最近のトラックバック

« 3869 日本紙 | トップページ | 8291 東日カーライフ »

2008年1月18日 (金)

まさかの展開

週末ということもあり一日弱い展開も覚悟しましたが、後場から一気に上げてきました。ブッシュ大統領減税策を前倒しで発表するという報道があり、もしやと思いましたが予想以上の勢いで切り返しとなりました。その減税策の内容は、例えば一人あたり6万円ほどの還付金というような内容のようですから金額としては大したことはないのでしょうが、とにかく政府がアクションを起こすという事実が好感されたのでしょう。ブッシュ大統領も経済政策には疎いですが、まったく何もしない福田総理よりはマシですね。それにしても今日一日の安値と高値の差は500円もあります。これほどの値動きをすること自体「底」に限りなく近いと想像できます。

取引ですが寄り付きで任天堂を買って10万ほどの利益で確定してしまったのを始め、全体的に小さな利益の積み重ねとなりましたが、ほとんどの持ち株を確定しました。昨日ほどの利益とはなりませんでしたが、損切りも頭にありましたので充分すぎる内容です。中でも2759テレウェイブは前場から急伸し後場には早々にストップ高となり最大の稼ぎ頭となってくれました。持ち越したのはテレウェイブの一部だけ。ちなみにテレウェイブの材料は以下のものです。

後場新規で買ったのが3869日本製紙。ストップ安手前での動きでしたが日経が急速に値を戻すのを見て日本製紙も多少戻すと予想し、ストップ安付近で買い捲り263000-267000円で確定。もっと戻してもいいのですが、不祥事の影響が今後どの程度まで拡大するのか不透明なため戻りも弱いようです。

今週は一体この先どうなるのか、と心配になるほど、波乱の展開でしたがうまく波乗りができました。来週末から気分転換に有給を休暇をとってちょっと海外に出かけることにします。一週間前になったので旅行会社から今回の旅行予定などが送られてきましたが、「燃料サーチャージ代」だけで二人で9万円弱!この金額だけでハワイにでも行けそうです。現在原油高は海外旅行を敬遠する理由になっていますが、実際に金額聞いてびっくりしました。

<JQ>テレウェイヴがストップ高――英ファンド買い増しが支援材料
(12時55分、コード2759)3日続伸。値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比4000円高の5万1600円まで買われる場面があった。15日まで9営業日続落した反動から買いが続いている。英国に拠点を持つ投資ファンド、ダルトン・ストラテジック・パートナーシップが15日時点でテレウェイヴ株3万2945株(発行済み株式数の6.38%)を保有していることが大量保有報告書で判明したことも支援材料。直前の報告書の5.31%から上昇しており、今後の買い増しなどを連想した投資家の思惑的な買いが入っている。「1―3月は投資ファンドが議決権を取得するために株式を買い増す傾向があり、材料として想起されやすい」(国内証券のストラテジスト)との指摘もあった。〔NQN〕

« 3869 日本紙 | トップページ | 8291 東日カーライフ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3869 日本紙 | トップページ | 8291 東日カーライフ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ