最近のトラックバック

« NY株式は大幅高 | トップページ | 確定申告 »

2009年3月 2日 (月)

8604野村がやっと反発

相変わらず軟調な動きと出来高の少ない日が続きます。米市場が下げ止まらないので仕方ないのでしょうが何が上がっているのか探さなくてはならないほどどうしようもない地合いです。

先週423円から買い始め反発らしい動きがなくナンピンし続けていた8604野村オールディングスにやっと流れの変化がでてきました。公募増資に絡み少しでも安く買いたい筋の売りにより下がっていたのか今朝の安値は406円までありました。この値決め日が早まったことにより買い戻しが入ったと考えられます。少し買い始めるのが早かった感もありますが、おそらく今日の安値が当面底になるのではないでしょうか。423円、416円、412円とそれぞれ5000株ずつ買ったうち半分を後場寄りつき426円で確定しました。(+5) 残り5000株はそのまま持ち越し。あとは大引け直前に久々7974任天堂を27640円で200株買って持ち越し。

野村(8604)が急反騰、値決め日繰り上げで買い戻しが先行
3月2日11時34分配信 サーチナ
 野村ホールディングス <8604> が逆行高。11円高の425円とで前場を終えた。3円安の411円で寄り付いた後、一時22円高の436円まで買われるなど、変わらずを挟みを5日ぶりの急反発だ。27日夕方に、公募増資実施要領の訂正を発表したことから、新規売りなどを先行させていた海外ファンドなどが買い戻しているもよう。

 同社は、公募価格の値決め日を従来の「3月9日から3月11日で、3月4日まで繰り上げることができる」としていたのを、「3月4日から3月11日まで」と繰り上げる方向に変更した。来週初めの9日から4日に前倒ししたため買い戻しまでに時間がなくなったことから、買い急いでいると見られる。同社株は2月6日の公募増資発行登録発表日終値572円からから、23日の公募増資発表を経て、前週末27日には406円まで約30%の大幅下げとなっていた。(ストック・データバンク&チャートブック編集部)

あと目立ったところでは連続ストップ高の記録を塗り替えたばかりの3807フィスコが一転ストップ安となっています。元々ストップ高連発の原因は大株主の大量取得でした。経営参加と言われていたチョウヒジュン氏、まさか余りの高値となったので売り抜けてその後保有目的変更を提出したのでは?もしそうなら後から買った個人投資家は泣くしかありません。

フィスコストップ安 2位株主の保有目的変更で
2009年03月02日(月) 12時41分

フィスコ<3807>がストップ安売り気配となっている。2位株主のチョウヒジュン氏の保有目的が経営参加から安定株主に変更したと関東財務局に書類を提出したことが嫌気されているようだ。

 

« NY株式は大幅高 | トップページ | 確定申告 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NY株式は大幅高 | トップページ | 確定申告 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ