最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009年1月29日 (木)

久々の売買

久しぶりに14時過ぎから場を見れたので8316三井住友を3820円で2000株空売り。

仕事の内容が変わって、場中動きに注目しながら仕事が出来たこれまでの環境がいかにありがたかったかを再認識しています。今の状況では日々の値動きをチェックしない限り頭の中で銘柄のチャートも描けません。この状況で売買するのは、株価が上下にいくか賭けるようなもの。これではいけません。

2009年1月20日 (火)

3048ビックカメラ 寄るのが早すぎる

円高進行もあり日経平均は一時8000円を割ってきています。日本時間では今晩アメリカでオバマ新大統領の就任式があるということで、期待感から多少戻りがあるかと見ていますがそんな動きがなかなか出てきません。

リバウンド狙いで見ていた3048ビックカメラですが、何と今日早くも寄りついていました。寄り付き22920円でしたが、これは管理入りする前の去年10/28の22560円よりも高い位置です。当然その値段より下で2万円割るくらいで寄るまではストップ安を続けると予想していましたので、余りに早い寄り付きでした。これでは位置が高すぎてリバウンドを狙えませんので今日のところは見送りました。

昨日は持ち越していた銘柄の一つ6316丸山製作所が大幅高となり212円で確定。(+29)もう一つの6581日立工機はストップ高で売りそびれ、今日930円で4900株買い増して合計5000株保有中。短期筋は一旦確定したようですが、取得上限があるもののTOB価格が1300円ですので再度上値を取ってくる可能性はあると思います。

Ad by PetaPeta 0001

2009年1月18日 (日)

3048ビックカメラ 監理ポスト入り

08年8月期の連結決算を訂正し赤字に転落。この発表を受けて東証は同社株を監理ポストに入れることを決定しました。

監理ポスト入りからリスクを嫌った売り注文が出て、週明け月曜からしばらくはストップ安連発もありえるでしょう。ただ問題はこのまま上場廃止となるのか、それとも7013IHIのように戻れるのか?

株価の推移を見ながらになりますが、大きく下がる場面があれば値が付いたところでリバウンド狙いの買いを入れることを考えて作戦を練りたいと思います。

6581日立工機 比例配分当選

金曜日の注文で唯一約定していました。ただ1000株の単位株だとTOB価格の1300円付近で売れば35万ぐらいの利益となりますが、100株単位なのでわずかな利益です。

持ち越しは日立工機100株と6316丸山製作所20000株だけ。

今週もなかなか場が見れず辛い週となりました、あと数ヶ月はこんな調子になると思います。

<東証>日立国際がストップ高配分 日立工は連日ストップ高配分
(大引け、コード6756)終日買い気配のまま推移し、値幅制限の上限(ストップ高)となる基準値比100円高の617円で比例配分された。比例配分で14万8000株の売買が成立し、ストップ高水準で650万1000株の買い注文を残した。日立(6501)が14日大引け後、持ち分法適用会社である日立国際を3月をメドに子会社化するため、TOB(株式公開買い付け)で発行済み株式を追加取得すると発表。買い付け価格(780円)へのさや寄せを意識した買いが集まった前日の流れを引き継いだ。前日はストップ高水準まで気配値を切り上げたものの、買い注文が売り注文を大幅に超過したため大引けで比例配分されなかった。

 同様に日立が1300円でのTOB実施を発表した日立工(6581)は、終日買い気配で推移し、大引けにストップ高となる前日比100円高の942円で比例配分された。終日買い気配のまま大引けでストップ高比例配分されるのは2日連続。買い付け価格へのさや寄せを期待した買いが継続した。〔NQN〕

2009年1月15日 (木)

再度6316丸山製作所

日経平均は大きく下げました

今週はほとんど場が見れずストレスの溜まる週となっています。見なくても出せる注文、ストップ高確実な銘柄への比例配分狙いの注文ばかり出していますがすべて外れています。昨日からの二日間は4762エックスネット、今日は6581日立工機、6756日立国際電気と大き目の注文出していますが買い気配のまま約定なしの銘柄もあるので仕方ありません。

今日は辛うじて後場引けにかけてわずかに見れたので6316丸山製作所に再度ロングで入ってみました。この全面安の中で堂々の高値引け、明日以降に若干期待できそうな雰囲気です。

2009年1月13日 (火)

日経平均急落で8500円割れ

日本が三連休中にNYダウが270ドルほど下げていたこと、また円高が再度進み一時89円をつけたこと、更には日経新聞朝刊が報道しているようにソニーが14年ぶりに営業赤字に落ち込むことなど、複数の悪条件が重なり日経平均は急落しています。

円高を嫌気して電機など輸出関連株は全面安、また8888クリードが会社更生法を申請した影響もあり不動産株も大きく下げています。

先週半ばから本業が忙しすぎてほとんど株式市場の動きが見れず、ポジションそのままで放置状態でしたがロングショート両方入れておいたのでそれほど気になりませんでした。今日の前場の大きな下げでこのポジションをすべて解消し、現在ノーポジションとしました。

まず9305ヤマタネを102、101円で2万株損切り。(-23)それから6316丸山製作所の寄り付き186で損切り。200円超えてきたところで買い増しを続け合計3万株も持っていただけに損も膨らんでしまいました。(-52)

放置していたロング玉の損失も大きくなりましたが、最も大きいポジションだった7974任天堂の売り玉が大きな利益を出してくれました。その任天堂32800円で500株すべて買い戻して利食い。(+179)

今年初の取引が5日の任天堂でしたが、まずは良いスタートが切れました。個人的には円高や資源安がまだ進むと思いますし、アメリカの景気の冷え込みは長引くと見ています。戻りは叩く作戦で空売り中心に取り組んでいきたいと思っています。

2009年1月 8日 (木)

売り玉そのままで次は丸山製作所

6316丸山製作所、今日はこれ一本

保ち合いから上に放れて、しかも好取り組み

今日の出来高で空売りが入りが入れば…

期待できそうな動きには違いありません

場が見れないとつらい

本業で今年から若干仕事内容が変わったため、昨日の仕事始めから忙し過ぎて場中ほとんど見れません。うーん、辛い。

日経平均は年をまたいでの7連騰ですか。ここまで強いスタートを切るとは思いも寄りませんでした。去年末のように500-1000円以上一気に上げるという形ではないだけに過熱感もそう感じませんが、それでも皆「そろそろ一服やろ~」とは思っていることでしょう。

今日は7974任天堂を寄り付き36500円で200株売り増ししただけ。期待した9305ヤマタネも何の動きもなくガッカリ。

ということでポジション変わらずで任天堂の売り玉だけ多くなっています。

アメリカで雇用統計が出ていますが、予想以上に悪い数字となっているようで。これを受けてNY市場は大きく売られています。インテルの下方修正も出てますね。

12月の米ADP雇用者 -69.3万人  市場予想下回る
2009年01月07日(水) 23時40分

ブルームバーグはオートマテイックデータ・プロセッシング(ADP)が発表として、12月の米民間雇用者数は前月比-69.3万人(市場予想-49.5万人)と2001年の統計依頼最悪の数字となったと報じている。

2009年1月 6日 (火)

ことし初の取引

日経平均は昨日の大発会まで5連騰、今日の前場も上げていますのでこのままいくと6連騰となります。堅調な地合いをキープしています。

とはいえ、さすがにそろそろ一服感も出る頃かと。

今年一発目の取引は7974任天堂の空売りからスタート。寄り付き36300円で300株ショートポジション取ってみました。

その後抵抗価格帯と見ていた110円を越えてきた9305ヤマタネを112円と113円で合計2万株買い。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ