最近のトラックバック

« 日銀総裁候補提示で乱高下 | トップページ | 上がるには上がったが… »

2008年3月19日 (水)

無事イベント通過で全面高

米利下げは結局予想範囲内の0.75でした。リーマンブラザーズとゴールドマンサックスが市場予想を上回る決算を発表したことにより、FRBの発表前からNYは大きく上げていましたので利下げ発表でどういう動きとなるか多少不安でしたが、一瞬売られた後再度上げ幅を広げダウは420ドル高、ナスダックにいたっては91ポイント、率にして4.19%高という凄まじい上げ方となりました。日経先物も500円ほど高く帰ってきましたので、朝からほとんどの銘柄が買い気配で始まりました。

イベント通過して流れが変わることを期待して昨日大きく買ったのが功を奏しました。各指標から底打ちすれば大きく買われることが期待できましたので個別材料株ではなく東証一部の主要銘柄に資金を集中しておきました。中でもここまで売り込まれてきた金融株から野村ホール、みずほ銀行、あいおい損保を特に大きく買っておきました。買った銘柄のうち、野村ホールディング、任天堂、あいおい損保、住金、みずほを寄り付きで利食い。これだけで+350。それと7007佐世保重工業を4万株のうち半分だけ303円で確定し+32。残り2万株はまだ含み損状態。

今日はおそらく一日の益としては今年最大になりそうな様子。ここ数週間、週単位では若干のマイナスを経験しましたがそれをすべて取り返して今年一番の資産残高になると思います。

後場はどちらかと言うと空売りメインで入ってみたいと思います。ドル安の流れは変わらないと思いますので任天堂など輸出銘柄にいくつかショート玉を入れてみます。

« 日銀総裁候補提示で乱高下 | トップページ | 上がるには上がったが… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日銀総裁候補提示で乱高下 | トップページ | 上がるには上がったが… »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ