最近のトラックバック

« 小売株がメタメタ | トップページ | 4997日本農薬 »

2008年1月11日 (金)

「官製暴落」

下げ止まりません、ついに2006年6月13日の安値を割ってしまいました。ノックインに絡む売りも出ているでしょうしファンドの換金売りも出ているでしょう。外国人投資家が逃げてしまい買い手不在ですから悲惨な状況となってきました。SQを通過して少しは流れが変わるかと期待しましたが全く変わりませんでした。東証一部の値上がり率10位の銘柄が4%弱の値上がり、逆に値下がり率10位銘柄は10%以上の下げ、19位まで10%以上の下げた銘柄が続いています。強烈に下げている銘柄がいかに多いかを物語る一つのデータです。

さてタイトルの表現ですが某記事にあったものです。今の相場をうまく表現していると思います。福田総理になってから特にそうですが構造改革が後退し各閣僚も株価の下げに関して気にしていないような発言が続いています。NYの下げに責任転嫁している人もいますが昨日今日なんかはアメリカが大きく上げても日本は逆に大きく下げています。これをどう説明するのでしょう?増税などの動きについてはあるようですが、景気が悪化すれば税収自体も減ってそれどころじゃないでしょうに。もっと経済に配慮した政策、発言をしてもらいたいものです。

三連休というこもあり持ち越したくなかったので売り玉の任天堂放置しておいた方が楽しみがありそうですが引けにぶつけて60200円で全株確定。またまたキャッシュ100%となりました。売り玉以外は持ち越すのは大変リスキーなこの頃です。

« 小売株がメタメタ | トップページ | 4997日本農薬 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小売株がメタメタ | トップページ | 4997日本農薬 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ