最近のトラックバック

« 6415 ニスカ 謎の動き | トップページ | 8515アイフル »

2008年2月12日 (火)

日経小幅高ながら個別銘柄はメタメタ

香港市場が結構な上げ幅を見せた影響からか東京市場も100円ほど高くなる場面もありましたが結局はわずか4円高。先物は13000円を割って引けていますし、本当に少し上げただけでもやれやれ売りらしき売り物がわんさか出てくる状態です。G7で具体策が出なかった影響はほとんどありませんでした。裏を返せば誰もG7に期待してなかったということでしょう。

さて今日も個別銘柄ではストップ安が続出しています。ハウス、新電元、ゲオにユビキタスやエリアクエスト等々・・・。6844新電元みたいな株価でストップ安になるとちょっと売られすぎかと思いますがそれでも下方修正を出すと容赦なく売りが殺到するのが今の東京市場です。

今日は後場からの取引だけでした。前場から上げていた8029ルックが前場の高値170円を越えたら171円で買うという逆指値注文を出しておいてここを抜いてきたところから参戦して180円で確定。今日のルックの動きは先日の巴コーポのそれと似ていたように感じました。それから前引け後に日本郵政との包括提携の材料が出ていた2651ローソンを3960円で9500株買って放置していたところ14:40過ぎに急動意。あとで分かったのですが日本郵政の西川社長がローソン株式の取得の可能性について述べていたようです。両者の会見が14時からあるということだったので何か新しい動きがあればと思って買っていた訳ですが正解でした。4050-4070円ですべて確定して+100ぐらい。

9832オートバックスの売り玉は2120円で半分利食い、残りはまだ-15ぐらいの含み損。

それにしても未だに分からない6415ニスカの動き。終値もTOB価格を越える2015円でしたし、もしかするとキャノンファインテック以外の第三者が敵対的TOBでも画策しているのでしょうか?ちょっと注目しておいてもよいかもしれません。最低でも2010円では確実に引き取ってくれる株券ですからリスクは限りなくゼロに近いのですから。

日本郵政・ローソン、共同出店拡大と商品供給で業務提携

 日本郵政公社とローソン(2651)は12日、共同店舗の拡大や商品供給で総合提携を結んだと発表した。今後3年で新たに800店舗を共同出店し、簡易郵便局を含む既存の郵便局の半分弱に当たる1万局を対象に、ローソンの商品を供給する。
 同日都内で記者会見した日本郵政の西川善文社長は、ローソンのオーナーが簡易郵便局を経営することも含めて「それぞれのケースに適したように(両社のインフラを活用して)いくのが今回の提携の大きな狙い」と述べた。ほかのコンビニエンスストアとの提携の可能性については「相互にメリットのある提案があれば真剣に検討する」と語った。
 両社の資本提携の可能性については「ローソンの株式を取得することは可能だと思う」と述べた。
 両社は2002年2月に業務提携を締結。以後、試験的に共同店舗の設置や物流網の共同利用に取り組んでいた。〔NQN〕 

« 6415 ニスカ 謎の動き | トップページ | 8515アイフル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6415 ニスカ 謎の動き | トップページ | 8515アイフル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ