最近のトラックバック

« 主力銘柄に安値更新続出 | トップページ | 銀行株に材料が出て一段高 »

2008年3月10日 (月)

買い手不在でただ落ちるだけ

うーん、「弱い」としか言いようのない東京市場です。ついに今年の安値を割り込んでしまいました。それでもまだ底打ち感がないというのがつらいところです。円高、海外市場の下落ももちろんですが「ねじれ国会」の影響もあり次期日銀総裁が決まらず総裁ポストが空白になるリスクもあり、悪材料は目白押しです。SQ前なので多少波乱もあるかと思いましたが、反発の兆しはなかなか見えません。

任天堂は終値51000円で5万割れが見えてきました。含み益は250ほどになってきましたので、正直なところ利益を確定したくてたまりません。でも今回はしばらくショートを放置しておくつもりでしたので今日は敢えて値動きを見ませんでした。サブプライム問題が表面化した最初の地合に似てきました。ここから売ってどうするんだ?という位置でもまだまだ売りで取れるように思えます。

一体日経はどこまで下がるのか分かりませんので、利益を出すため仕方なくショートポジションを取っています。ただ心の片隅ではポジティブな材料が出てロングでも取れる地合を望んでいます。

« 主力銘柄に安値更新続出 | トップページ | 銀行株に材料が出て一段高 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 主力銘柄に安値更新続出 | トップページ | 銀行株に材料が出て一段高 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ