最近のトラックバック

« 久々大量ロング持ち越し | トップページ | 東京市場も底打ちなのか? »

2008年9月19日 (金)

NYダウは410ドルの大幅高

210ドル以上上げた後一旦マイナス圏まで突っ込みましたが、取引終盤にポールソン財務長官が不良債権処理機関設立について発言したことを受けて大幅高で引けています。整理回収公社(RTC)の類似機関が設立される見通し、とのこと。

今日も本業で前場途中までしか見れないため、持ち越した銘柄のほとんどは寄り付きで確定する予定です。大量持ち越しで正解だったようです。

NY株式 終値 ダウ平均は410ドル高、大台回復

NY株式18日(終値)
ダウ平均   11019.69(+410.03 +3.86%)
S&P500    1206.40(+50.01 +4.32%)
ナスダック   2199.10(+100.25 +4.78%)

CME日経平均先物 11765(大証終比:+355 +3.07%)

出来高(億株)
NYSE    24.46
ナスダック 39.36

by Klug

« 久々大量ロング持ち越し | トップページ | 東京市場も底打ちなのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々大量ロング持ち越し | トップページ | 東京市場も底打ちなのか? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ