最近のトラックバック

« 急反発も持続性に疑問 | トップページ | 買い手不在でただ落ちるだけ »

2008年3月 7日 (金)

主力銘柄に安値更新続出

NYダウが住宅ローン会社へのデフォルト通知など悪材料が重なり200ドル以上下げて、その上円高も急激に進んでしまうともうどうしようもありません。日経平均は432円安と大幅反落となりました。今朝の日経朝刊にも減益報道が取り上げられた新日鐵をはじめ、みずほフィナンシャルなど主力銘柄が安値を更新して歯止めがかからない状態となってきました。三井不、菱地所、住友不など不動産セクターの下げも目立ちます。

昨晩のNYの動きや今日の日経を見ていると既にかなり下がった日経平均ですが、まだ下げる余地があるのではないかと心配になってきました。アメリカで何か追加的な政策が出てくれば多少は動きも変わるのかもしれませんが、FRBの議長までが民間企業に対して行動するようにメッセージを出すぐらいの手詰まり感です。なかなか期待できないのが正直なところでしょう。

取引ですがショートで持ち越した任天堂400株はそのままホールドで含み益が+92。53000円で更に400株空売りして計800株の売り玉を来週に持ち越してみました。なんとなくですが円ドルで円が100円を一旦は切るのではないかと感じています。そうなると任天堂も5万割れが再度あるのではないかと。

今週はOMCカード、ルック、あいおい損保などで久しぶりに大きな損失を出してしまって週単位でも損失を計上してしまいました。ちょっと雑な取引があり安易に大きめのポジションを取ってしまったのが原因です。やはり全体の流れに合わせてポジションを素直に取っていこうと思います。ここ最近はほとんどの売買が2~3日ぐらいで手仕舞っていたわけですが、この任天堂の売り玉をしばらく放置しておいて一気に今週の損失を取り戻せるとよいのですが。

« 急反発も持続性に疑問 | トップページ | 買い手不在でただ落ちるだけ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 急反発も持続性に疑問 | トップページ | 買い手不在でただ落ちるだけ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ