最近のトラックバック

« 8868アーバンコーポ ひとまず不透明感払拭で反発 | トップページ | 8868アーバンコーポ、そして9997ベルーナ »

2008年7月 7日 (月)

アーバンコーポ 売り残急増

日経平均はやっと反発、これまで売り込まれていた金融株、不動産株なども買われました。日経平均の続落記録更新も有り得るかと思いましたが、洞爺湖サミット開催の影響ではないでしょうがアッサリと更新が途切れました。

後場も8868アーバンと4314ダヴィンチをメインに不動産銘柄を売買しました。アーバンは引け間際にストップ高にあと2円と迫る場面もありましたがそこから大口売りが出て大引けは217円となりました。後場220円と230円で買い増した分も合わせて引けの急落で一旦外して(+152)、最後どうしても買い持ちしたくて220円で2万株だけ買って持ち越し。

4314ダヴィンチも前引け段階ではストップ安でしたが、後場は一転買い気配から始まり大引けはプラス圏まで戻しています。jこれも欲張らず6万円から6万3千円までで売り切り。(+37) アーバンと両方持つリスクを考えて100株しか買っていなかったのが悔やまれます。前場好きなだけ買える状態だったのに!

今週は絶好のスタートを切れました。持ち越したアーバンコーポも売り長となり明日も楽しめそうです。

« 8868アーバンコーポ ひとまず不透明感払拭で反発 | トップページ | 8868アーバンコーポ、そして9997ベルーナ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8868アーバンコーポ ひとまず不透明感払拭で反発 | トップページ | 8868アーバンコーポ、そして9997ベルーナ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ