最近のトラックバック

« 金融安定化法案成立の見通し | トップページ | 寄り付きは一旦見送り »

2008年10月 6日 (月)

買い手不在で下げ放題

日経平均の終値は10473円と10500円を割り、1万円の大台割れも見えてきました。個別でも7203トヨタが4千円割れ、8411みずほも一時40万割れ、8306三菱UFJまで一時800円割れと散々たる状況です。

予想通りというかアメリカで金融安定化策が下院で可決されても反発できませんでした。そのNY市場ですが、日本時間の先週金曜の晩に動き見ていると一時300ドルも上げ大幅高となっていました。翌朝起きて新聞に金融安定化策が可決されたと読み、NYダウの上げ幅は更に上乗せされたのかと思って市場の終値を見たら何と大幅安!可決されたとの報道を受けての一転急落でした。所謂材料出尽くしです。

ドル安に加えて先日から欧州に金融不安が飛び火したためユーロも急落、結果円が高くなってしまい任天堂、トヨタといった輸出企業がこれでもかというほど売られています。ヘラクレス、マザーズといった新興市場はさらに酷く株価は数日で半値というのもザラです。東証一部銘柄でさえ買いが入らない現状ですから新興市場が買い手不在なのは当然です。正直金融株や任天堂などはそろそろ買いたい水準ですが、持ち越すのが怖いので飛び乗り飛び降りで日計りしかできません。

今日の売買ですが前場は7974任天堂34350円買い34850円売り400株だけ。(+20)後場は8308りそな118400円買い119700円売り90株。(+12)8306三菱UFJ800円買い806円売り10000株。(+6)8308りそな120500空売り120000買戻し50株。(+2) 全取引で利益を出していますが合計でも大したことはありません。もうしばらくはこんな売買で凌ぐしかありません。とてもじゃないですが、持ち越しは危険すぎます。

現在の世界の経済混乱によりこれまで経験したことのない不安な気持ちになりつつあります。ここ数週間感じていたことですが、今のまま資金を口座に入れておくと一瞬の気迷いや失敗でこれまでの株式投資で得た利益の大半を飛ばしてしまうのでないかと本気で感じてきました。そのため先週から売り買いとも最初に入るロットをかなり落として薄利でも逃げるようにしています。それに加えて明日全資金の三分の一ほどを出金しようと思います。私のような個人投資家でも非常に不安な気持ちで売買し、資金を引き上げるぐらいです。買い手不在は当分続くのではないでしょうか?

« 金融安定化法案成立の見通し | トップページ | 寄り付きは一旦見送り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金融安定化法案成立の見通し | トップページ | 寄り付きは一旦見送り »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ