最近のトラックバック

« アジア市場下げ止まるも買いは続かず | トップページ | シカゴ日経先物12920円 »

2008年8月21日 (木)

下値模索

今日は昨日と逆でアジア市場が時間の経過と共に下げ幅を拡大したのを受けて、東京市場もじりじりと値を下げる展開となりました。

今日は新規では任天堂の売りだけ。円高に進んでいたので売っていましたが昼前に以下のニュースも流れて一段安に。50200売り49800買い戻し200株。(+8)

あとはこちらも売っていた4041日本曹達が逆指値注文が引っ掛かり500円で損切り。しかしこの銘柄全体が弱い中でもやたらと強い動きが目立ちます。(-62)

なんかアメリカの金融不安が落ち着かないので、もう一落ちありそうな予感がするのは私だけでしょうか。

<大証>任天堂が反落――「Wii」の特許侵害の報は消化難
(14時、コード7974)反落。後場に下げ幅をやや広げ、一時は前日比1850円安の4万8550円まで下げた。11時半過ぎにQUICK端末を通じて「米ベンチャー企業のヒルクレスト・ラボラトリーズ(メリーランド州)は20日、同社が持つ特許を任天堂のゲーム機『Wii(ウィー)』が侵害しているとして、米国際貿易委員会(ITC)とメリーランド州の連邦地裁にそれぞれ提訴した」との日経ニュースが伝わった。このニュースについて市場は「消化難の状況」(中堅証券)という。積極的に材料視した売りは少ないとみられ、「むしろ5万円を下回る水準で押し目買いを入れようとした向きを躊躇(ちゅうちょ)させた面が強いのではないか」との指摘があった。株価は寄り付き直後に前日終値を下回って以降、軟調に推移しており、後場下げ幅を広げた点についても「相場全体の地合いが悪化したのが影響しているのではないか」といい、現状は前日安値の4万8250円を下回ることなく、下げ渋っている。

« アジア市場下げ止まるも買いは続かず | トップページ | シカゴ日経先物12920円 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アジア市場下げ止まるも買いは続かず | トップページ | シカゴ日経先物12920円 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ