最近のトラックバック

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月28日 (金)

ブット氏暗殺で波乱の大納会

既に受け渡しベースでは新年入りしているとは言え、やはり大納会でこの一年の市場が終わった感があります。年初の終値1万7353円より12%低い水準で終わりました。

例年ですと年明け相場に期待して大納会は高く終わる傾向がありますが、今年は逆に大幅安で引けました。パキスタンでブット元首相がテロで暗殺されたことも影響しているのはもちろんですが改めてリスク資産を持ち越すことに対する懸念が台頭しました。大納会がこういう形で終わるのも今年一年を如実に表しているようです。

今日は半日立会いということで動く銘柄で早めに確定することを決めていました。売り気配で始まった任天堂を買い、逆に銀行の中では比較的小幅安で寄った三井中央トラストを空売り。これをそれぞれ早めに利食い。

そしてメインの6764三洋電機の売り玉の処理。これは年初来安値151円を割るかどうかだけに注目していました。比較的早い段階で151円を割って150円へ、しかしその後切り返しを見せる展開。昨日から今日確定することは決めていましたので戻してきた152と153円で10万株すべて利食い。この銘柄はとことん上手く取れました。もう一つの売り玉4723グッドウィルは当然の如く放置して含み益が増えています。というわけで持ち越したのはグッドウィルの売り玉だけというほぼキャッシュ状態での年越しとなります。

今年はサブプライムローン問題という新しいリスクを背負っての取引となり一時かなり苦しみましたが年を通してはまずまずの成績を収めることができました。特に最後の2ヶ月でかなり取り戻すことができたおかげで気分よく正月を迎えることができそうです。今年全体はまた後ほど振り返りたいと思います。お疲れ様でした。

2007年12月27日 (木)

弱いところを徹底的に叩く

IBダイワとかステラとか超低位株が動いた一日でした。究極のデイトレ銘柄ですから年末らしい動きと言えばそれまでですが・・・。しかしアイビーダイワの19円高100%の値上がり率って一体何なんでしょう?

期待していた3107ダイワボウは思ったような動きは結局ありませんでした。360円超えてきたので売り玉損切りして買ったものの上値がかなり重く感じ363円付近で薄利撤退。引け間際360円を再度割ってきたところを再度空売りして持ち越し。先の高値360円の上下どちらで引けるかが大事でしたのでとりあえず売っときました。

放置状態の売り玉グッドウィルは今日も当然のようにストップ安比例配分。正直なところこの銘柄大量に買っている人は悲惨な正月になって気の毒なことです。

そしてメインの三洋電機は後場も一向に上向かず弱いの一言。昨日に引き続き引けにかけてわずかに買い戻されて終わりましたがリバウンドらしき動きもなくどうしようもない展開です。後場155割ったところで更に売り増して合計10万株の売り玉を持ち越し。今日の引値155円でもまだ年初来安値よりは高いようです。監理ポスト入りしたのだから年初来安値は更新すると勝手に思い込んでいます。

私生活では「弱きを助け」ますが市場では同情は禁物。弱いところは徹底的に叩いてとことん利を伸ばすしかありません。今の東京市場の最も弱い銘柄の一つが三洋電機であることは間違いありません。

さていよいよ明日は大納会、半日立会いです。去年は前場だけでかなり動いた銘柄がありました。明日もいくつかの銘柄では仕掛けが早いと思います。明日はとりあえず三洋電機を確定する予定です。

<東証>三洋電が大幅続落――監理ポスト割り当ての売り続く
(14時15分、監理、コード6764)大幅に3日続落。前日比14円(8.4%)安の153円まで下落する場面があった。25日、2001年3月期から06年3月期までの単独決算を訂正し、03年3月期から04年9月中間期まで計280億円の「違法配当」を認めた。東京証券取引所は25日付で三洋電株を監理ポストに割り当てており、上場廃止の可能性も含めた先行き不透明感を嫌気する売りが根強く続いている。1月4日に付けた年初来安値(151円)が下値メドとして意識されているようだ。

再度三洋電機

三洋電機、下げ止まりません。議事録に会社ぐるみで損失先送りしたとも取れる発言が残っていると報道されています。上場廃止の可能性が高まってくるかもしれません。

寄り付きから再度空売りし始め、昨日の安値158円を割ったところで売り増し。あとは9123太平洋海運の残りをとんとんで確定。

それから3107ダイワボウを350円台から空売り開始。去年の年末も急騰している銘柄です。先の高値360円を越えてきたら損切りますがダブルトップ期待。

大和紡が高い ラジオで紹介
2007年12月27日(木) 09時15分

大和紡績<3107>は、18円高の350円と高い。朝のラジオ放送で紹介されたことで、個人投資家を中心に買いを集めているようだ。

2007年12月26日 (水)

駆け込み収入

日経は引けにかけても堅調、先物は15700円付けています。「閑散に売りなし」ですかね。

6764三洋電機、後場はそれほど動かず。残りの売り玉かなり我慢して下がるのを待ちましたが165円で耐え切れず利食い。若干含み益を溶かしてしまいました。トータルで+80ほど。

放置しておいた9123太平洋海運が共栄タンカーなどと共にするする~と戻していっていつの間にか含み益になってました。4723グッドウィルはストップ安、これはしばらく放置しておきます。

今日は全体的に好循環となりました。明日も短期でパンパン利食っていくしかありません。あと2日、地雷を踏まぬよう注意しながら回転効かせていきます。

動きが目立つ三洋電機

全体的に盛り上がらない状態です。NYがクリスマス休暇で休場、東京マーケットも昨日に続いて出来高は少なく参加者不在です。

とりあえずここまで6764三洋電機のショートと6406フジテックの買戻しだけ。フジテックはすべて660円台で返済利食い。

さてその中で注目度ナンバーワンなのが昨日監理ポスト入りが発表された6764三洋電機。寄り付き前はストップ安気配、しかし意外にもあっさりと9:14に172円で寄り付きました。狙える銘柄が少なくてリバウンド狙いの買いが思いの他入ったのかもしれません。これはチャンスと寄り付きで6万株、その後170円割ったところで更に4万株空売り。160円割れたところで半分5万株を利食い、残りはまだ保有中。

後場に前場の安値158円を更に割り込んでくるかどうか?その時には更に売り増してもまだ取れそうな予感がします。

あとはどうでもいいですが売り玉保有中のグッドウィルがストップ安売り気配。無配を発表しましたしどこまで下がるのか分からない状態です。

三洋電機が大幅安 自己禁で参加者減少で
2007年12月26日(水) 10時18分

三洋電機<6764>は、28円安の159円と大幅安している。監理ポスト入りで、多くの証券会社では自己売買が禁止となり、参加者減少の思惑からリバウンド狙いの買いが入りにくいようだ。

6764 三洋電機空売り

6764三洋電機 予想以上に高く寄りました 強気で売り建て この銘柄は上場廃止も有り得ると思います

2007年12月25日 (火)

4723 グッドウィル 空売り比例当選

当選したのはいいが、たったの一株。例え紙くずになってゼロ円になっても利益は2万1千円余り・・・ 当たらないよりマシですが笑える話です。

太平洋海運はどうも弱かったです。引けにかけて再度高値を窺う展開となることを期待したのですが、後場寄りつきから売り気配でしたし大引けの形もよくない終わり方。単に今日上がっただけなのか?含み損のまま持ち越し。

あとは大株主が移動した6406フジテックを678円で空売り。

日経平均が15500円を回復してきました、あと3日平穏に終わってほしいところです。とりあえず明日の注目は監理入りした6764三洋電機ですね。

9123 太平洋海運

前場高い9123太平洋海運に買いで入ってみました。

去年も年末に仕手っぽい銘柄が高くなり確か正月明けまでは高かったと記憶しています。その時はダイワボウなどの銘柄が物色されていたはずです。今年もあと数日しか市場が開いていませんので多少荒っぽい動きを見せながら、こういう銘柄が高くなるんじゃないかな?

ちょっとずつ買い増しして、今日の高値316越えたら大きく買い増す予定。

2007年12月22日 (土)

今週のまとめ

昨日金曜は多忙のため、取引なしとなりました。日経は大きく上げましたしNYも大幅高となっていますので連休明けも堅調な展開が予想されます。今週は売り玉のIHIで久々の損切りを経験しました。買いでうまく取ったのに往復で取ろうと欲を出し空売りを仕掛けたことが裏目に出てしまいました。ただそれ以外の取引はすべて利益となり、特に終盤5405住金6万株で大きく取れて週単位ではまずまずの利益を出すことができました。

ただその住金、利食ったのが470円までで昨日の終値が更に上がって486円、おそらく連休明けはさらに上がるでしょうからちょっと確定するのが早かったというのが正直なところです。

さて今年もあと4営業日、最後に一花火打ち上げられるかどうか?

2007年12月20日 (木)

5405 住友金属工業 売り切り

鉄鋼株は大きく上げ幅を拡大してきました。寄り付いた後もしっかりしているところが昨日と違うところ。新日鐵が住金への出資比率が従来の5%から9.4%に引き上げ、市場から1000億程度住金株を買うことを発表しています。来年3月末までに吸い上げることから需給が締まることが予想されます。

昨日は鉄鋼三社が持ち合い強化すること自体は報道されていましたが、時期が昨日引け後に発表され買い安心感が出ました。

とりあえず寄り付き456円から売り始め、470円までで売り切り6万株全て利食い。

大手鉄鋼株揃って買い気配

新日鐵、住金、神戸鋼、共に買い気配から

2007年12月19日 (水)

4800 オリコン 株主優待到着

Photo オリコンの優待は音楽ギフトカードでした。ただし金額はたったの500円!これではCDの一枚も買えませ~ん。一単位の価格が安いこともありしょうがないとは思いますが、もう少し高い金額のが欲しいですね。

今日も日経は下げました。またもや15000円割れ手前まで来ました。今年はこんな感じで終わりそうで気合入れて売買する気になれません。譲渡益税も今後高く、また煩雑になりそうですし「なんだかなぁ」というのが正直なところです。

ほとんど場中見れなかったので引け間際まで売買無しでしたが、引け間際にマイナス圏に落ち込んだ5405住金を450円で6万株買っただけ。15000円では一旦反発してくるとは思うのですが?

新日鉄 住金 神戸製鋼所 相互の株式持合い正式発表
2007年12月19日(水) 14時04分

新日鉄<5401>、 住金<5405> 神戸製鋼所<5406>は、相互の株式持合い正式発表した。住金・新日鉄間で、双方1000億円程度、新日鉄・神戸製鋼間で、相互に150億円、住金・神戸製鋼間で、相互に150億円それぞれ追加で取得するとしている。

2007年12月18日 (火)

動きが激しい

日経は小幅続落となりました。しかし個別銘柄を見ていると不安定さがモロに出ているというか、上に行くのか下に行くのかよく分からないフラフラした動きが多く感じます。

例えば7974任天堂を例にあげると前場一旦突っ込んで戻してきたかと思うと前引けにかけて値を消し、これで下かと思っていると後場は買い気配からの開始。ではプラスに転じるのかと思いきや結局そこが戻りの限界で後は下がる一方でほぼ安値引け。こんなどっちつかずの動きをしている銘柄が多いこと。銀行株も然り。

これから年末に向けて仕事が休みに入ってくるのでデイトレーダーもどきの投資家が増えてくることが予想されます。福田内閣の支持率が下がって政局も不安定ですが、日経もそれを反映するような動きが続くのでしょう。

今日は久々の損切りをしてしまいました。結局IHIでは買いで60ほど取った後に放置しておいた少しの売り玉の含み損が増えて売りでは-90。もったいない。しかし今日GSがIHIを推奨したらしいですが昨日引け間際に217→222まで急速に戻した買いはこれが漏れていたんじゃないですかね?見ていて実に不自然な動きでした。あの時点で嫌な予感がしたのですが… しかし仮にも監理ポストに入っていて上場廃止の危険もあるこんな銘柄を推奨するなよ、というのが素直な気持ちです。

短期スパンで

2759テレウェイブ、78000円で 7974任天堂、63400円でそれぞれ利食い。

年末も近いですので戻りも早いが、利食いも早いので通常より早いスパンで回転した方がよいず。

7013IHI、買い気配からで売り方総やられの展開。ロスカット値に届いたので3万株全て損切り。この銘柄で買いで取った分以上やられてしまいました。

7974 任天堂

任天堂、62200円で新規買い

2759テレウェイブ、72000円付近で新規買い

2007年12月17日 (月)

やはり下げ来ましたか

先週半ばからどうも下げそうな雰囲気していましたが、やはり大きく下げてきました。シカゴ先物ではほとんど下げていなかったですが、東京市場が開いて薄商いの中、仕掛け的な売りが先物で出ましたね。前引けにかけてするするっと戻って、後場窓を空けて下げるところなど先物でいじくられている感じです。

今日はもうとくかく空売りばかり。一番多く売ったのが8834藤和不動産。先週末三菱地所との提携が出た銘柄です。寄り付きから売り増して後場寄り付き246円で大き目に売り増し。平均235円で返済して利食い。8411みずほ、7974任天堂もとにかく売りまくって後場利食い。7013IHIだけ返済損ねて三万株の売り玉を持ち越し。

アメリカはクリスマス休暇に入りますし日本の企業もこの年の瀬に大きな買収やら提携もそう多くはないでしょう。元々動きにくい時期ですが、加えて今週は米金融機関の決算が出てきます。どうやら年末まで今日のような不安定なままずるずると安くなる展開となりそうです。基本はショートで取っていけそうです。

2007年12月15日 (土)

今週のまとめ

昨日は不運な出来事があり後場はほとんど見れない状況になってしまいました。

売り玉で持ち越しの一銘柄ニチアスは一昨日とまったく同じ手法で前場売り続けて、後場の急落ですべて利食い。逆日歩が5銭となったことで踏み上げ期待が剥げた形となりました。この銘柄の発行数ではそう簡単に踏み上げは起きないでしょう。折りしも日証金が不当に品貸料を引き上げるなど不公正な調整を行ったとして業務改善命令を発表されたばかりですので逆日歩がムチャクチャに高くすることも難しいところでしょう。

もう一つのIHIが決算発表を受けてアク抜け感から連騰となり苦しみました。後場見れなくなったので万一のことを考えて前場の高値223円を抜けたら4万株買う逆指値を入れておいたらこれが比較的早い時間帯にヒットしていたようです。ただ次に見れたのが引け間際だったので226円で利食いというもったいない取引になってしまいました。売り玉だけ含み損で持ち越し。

今週も損切りなしでまずまずの展開。今年のあと半月、気持ちよく締めましょう!

2007年12月13日 (木)

まさに全面安

数週間前では日経が300円でも400円でも大きく下げるのは珍しくありませんでしたが、ここしばらくは落ち着いてきて楽観視されつつあっただけに今日の下げはきつく感じた方が多かったのではないでしょうか?バンカメ、ワコビアの追加損失が発表されたりアメリカ金融機関決算がこれから続きますので再度サブプライム問題への警戒感が出てきています。東証一部値下がり1522銘柄でまさに「全面安」。最近は東証一部が弱い時は新興が強かったわけですが今日は新興も売られました。

昨晩、米欧5中央銀行が異例の声明を出して「大量の資金を供給」することを表明しました。逆に考えればこうした「異例」の事が起きるぐらい今回のサブプライム問題の根は深く今後の金融機関の決算から再度全世界の市場が揺さぶられる可能性を懸念しているのかもしれません。

持ち越した7013IHIは上手くいきました。寄り付きは若干プラスで始まるぐらいの予想でしたが逆に売り気配でスタート。これを見て寄り付き210円で買い3万株を利食い。売りの2万株はまだ保有中。含み益をあわせてとりあえずこれで+15。

500円付近から空売りし出したのが5393ニチアス。497円から売り建てて一番高い値段の売り玉が523円。断続的に5000-10000株を売っていって放置。14時半頃に突然の売りが出て528円→466円、わずか15分の出来事でした。半分を476円で返済利食い。引け間際さらに半分を478円で利食い。5000株だけ売り玉を持ち越し。このニチアス発行株数が1億2500万株と多いので多少上行っても踏み上げはないだろうと思ったのと13時過ぎと後場の早い段階で前場の高値を抜いてきたので動き出すのが早いと感じ、逆に引け間際下に向かうと予想し結構強気で売れました。ニチアスで+40。

IHI、ニチアスと上手く売りで取れたわけですが、今日の日経全体の動きを見ていると結果論ですが、銀行株でも適当に空売っておけば同じぐらいの利益が出せた感じなので、ニチアスで苦しみながら取らなくても良かった気もします。

さて更なる下落が年末までにあるのか?どうもありそうな気がします。持ち越しはIHIとニチアスの売り玉だけ。

不祥事ペア

7013IHI買い玉を寄りで利食い。5393ニチアスの500円付近から空売り開始。

これで二銘柄の売り玉だけ。

2007年12月12日 (水)

4661 オリエンタルランド 株主優待到着

2 4661オリエンタルランドの優待が到着しました。ディズニーランド、またはディズニーシーで利用できるパスポートです。今回のこの猫の名前は何て言うんだったかな?この前ディズニーシーの中で一緒に写真撮ったんだけど・・・ 今年行った時はセンター・オブ・ジ・アースが何故か止まっていて楽しめなかったのでまたいつか行きたいです。

IHI、今期の上方修正と以下の情報が出ています

IHI 社外調査委員会の調査結果
2007年12月12日(水) 17時02分

IHI<7013>の社外調査委員会の調査結果で、業績悪化予想については、「損益見通しの過誤による織り込み漏れや見通しの判断の困難性によるものが多く、ヒアリング等においても意図的な損失隠しや先送りが行われてたことを伺わせる事実は身請けら得なかった」と検証内容を発表した。

振り回された

13時半頃からどうしても場が見れない状況となったので、先ほどやっと終値見たら216円ですか!じり高の展開となったようです。7013IHI、今日の売り方はほとんど総やられの展開となりました。

205円で2万株ドテン売りしたまま放置しているのはリスクありすぎなので、前場の高値207円を超えたら208円で3万株買うという「逆指値」注文を出しておいたのがヒットしてました。結局売り玉20単位、買い玉30単位を持ち越し。この含み益とそれまでの売買でトータル20ほどの利益。明日も上がってほしい。

それと日経がだいぶ戻っているのに驚きましたが何かあったのかな?

どうもおかしい

7013IHI 205円を何度も上に抜けそうな場面があるのに抜けない、というか抜く気がないような動きと見えます。

買い増した分も含めてすべて205円で利食い、同値でドテン空売り。下げるような気がしてなりません。

7013 IHI どこまで戻るか? 

FOMCは0.25の利下げとなりました。0.5の利下げを期待していたアメリカ市場はこれを受けて午後から急落し日経も大きく下げています。ただ0.5だったとしてもそれだけ先行きに不安なのか、と見られ売られたと思いますし結局の所これだけ利下げが織り込まれた以上どっちに転んでも一旦アメリカは売られる展開になったのではないかと思います。

注目の7013IHIは45円安の194円で寄り付き。正直もう少し下で寄り付くかと思いましたが、リバウンド狙いの買いが多かったように感じます。1万株買ったうち半分は206円で利食い、残りは保有中。レーティングを取り消す証券会社がある一方で土地の含み益などを考え280円目標としてきたところもあります。「IHI」という現社名では想像しにくいですが元々の社名は「石川島播磨重工業」であり日本でも有数の歴史のある大会社です。豊洲土地の含み益もありますし何より実際のところ倒産したわけではないので会社としての資産は十分あります。上場廃止は怖いですが、万一東証が厳しい判断を下したとしてもどこかが買収するなどの動きが当然出てくるような気もします。なんとなく業績予想の修正を再度提出してそのうち監理ポスト抜けするんじゃないでしょうか。ということでどちらかと言うと「買い」かなぁ?

今朝の寄り付き194円を割ったら投げるならリスクも知れています。監理ポストは信用売りも出来るため、明日以降空売りの買い戻しも期待できるかもしれません。後場更に買い増しするチャンスを窺います。

<東証>IHIが2日ぶり売買成立――営業損益の下方修正嫌気
(10時10分、監理、コード7013)2日ぶりに売買成立。朝方は売り気配が続いたが、その後前日の大引け時点での気配値だった基準値と比べ、45円安の194円で寄り付いた。その後は200円前後で推移している。11日付日本経済新聞朝刊が「2007年3月期に200億円を超す追加損失を計上することが分かった」と報じたことから、11日は朝方から売買取引が停止となり、その後、2007年3月期の営業損益を約300億円下方修正する見込みだと発表した。このことを嫌気した売りが殺到し、きょうも売り優勢となっている。

 IHIは月内をメドに有価証券報告書を訂正するという。東証の上場廃止基準の「虚偽記載」に該当する可能性が出ており、すでに東証はIHI株を前日から監理ポストに割り当てている。〔NQN〕

7013 IHI

NY大きく下げました

とりあえず寄らないかもしれませんが7013IHI寄り付きで1万買い注文

2007年12月11日 (火)

7550 ゼンショー 株主優待到着

5 ゼンショーから優待が到着しました。今回は500株保有でまたいだ為、500円×6枚が二セットで合計6000円分のお食事券でした。半分は個食パックに引き換え家で食べることにして残りの3千円分を店舗で使用する予定です。今回からジョリーパスタでも使えるようになったので助かります。

持ち越した8024シルバーオックスは寄り付き199円ですべて利食い。昨日売り禁になりましたので早めに降りました。

それから今日は何と言っても注目は3092スタートトゥデイ。ユビキタス、ウェブマネーと活況IPOが続いて市場はマザーズとはいえ、ここ二度指をくわえて上昇を見逃したリベンジとばかり寄り付きから果敢に買っていきました。予想初値が25万のところ272000円が初値でここでまずは20株、後場買い気配の寄り付き288000円で更に20株。乱高下しながらストップ高行くことを期待してずっと持ち続けたにも関わらず、結局14時半手前の急落で成り行き売りしてしまいました!そしてその後戻してストップ高買い気配で終了… どうして折角30万越えまで我慢したのに最後の最後で投げてしまったのか… ユビキタスの大幅安、ウェブマネーのストップ安を見ていたのでどうしても連想してマイナス思考になってしまったなぁ。

話は変わって7013IHI。監理ポスト行きとなりました。最近は東証も厳しいからこの大手でも上場廃止にしかねないのでリスクはありますが次値が付いたところで買いたいものです。明日以降機関投資家は監理入りで売ってきますからかなり安くなる可能性があります。

今日の新規の売買はスタートトゥデイのみで持ち越しなし。最近日計りが多くなってきてしまいました。

IHI 過年度決算訂正について
2007年12月11日(火) 14時29分

IHI<7013>は、社内調査の結果、前回予想より全体で約20億円改善する見通しであると発表した。なお、08年3月営業損失は150億円になる見通しであると発表した。

2007年12月10日 (月)

機械受注で出尽くし

朝方はプラスで始まりましたが、その後は尻すぼみに終わりました。10月の機械受注が発表され数字自体は予想以上のものでしたが基調判断は据え置き。次への期待よりとりあえず良い数字が出て出尽くしとなったのか主力銘柄は続々と値を消してゆきました。

持ち越した5108ブリジストン、寄り付き後2140円で3000株売り増し。2105円で持ち越した3000株をそして後場寄り付き2075円で今日売った3000株をそれぞれ利食って+30ほど。2497ngiは23万割れまであったものの引けにかけて下げ渋ってきたので232000円で利食い。

買いでは先週手掛けた8024シルバーオックスが先の高値175円を抜いてきたところを買い始め、後場の凄い動きでも更に買い増して25単位を持ち越し。三井松島、丸山製作所、ダイワボウと仕手系が乱舞しているのもシルバーオックスにとっては追い風。

さて話題のNEO市場ですが第一弾の2858ユビキタスはストップ安。一方第二段の2167ウェブマネーは今日も大幅高、しかも引け間際残り10分で42万から45万まで持ち上げる強引さ!儲かっているうちはいいですがどこで天井付けるかは「神のみぞ知る」領域。こんなもののは決して持ち越してはいけません。ただ先週金曜初値35万で買うのを躊躇したことは今日の値段を見るとちょっと後悔しているのは確かですがねぇ・・・

なにわともあれ今週もまずまずのスタートを切れました。出来れば今年残り一杯は連勝を続けたいところ。

2007年12月 7日 (金)

16000円台キープ出来ず

最後は若干ダレたものの終日堅調でした。本当に買い方にとっては心地良い地合が続きます。今朝の日経で任天堂絡みの銘柄について書かれていましたがティアックなどもよく動いていましたし、住宅関連でも大和ハウス、熊谷組なども上がっていました。長く続く柱のようなセクターはないのですが循環物色が続いています。

さてここのところ顕著なジンクスがあります。「NYが大きく上げると新興市場は上がらない、またその逆も然り」というものなのですが、今日もその通り新興は盛り上がりませんでした。この辺の関係は面白いものがあります。

今日の取引ですがテレウェイブは読みどおり10万割れがあり、99000円付近で残り50株を利食い。後場寄り付き118円で空売りした6803ティアックは113円で返済確定。最後動きのおかしかった2497ngiと国際カルテルで排除命令を出されたと報道された5108ブリジストンをそれぞれ空売りして持ち越し。

今週は船銘柄の売りでロケットスタートを切りましたが、結局全勝で大きく利を伸ばすことが出来ました。

サブプライムローン救済策を好感

日経は16000円台を回復。アメリカではサブプライムローン救済策が発表され、これを好感して大幅続伸となっています。一部のローン金利を5年間凍結などを基本とした骨子が発表されています。外部環境も落ち着いてきたこともあり、週末ですがそれほど押さないような雰囲気。

2759テレウェイブ、今朝の日経金融新聞にて「現在の株価は説明できない」と上げすぎとのコメントが出ています。ただ昨晩のNYの上げそれから昨日空売りが入った影響か今日の前場はまだ高いところがありました。これはチャンスと空売り開始、105000円で50株その後104000円で50株、半分だけ101000円で返済済み。残りは10万以下で返済したいところ。

昨日から注目していた2167ウェブマネーは初値が35万で公開価格の3.5倍。NEOに先に上場したユビキタスが堅調ということもあると思いますが予想以上の初値となりました。30万付近で寄れば買うつもりでしたがそれ以上で初値つけたため見送り。

あとは後場寄りから6803ティアックを空売り予定。

2759テレウェイブ空売り

昨日タッチの差で売れなかったテレウェイブを105000円から再度空売り開始

万一まだ上がれば売り乗せ

10万以上は割り高だと思います

2007年12月 6日 (木)

地合は好転 しかしほとんど売買できず

一時15900円まであと一息まで買われました。16000円まであと少し、15000円割れだったのが最近だったとは思えないほど地合は好転してきています。今日は新興はイマイチだったものの東証一部の主力株、特に銀行株の勢いを感じました。あれあれと見ている間に大幅高となりました。後場の上げは一部「噂」も影響していたようですね。ただ噂をポジティブにとらえること自体、好環境だということでしょう。

持ち株の二銘柄は前場で利食い、どちらも今日の高値で売れていました。今日は忙しくてほとんど見れないことを予想し昨晩のNYが大きく上げているのを確認して、念のため売り注文を出していたことにより救われました。後場は携帯でテレウェイブを106000円で空売り注文するも一瞬遅れて約定せず。結局持ち株なしとなりました。

どうも上がっているのですが狙いが定まらない今日この頃。何かこれと言った柱となるセクターでも出てきてくれないかな?そうそう、昨日インフルエンザ流行ということで3107ダイワボウ狙うも買えなかったら今日は朝から大幅高!悔しいなぁ・・・

日経先物が買われる 一部で政府系ファンドの噂
2007年12月06日(木) 14時46分

日経平均先物が220円高の1万5870円と後場に入り再び上昇していうr。市場の一部で、政府系ファンドの話が出回っており買いを集めているようだ。この日の17時半に額賀財務大臣が会見と報道された事で、政府系ファンドの話に尾ひれが付いたようである。

2007年12月 5日 (水)

ほとんど見れず

今日はほとんど場中動きが見れずチョコチョコッと売買しただけ。

低位の仕手っぽい銘柄が動いていたので8024シルバーオックスを平均160円で10単位買ったのと、4689ヤフーを買い増ししただけ。インフルエンザが流行りそうだということでダイワボウとか動くかと思いましたがそれほどでもないようだし正直それほど触りたい銘柄がなかったのもあります。

気が付いたら後場日経は上がっていましたが、何が上がっているのでしょう?とりあえず買いで二銘柄を持ち越し。

*13:26JST <8024> シルバオック 163 +19

東証1部上昇率トップ。特段の材料は観測されないが、株価の値頃感や仕手系色の
強さなどを手掛かりに低位材料株物色の流れが波及しているものと観測される。な
お、GSIクレオスなども朝方から人気化、小売りセクターの堅調な動きが目立つ
中で、衣料品関連としてはやされているといった見方も。

2007年12月 4日 (火)

7522 ワタミ 株主優待到着

2 ワタミから優待が到着しました。1000円の食事券が6枚あり、人数分使えます。これから忘年会などで大勢で居酒屋で軽く食事することも増えますのですぐに使ってしまうでしょう。

今回の株主通信には澤上投信の澤上さんとワタミの渡辺社長との対談が載っていましたが、なかなか良い内容が含まれていました。ワタミは介護事業にも力を入れていますが、グッドウィルの折口氏とは異なり真剣に取り組んでいる様子が伺えました。

今日の日経は後場下げ幅を広げました。海外での新たなサブプライムに絡む損失の噂が出ているとか。円高も進んできましたし今晩のNYは波乱があるかもしれません。

4689 ヤフー

今日も日特建設が大幅高となっています。新規の空売りが入らない状況ですので止まれば一転急降下だと思いますが、株価が低位のためリスク覚悟で「行ける所まで行ってやれ」というところでしょうか。さすがにここから入るのは止めときますが、見物としては面白いものです。

前場は4689ヤフーを新規で買っただけ。イーベイとの提携が出て大きく上げています。

ヤフーが大幅高 イーベイと提携との報道
2007年12月04日(火) 09時43分

 ヤフー<4689>が大幅高。米オンライン競売大手イーベイと業務提携し、ネットオークションサービスで相互乗り入れすると4日付日経新聞朝刊が報じており、これが手がかり材料視されている。
報道によれば、双方の会員が相手国で出品されたアイテムを簡単に応札できるようにするという。まず年内に共同サイトを開設し、ヤフーのオークション利用会員が日本からイーベイの北米向け品目の入札に日本語で参加できるようにする。
なお、4日の立会中、業務提携に向けた協議を行うことで合意したと発表している。

2007年12月 3日 (月)

6915 千代田インテグレ 株主優待到着

2 千代田インテグレからの優待が到着しました。図書カード千円分です。ただ出来れば図書カードよりクオカードの方がいいのですがね~

ところでYOUTUBEにて吉野家店員が「悪ふざけ」をしている様子を携帯で録画した動画が出回っています。私も昨日見ましたが、今日になって話題になっているようです。吉野家も看過できないとしてHP上でお詫びを掲載しています。この「悪ふざけ」をした店員を特定したいとしています。まぁ、見たところ気持ちのよい内容ではなく客としてこの店には行きたくない、というのが正直なところですので上場企業としても見逃せないことであるのは当然です。

明日以降多少でも吉野家の株価に影響するのでしょうか?

腰を折られるも結果オーライ

持ち越した乾汽船、明治海運、太平洋海運は強烈な買い気配でスタート。特に先週末間違えて多めに買ってしまった乾汽船が大きく上げてくれたこともあり、半分ほどを寄りでその後残りを確定。これで+220ほどとなり月曜から大きくプラスでスタート。

欲を言えば寄り付き後もう少し上げてほしかったのですが、上値がどうも重い展開。調べてみると「先週末クレディスイスが9101郵船を格下げ」というニュースがあり、嫌な予感がしたので早めに降りましたが、これが今日のところは正解でした。

その後目をつけたのが1929日特建設。先週末不動テトラとの提携を発表し、今朝は前場から大幅高。寄り86円で79円まで一旦下げて再度上がってきたところ82円で5万株新規で買い。その後適当に83-87円で売り指値していたら後場寄り一気に買われてストップ高。余りの速さに注文取り消すことも出来ませんでした。ただ11/16に再生ファンドを割当先とする増資計画が元々あったので今回の資金調達による上げはそう続かないと思い、明日以降空売りで大きく取りたいと計画していたのですが早くも今日引け後に「売り禁」発動。空売りで取る計画が消えました。どうも最近規制が早すぎます。

あとは6339新東工業、1200円で全株利食い。後場は本業が忙しくなり売買なし。持ち株なしとなりました。

<東証>大手海運株が下げる――バルチック指数続伸も利益確定売り

(10時5分、コード9104、9107など)商船三井、川崎汽といった大手海運株が朝高後下げに転じている。現在、業種別東証株価指数(TOPIX)で「海運業」は下落率上位。前週末11月30日の、ばら積み船の運賃・用船料の国際総合指数であるバルチック海運指数(BDI、1985年平均=1000)は3日続伸したが、好感した買いは続かなかった。このところ、同指数の反転上昇や値ごろ感を背景にした見直し買いで戻り歩調にあったが、徐々に利益確定売りが優勢になってきたようだ。コスモ証券エクイティ部の清水三津雄副部長は「相場全体の上値の重さが目立ってきたことをきっかけに、投資家も乗っていた『船』から降り始めているようだ」と話していた。大手以外でも、前週末に急伸した太平海(9123)などが下げに転じた。

海運株は揃って買い気配スタートしそう

よいスタートが切れそう

問題は寄り付いた後、上下どちらに行くか?

とりあえず寄りで半分は利食って様子を見る予定

ちなみに外資系注文は差し引き2040万株の売り越し

2007年12月 1日 (土)

7581 サイゼリヤ 株主優待到着

Photo サイゼリヤから優待が到着しました。30%引きのお食事券が5枚。先回10枚もらったと勘違いして知人に4枚あげたら残りが1枚しかなくて泣いたことがありました。今回は間違えずもうちょっと少ない枚数をあげよう。このお食事券、金券でも買い取ってもらえるところがありますしオークションでも一枚千円以上で落札されるので結構な金額もらったことになります。

さて今週の取引も絶好調を維持、失敗トレードなしでした。金曜に買った海運株も空売りが結構入りましたし月曜もまずは期待できそうな様子。バルチック指数、NYダウも続伸しています。日経先物も一時15900円台までありましたが結局大証終値とさほど変わらない位置。ただつい先日までのNYが200や300ドルも平気で下げる状態ではなくなってきたのは間違いありません。この地合いの元、あと一月最後をきっちり締めくくりたいものです。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ