最近のトラックバック

« 大きめにショート | トップページ | 9305 ヤマタネ »

2008年5月 7日 (水)

連休明け

大型連休中にマイクロソフトによるヤフー買収が不調に終わるなど、いくつか大きな動きがありましたが、今日のところはまずまず堅調な動きとなりました。ただ朝方は軒並み買い気配で始まった金融株の中から値を消す銘柄が散見されるなど上値が重かったのも事実。

午後銀行株に売りが出たのは、香港などアジア市場で銀行株が売られたことからの連想売りもあったようです。

銀行株が乱高下する一方、証券株は堅調でした。その中でも8601大和証券Gの勢いが目立ちます。900円から短期間で1100円以上まで上げてきています。三井住友銀行が後場マイナスになり日経平均も下げてきたので大和証券を空売りしてすぐに1090円割れまでいったのですが、引けにかけて1100円を回復してきています。市場が安定してきているので手数料増加の期待もあるのか証券株が上げている中での空売り、そろそろ反落してほしいところです。

というわけで大和証券と任天堂の売り玉はそれぞれ持ち越しました。それにしても原油が120ドル超えてきていますが最近はあまり株式市場への悪影響について言われなくなってきました。不思議なことです。

« 大きめにショート | トップページ | 9305 ヤマタネ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大きめにショート | トップページ | 9305 ヤマタネ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ