最近のトラックバック

« 日経は急落で500円超安 | トップページ | 2759 テレウェイブ ストップ高 »

2008年2月 6日 (水)

酷い下げ 今年二番目の下げ幅

数日前14000円奪回も近いと思ったのも束の間、アッというまに今度は13000円割れ間近となってしまいました。マイクロソフトによるヤフー買収のニュースで賑わったあの日は何だったのか、どうも遠い昔の出来事のように感じます。それだけ連日市場の雰囲気が一転する日が続いています。

今日は1921巴コーポレーションが噴きました。前場引け付近で空売りしかけましたが後場に今日の高値221円を抜いてきたところで損切り。前場買いで取った利益を吹き飛ばしました。実のこの巴、引け間際一時ストップ高つけて剥がれたところで再度空売り仕掛けたのです、231円で2万株。含み損のはずですが引け後確認したら未約定、よく見ると「失効」となっています。後で分かったのはこの銘柄100株単位のため、50単位つまり500株以上の新規空売りは規制により受け付けてくれません。いつもはこの規制が邪魔でしょうがなかったのですが今回はこの規制により命拾いした形です。巴の引値がストップ高の236円ですから現時点で10万円助かった気分です。

さて相変わらず下方修正出した銘柄に鬼のような売りが出ています。JUKIが一時ストップ安、東ソーも急落していました。その東ソーはそれほど酷い数字ではなかったので377円で拾って389円で確定。「下方修正」という表現に余りに過敏に反応しすぎている気がします。こうした株価の動きを見てしまうと企業の首脳陣はどうしても今後の見通しを固めに出して万が一にも下方修正を出さないようにしてしまうのではないでしょうか?まぁ、それだけ今の地合いが悪材料に反応しやすいということですが。

テレウェイブ、ヤマハ発動機は買い増して持ち越し。マツダの売り玉も持ち越しましたが、下方修正は出なかったようです。明日は買いなおされるかも?現時点ではマツダの売り玉、含み益がありますが明日利食できればいいのですが。

今日は朝一でヤマハ発動機の僅かな損切りでスタートしたため安易に取り返そうとして雑な取引が多くなってしまいました。巴が約定していたら更に悪循環になっていた可能性もあります。反省しなければ。

マツダ 第3四半期業績 通期予想据え置き
2008年02月06日(水) 15時17分

マツダ<7261>は、2007年12月連結第3四半期業績を発表した。
売上高2兆5062億円(前年同期比9.5%増)、経常利益897億円(同7%増)、当期純利益450億円(同6.9%増)。通期業績予想は、当期純利益850億円で従来予想を据え置きした。市場予想は、クイックコンセンサスで当期純利益872億円。

« 日経は急落で500円超安 | トップページ | 2759 テレウェイブ ストップ高 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経は急落で500円超安 | トップページ | 2759 テレウェイブ ストップ高 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ