れました。通常ならこうした一過性の悪材料が出た時は売り気配で狼狽した売り物をかっさらって買いで入るところです。ところが気配値がそれほど下げなかったので逆にショートで取れるのではないか、と考えしてしまったのが間違いでした。後場の寄り付き899円を底にしてすぐに950円、そして1000円台へと続伸。本来なら水曜後場に反対売買するべきなのですが翌日まで持ち越してしまい、更に損失を膨らませてしまいました。結局木曜買い気配で始まって寄り付き946円で5000株買い戻し。(-17) 同様にショートで持っていた7974任天堂200株も29790円で買い戻し。(-15) 二つ合計するとある程度の損失となってしまいましたが、今年の目標は去年のように負けを認めずにずるずるとポジションを持ち続けて大きな損を出さないことですので、早めに損切りできてよかったと思うしかありません。

昨日金曜日には7272ヤマハ発動機に再度売りで入って1041円売り1019円買い戻し4000株。(+8)この銘柄まだまだ新規空売りが入っていますので踏み上げ相場が続くかもしれませんので、しばらく注目です。

2009年4月 1日 (水)

7272 ヤマハ発動機 空売り

913円で5000株新規空売り

ヤマハ発動機がアメリカで販売している商品で数十人が死亡と昼のNHKで流れていました

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ