最近のトラックバック

« 8868 アーバンコーポ S安を買う | トップページ | 8868アーバンコーポ ひとまず不透明感払拭で反発 »

2008年7月 4日 (金)

不動産関連銘柄が暴落

本業が忙しく、やっと一息付きました。日経平均はついに12連敗ですか、今日も小幅な下げでしたが記録はいつまで続くのでしょうか?

今日は前場寄り付き、それから後場にも何度かプラスになる場面もありましたが多少上がると上値は叩かれるという状況。確かにこう2週間も日経がマイナスの場面ばかり見させられていると一瞬でもプラスになる場面ではショートを入れたくなるのが正直なところです。古河電工や新神戸電機など反発する銘柄も散見されますし、あいかわらず任天堂やNTTなどは弱くないのでポジションによってはこの12連敗中でもそう資産を減らしていない個人投資家も少なくないのでは?

さて今日は何と言っても不動産関連銘柄の急落が目立ちました。4321ケネディクス、8882セファー、8888クリードなどを含め特に新興市場の不動産関連銘柄の下げは酷いものでした。昼休み中に「信用不安の噂が流れている」と言われたようで、先日スルガコーポが倒産したように週末不動産銘柄を持ち越すリスクを避けようと一気に投げが出たのかもしれません。

その中でも特に下げがきつかったのが8868アーバンコーポレイション。動きを見ているうちにアッという間のまさかのストップ。そして数十万株の売り物が並び始めました。流石にこれは下げすぎだろうとまずは2万株ストップ安に並んでいたら数分後に約定、そしてすぐストップ安に再度張り付いたので同様に2万株並んでまたすぐに約定。そして引け前に更に2万株買えて合計6万株183円での玉を持ち越し。大引けは189円。信用残は意外にも悪化していましたが噂が元で売られた訳ですから無事この週末を乗り越えれば週明けは買い気配で始まるんじゃないでしょうか。

一応アーバンとCB引き受け先のパリバ、両方が噂を否定しているのも、買い方にとっては追い風ではあります。

アバコーポ、BNPパリバ:CB発行「変更ない」―見送り憶測否定(2)
2008/07/04 17:06 JST -- 信用力懸念で株価が低迷しているアーバンコーポレイションは4日、同社が11日に発行を予定している転換社債型新株予約権付社債(CB)について、「CB発行に変更はない」と述べ、市場で浮上していた見送り憶測を否定した。引き受け先のBNPパリバ証券も同日、「発行は予定通り」と述べている。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=jpconews&tkr=8868:JP

今週は野村のファンドの連想からNTT、任天堂などをメインに売買したのと銀行株のリバウンドに上手く乗れたこともあり順調に資産を伸ばすことができました。NYは今晩休みですので週明けはそう波乱はないでしょう。日経平均の連敗がどこまで伸びるのかということに興味もありますが、そろそろ反発と行ってもらいたいところです。

« 8868 アーバンコーポ S安を買う | トップページ | 8868アーバンコーポ ひとまず不透明感払拭で反発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8868 アーバンコーポ S安を買う | トップページ | 8868アーバンコーポ ひとまず不透明感払拭で反発 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ