最近のトラックバック

« ドテン売り | トップページ | NYは引け間際に波乱 »

2008年2月22日 (金)

資源系関連株強し!

週末の金曜日、しかも日経が大きく下げる中でしたが昨日に続き5541大平洋金属を始め非鉄、資源系銘柄の強さが光りました。今日の後場の強さを見るともう少しこの動きは続く可能性があるのではないかと思います。

ただ持ち株では東邦亜鉛がぶっ飛んだ反面、もう一つの住友金属鉱山が中途半端な上げで結局すべて確定してしまいました。引けにかけて東邦亜鉛は若干だれるかと思って620円から空売りしはじめ最高値629円まで追いかけて610円ぐらいで確定できるかと期待していましたが、これがナカナカ強い。結局620円で買い戻して薄利撤退。

政府系ファンド創設についての話し合いが出ていますし中国政府ファンドが日本株に投資との話も出ています。外資系証券経由の売りこしも一段落していますし、需給はかなりよくなっているような気もします。3月には配当、権利取りも活発になってくるでしょうし、買うなら2月の安いところを狙いたいものです。

今週はいくつか雑な取引で損切りもありましたが全体としては大きく取れた週でした。

« ドテン売り | トップページ | NYは引け間際に波乱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドテン売り | トップページ | NYは引け間際に波乱 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ