最近のトラックバック

« 重症ですね これは | トップページ | ポジション一旦手仕舞い »

2007年11月21日 (水)

ほぼ読み通り

やはり後場15000円割れると下がるスピードの早いこと。一時14800円割れまでありました。15000円が壁になると読んで買っていた人たちが投げてきますのでどうしても今日のような動きになります。早めに15000円台を回復しないと今度は逆にここが上値を抑える抵抗帯になってしまいます。任天堂の売り玉は半分利食って残りはそのまま持ち越し。108円台まで円高が進んだのも追い風となりました。

個別の任天堂だけでもかなりの利益となりましたがそれ以上に凄い動きだったのがオプション。後場予定通り15000円以下で日経が始まったところで、12月限14500円プットをとりあえず1枚買い。この時点での今日の高値240円で買いました。その後260円で更に一枚購入。1枚というのは260円の株を1000株買ったのと同じことなので2枚(24万+26万)丁度50万の投下となります。これが日経が14500円に近づくほど高くなるわけですが今日の後場の安値14時半頃には一気に325円まであって一枚は300円で利食い。もう一枚は持ち越し。

今日のように確立の高い動きをする日は珍しいですが個別を売買するより圧倒的に短期で大きく利益を出すことができます。もちろん逆に動けば損失も大きいですが今日のように15000割れたら一気に下げることが容易に読める時などにはもってこいです。

しばらくはショートで取っていくつもりですがこの動きはいつまで続くのでしょうか?

« 重症ですね これは | トップページ | ポジション一旦手仕舞い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 重症ですね これは | トップページ | ポジション一旦手仕舞い »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ