最近のトラックバック

« 任天堂 | トップページ | 前場ストップ安→後場ストップ高 »

2008年4月25日 (金)

もう一丁 任天堂

日経は300円近く上げて13800円台まで戻してきています。週末にも関わらず勢いを感じる上げ方です。昨日一斉に大証の低位株が急騰していましたが、今日は早速反落となり資金は東証一部に流れているようです。

任天堂ですが寄り付き大きく下げた後、何と前日比プラスまで戻ってきました。しかしこれはさすがに値を保つのは難しいだろうと58800円で200株空売り、58100円で返済注文出していたら既に約定していました。+14

あとは昨日下方修正出した4835インデックスを拾ってみました。最近の特徴として下方修正出してもすぐに織り込んでいるとして下げ止まる動きがあります。今日は全体的に堅調ですしインデックスももう少し戻してくれるかと。

<大証>任天堂が小幅続落――業績予想は織り込み済み
(10時20分、コード7974)小幅続落。寄り付きから売りが先行し、一時前日比1900円安の5万6000円を付けた。その後は5万8100円まで上げる場面もあったが上値も重く、現在は5万7500円近辺でもみあう展開が続いている。前日取引終了後に発表した2009年3月期の連結業績予想では営業利益が5300億円と最高益を更新する見込みだが、市場では「好業績は織り込み済み。材料面で出尽くし感があり売られている」(大手証券)との声が聞かれた。家庭用ゲーム機器の販売は海外を中心に堅調で、今後はゲームソフトの販売による売上の拡大が期待される。米国景気の減速についても、ゲームは景気の影響を受けにくいとの見方が多い。「中国や韓国などアジア市場での規模拡大が今後の焦点」(中堅証券)との指摘もあった。

« 任天堂 | トップページ | 前場ストップ安→後場ストップ高 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 任天堂 | トップページ | 前場ストップ安→後場ストップ高 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ