最近のトラックバック

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007年11月30日 (金)

船祭りで明治海運はストップ高

銀行株が若干ふらつく場面がありましたがなんとかプラスを維持し、鉄、非鉄など主力もしっかり。なかなか強そうな雰囲気となってきました。昨日今月初の外資系の買い越し、FRBも利下げに向けて動き出し、更にその動きに合わせてなのかオイルマネーが日米株に投資という情報も出てきました。ここ2週間ショートでとってきましたがこれらの動きを見て底打ちと判断、方向転換しロングポジションでいってみました。

その中で特に動いていたのが御存知、海運株。前場から買っていった9113乾汽船、9115明治海運、9123太平洋海運は後場更に上げ幅を広げ、その動きに合わせ更に買い増ししてすべて持ち越し。太平洋海運が一時ストップ高、明治海運はストップ高で引け。

後場寄り直後に乾汽船を「500株」買う注文のつもりが「5000株」と一桁間違えて注文、しかも時間がずれて2320円という今日の高値を成り行きで買ってしまうミスがありましたが全銘柄含み益状態。太平洋、明治をそれぞれ1万5千株、乾は2万株持ち越し。チャートもよい形ですし過去祭りがあった銘柄たちです、来週も祭りを期待。とりあえず空売りがどれだけ入ったか?6339新東も持ち越し。

ほぼ完璧な売買で今週を締めくくることが出来ました。

海運株

前場は4314ダヴィンチの売り玉を10万ですべて利食い

それで一斉に飛んでいる海運株を新規で買い

9113乾汽船、9115明治海運、9123太平洋海運を結構大きめに

後場揃ってストップ高希望

2007年11月29日 (木)

文字通り全面高

昨晩夜中にダウが300ドル以上上げているのを見て一体何が起こっているのか驚きましたが、どうやら追加利下げとも理解できるFRBのコメントが出たのですね。バンカメとシティの提携話が出たりもしたようですがそれにしても大きく上げました。日経もこれで15500円を回復、特に売り込まれていた銘柄にリバウンド狙いの買いが入って全面高となりました。後場までこの動きが続いたので買い安心感もありました。

さて今日は持ち越したドワンゴの利食いから。持ち越した20株を444000円で利食ってまずは30強の利益を確定。あとは中央三井トラスト、みずほを日計り。

後場は昨日まで勢いのあった新興銘柄が続々と値を消す展開に。2121ミクシィ、4788CCI、2497ngi、4296ゼンテックの勢いがなくなってきたのを確認して4314ダヴィンチを30株空売りして持ち越し。ダヴィンチは一部に鞍替え発表されたセキュアードも値上がりが波及しているとのこと。あとはここまで売り込まれている6339新東工業を久々に買ってみました。

今晩アメリカでは10月新築一戸建て住宅販売数が発表されるはず。この数字が悪くても悪材料出尽くしでアメリカが上がるぐらいの勢いが続くかどうかに注目です。

2007年11月28日 (水)

いまさらながらドワンゴ

アブダビ資金が入ってくると分かり、しかもその晩NYが大幅高。多少は期待したものの結局マイナス引け。改めて地合いが弱いことを思い知らされる一日でした。

みずほの売り玉10単位持ち越していたので多少の損切りも覚悟したのですが、今朝発表の外資系証券経由の注文が1490万株もの大幅売り越し。もうこれでやる気を削がれました。確か売り越し日数の新記録を更新中だと思いますが一体どこまで続くのでしょうか?

みずほの売りは56万以下ですべて利食って約10の利益。それで買ったのが3715ドワンゴ。43万より上に1000株以上の売り物が並んでいるのに下がらない、まずは425000円付近10株。43万越えでさらに10株。最後ストップ高希望でしたが一歩及ばず、そのまま20株持ち越し。

今日の値上がり率上位を見ると監理ポスト抜けしたビービーネットはともかく、スパークス、ファンコミ、ゼンテック、オックスと新興銘柄がズラリ。特にネット系はサブプライムに無関係ということで資金を集めています。一部はアメリカ次第でリスクが大きく手掛けにくいので再度新興に資金が向かうと予想します。

とりあえず明日ドワンゴの買い気配希望。ここしばらく負けなしでどこまで連勝を伸ばせるか?

2007年11月27日 (火)

追記

そう言えば忘れていましたが、持ち越していた任天堂の売り玉は朝寄り付きで利食い。これで30の利益からスタート。結局好スタートを切れたのが一日うまくいった理由かもしれません。

寄り付き売買を忘れるほど、今日の値動きは凄まじいものでした。

シティ増資で乱高下

後場寄り付き前の気配で銀行株が有り得ないほど上げていたので原因を探したらシティにアブダビ投資庁が8000億もの巨額出資を決めたとのこと。これで後場銀行株が一斉に買い気配となり地合が一気に変化しました。前場は一時日経が330円超下げていましたが結局87円高。まさに「乱高下」という言葉がピッタリの一日でした。

これまではシティグループを通常売買できませんでしたが、今は日興を子会社化し三角合併したおかげで8710シティを売買できます。そのシティ、ストップ高するかと思いましたがわずかにプラスに転じた後は再度下落し150円安で終了。正直この動き見ていたらロングで持ち越すのが怖くなりました。ただみずほなど他の銀行株は強かった、これをどう判断するか?

前場8309中央三井トラスト突っ込んだところを買ったつもりがどんどん下がるので仕方なくナンピンした玉を後場寄り付きで利食い。これで一気に50ほどの利益となり調子に乗り、8411みずほの売り、7974任天堂の買いで数回確定。最後みずほを10単位だけ空売りして持ち越し。

外資系の売り越しが続いていますが、ここで中東オイルマネーが東京市場に入ってきたことが明らかになりました。これまでは完全に売りで取るモードに入っていて「上がれば叩く作戦」でしたがここに来て潤沢な資金のあるオイルマネーが入ってくるのであれば状況がかなり変わってきます。まだよく分かりませんが新たな買い手として定着するのであれば売買手法を変えざるをえないと思います。中東マネーは短期売却することは少ないと言われていますのである程度の受け皿になるかもしれません。

シティアブダビが75億ドル出資

シティにアブダビが75億ドル出資と発表されました

後場は一時かなり戻しそう

2007年11月26日 (月)

基本は「売り」で

いくつかの好材料が相次ぎ日経は15000円を回復。NYが高い時、東京は寄り天というジンクスを打ち破り後場も強い動きとなりました。

NYが大きく反発したことに加え、昼休み中には中国系ファンドが日本株に投資するとの一部報道もあり、後場は商社、造船など中国と関わりの深い銘柄が買われました。しかしその勢いは続かずこれらの銘柄もある程度上がると売りで値が抑えられる展開。上値ではやれやれ売りの圧力が強そうです。

先週末NYが高かったのもクリスマス商戦が始まり出足好調ということもあり、小売株が買われたようです。ただ今朝の日経によると客足自体はそれほど減っていないが、一人当たり消費金額は少なくなっており財布の紐が堅くなっているということです。NYは半日立会いの上げですし、今週は10月新築一戸建て住宅販売数の発表があり重要な指標が出てきます。基本は売りで大丈夫かと思います。

今日の取引は後場の任天堂だけ。クリスマス商戦期待で買われてますが、62900円で300株空売り、200株は62500円で利食い。一単位だけ持ち越し。

日経平均 上げ拡大 中国政府系ファンドの日本株投資報道で
2007年11月26日(月) 12時39分

日経平均は304円高の1万5193円と高い。この日のお昼休み中に日本経済新聞が、中国政府系ファンドがこれから日本株に投資すると明言したと報じたことで一気に指数先物を中心とした主力銘柄に買いが入った模様だ。

2007年11月22日 (木)

ポジション一旦手仕舞い

12月限14500円プット昨日夕方の高値は380円、今朝も一時360円までありました。結局残り一枚は325円で利食い。オプションはそのものの価値とは別に時間のプレミアムがあり期限(今回なら12月の第二金曜SQ)が近づけば近づくほど価値が減っていきます。明日から連休ということもありますが、正直もう充分の利が乗っていますので確実に。任天堂の売り玉は寄り付きで返済利食い。もうちょっと下がって寄ると思ったのですが切り返しが早かった。あと前場では中央三井トラストを寄り851円買い863円売り10単位。

一旦リバウンド見せましたが、これはあくまで売り方の買戻しでしょう。ただ3連休前ということもあり後場もしかしたら仕掛け的な買いが入る可能性もあります。その場合はニチアスとか直近で急落している銘柄のリバウンドを狙う予定。

それにしても加ト吉のTOB価格が710円ですか。数日前に300円台だったことを考えるとこの銘柄を見逃したのはもったいなかった。それから昨日栗本鐵工の空売りを躊躇したのももったいなかった。昨晩報道されることを考えればまだ売れる水準でした。

8200リンガーハットの優待が到着。13000円分のお食事券です。寒くなってきましたのでチャンポンでも食べに行きたい気分です。

3

2007年11月21日 (水)

ほぼ読み通り

やはり後場15000円割れると下がるスピードの早いこと。一時14800円割れまでありました。15000円が壁になると読んで買っていた人たちが投げてきますのでどうしても今日のような動きになります。早めに15000円台を回復しないと今度は逆にここが上値を抑える抵抗帯になってしまいます。任天堂の売り玉は半分利食って残りはそのまま持ち越し。108円台まで円高が進んだのも追い風となりました。

個別の任天堂だけでもかなりの利益となりましたがそれ以上に凄い動きだったのがオプション。後場予定通り15000円以下で日経が始まったところで、12月限14500円プットをとりあえず1枚買い。この時点での今日の高値240円で買いました。その後260円で更に一枚購入。1枚というのは260円の株を1000株買ったのと同じことなので2枚(24万+26万)丁度50万の投下となります。これが日経が14500円に近づくほど高くなるわけですが今日の後場の安値14時半頃には一気に325円まであって一枚は300円で利食い。もう一枚は持ち越し。

今日のように確立の高い動きをする日は珍しいですが個別を売買するより圧倒的に短期で大きく利益を出すことができます。もちろん逆に動けば損失も大きいですが今日のように15000割れたら一気に下げることが容易に読める時などにはもってこいです。

しばらくはショートで取っていくつもりですがこの動きはいつまで続くのでしょうか?

重症ですね これは

日経はまたもや15000円割れ。もともと昨日はFRB緊急会合の噂で上げたわけですから昨晩それが単なる噂と分かった以上今朝売るべきでしょう。

幸い大量に持ち越した中央三井トラストが一時大きく上げてくれましたし次に大きい金額の任天堂も高く推移してくれたおかげである程度の利益を確保。ソフトバンクなどの他の銘柄も前場ですべて利食い。引け間際に任天堂を新規空売りして現在はこの銘柄だけ。

問題はこの15000円を完全に割るのかどうか?まだこの位置で耐えていますので、まだ抵抗線と考えることもできます。今後さらに下がるなら再度オプションプット買いで取れるはず。

2007年11月20日 (火)

FRB緊急会合の噂で急反発

後場はまったく違う展開となりました。誰が流したのか意図的なのか、偶然なのかこの急反発には以下の噂が関係しているようです。誰もが下げすぎとは思いつつ買い出動するキッカケが欲しかったところにこの噂ですから過敏に反応しましたね。しかしあおぞら、新生と銀行株に好材料が出たところでこの噂ですからタイミングが良すぎます。

こうなりゃ流れに乗るしかありません。ここから反発すれば15000円で3回目のリバウンドとなり抵抗線になる可能性が出てきましたのでいくつか買ってみました。ソフトバンク、みずほ、新東工業、中央三井トラスト、任天堂。

一番多く買ったのが8309中央三井。もともとサブプライムの影響を受けなかったようですし昨日増配の発表があるなど戻り出せば早いはず。しかし今朝寄り付き20単位買ったのをそのまま放置しておけば・・・ 

FRB 緊急会合の噂
2007年11月20日(火) 14時55分

市場では、「FRBが緊急会合を開催する可能性がある」と噂が流れているようだ。このために、株先物、ドル、ユーロなどに買いが戻った模様。

前場

寄り付きから一気に15000円割れてしまったので、オプションで勝負かけることができませんでした。昨日いくらかプット買いしておけばよかった。

とりあえず前場は寄りから大きく売られて8309中央三井トラスト、7974任天堂、6339新東工業を買って適当に利食い。前場途中に新生銀行TOB報道などがあり中央三井なんかその後急騰しているので取り損なった気分。

8303新生銀行、8304あおぞら銀行が空売りできないのが残念だなぁ。新東はそろそろ底値かもしれません。

NY暴落中 日経先物は14810円

シティが投資判断を下げられたのも影響してNYは大きく下げています。このままでは明日は寄り付きから15000円を割りそうです。

残念ながらショートでしのぐしか出来ない、どうしようもない相場が続きそうです。無理に買い向かうと退場させられるかもしれません。市場の波の流れみ身を任せ堅く利益を重ねてゆきましょう。

普通ならリバウンド狙いで買いを入れたくなる水準ですがまったくその気にならない。この異常な雰囲気は何なんでしょうか?

2007年11月19日 (月)

ホークス 東洋大・大場翔太投手を獲得!

今日は大学生・社会人ドラフトでした。我がホークスは今ドラフトの目玉東洋大・大場翔太投手を見事抽選で獲得しました。

直前までビック3の一人長谷部投手狙いと報じられていましたが急遽大場投手に変更。王監督はこれまで田中投手を外すなどクジ運がなく心配していましたが、6球団もの指名があったなかで当選を見事引き当ててくれました。

このオフ、ホークス先発陣4本柱は手術をするなどそれぞれ不安を抱えていますので、ここで即戦力ルーキーの入団は朗報です。是非一年目から先発フル回転で働いてほしいものです。

振り返るとホークスが抽選で最近当てたのは若田部、寺原。どちらも期待されたわりには尻すぼみみなってしまいましたので大場投手には評判どおりの活躍を期待しています。

3337 サークルKサンクス 株主優待到着

1 サークルKサンクスから金券が到着しました。ここの金券はおつりを現金でくれるので嬉しいです。ただセブンイレブン、ローソンと違って近くに店舗がないんですよね~。仕事場の近くにあるのでそこで使おう。

さて今日もダラダラと下がる弱い一日でした。今朝も外資系証券経由の注文は大幅な売り越し。これだけ売り越しが続いているということはおそらく外国人投資家の日本株離れがかなり進んでいるのではないでしょうか?このあたりもショートポジションを取っている理由の一つです。

今日も7974任天堂、5393ニチアスを寄り付きから断続的に空売りして後場適当に買戻し。あとは復配とのニュースが出た8309中央三井トラストを810円買い815円売り20単位で取っただけ。空売りはだいたいの銘柄適当に売っていくらか下で指値しとけば儲かるという地合いです。売りポジにとってはこんな簡単な地合いはありません。

今日は持ち越しなし。今晩NYが弱ければ明日にでも日経は15000円を再度割ってきそうな雰囲気。その時は予定通りオプションプット買い、個別銘柄の空売りでいきます。

2007年11月16日 (金)

ノーポジ

週末なので弱含みだと思い完全ショートポジション取っていたのが正解でした。みずほの売り気配はもちろんのこと、円高が進んだこともあり任天堂も売り気配から。ともに寄り付きで利食い。

今日は多忙だったため結局取引はこれだけでノーポジションとなりました。再度15000円割れがあると見ているのでそのときはオプションも絡めてショートポジションを取る予定。

今週はほとんど敗戦処理に明け暮れました。みすほの空売りなどで多少は取り返したものの資産は大きくマイナスとなりました。少し前にサブプライム問題が長引く可能性を意識して下への警戒を強めていたのに個別銘柄を意地になって集めてしまい後に引けなくなったのが敗因です。それにしても今回の下げは実にキツイものとなりました。もし個別銘柄に固執しなければ売りポジションでうまく利益を重ねることができたのではないかと悔やみます。大きい市場の流れに身をまかせポジションを臨機応変に合わせていくことがいかに大事かということです。

2007年11月15日 (木)

弱い

昨晩のNY市場、引けにかけてガクンと下がって終わるというなんとも不気味な引け方。外資系注文も相変わらず売り越しだしなんとも弱そうな雰囲気。

今日買っていくとおそらく再度やられると判断し、空売り一本。後場銀行株が値を消していくのを確認してみずほと任天堂を空売り開始、引けにかけてマイナスに沈んだところで追加売り。

まだ弱そうな感じですのでショートで着実に取っていきたいと思います。

2007年11月14日 (水)

7601ポプラ 株主優待到着

Photo ポプラの優待は金券千円分でした。確かポプラってどこかで見たよなぁ、と漠然と優待取ったのですが店舗検索してみると住んでいる市内にはありませんでした。仕事場の近くにあるので使えないこともないのですが、結局ポプラに返送して珍味と交換してもらうことになりました。ちゃんと千円分以上の価値のあるお菓子を送ってきてくれるかな?

今日は日経は大幅反発、一気に15500円を超える一幕もありました。9連敗は阻止し大きく上げましたがあれだけ下げたわけですからリバウンドがあっても何も不思議はありません。銀行、証券あたりのここ最近下げのきつかったセクターが強かったです。今日は銀行株の決算発表を控えていることもあり後場は若干だれるかと心配されましたが終日強かったです。

ただこの大幅反発の中で持ち株はどうしようもない動き。田中は昨日引け間際急騰した反動か、寄りから売り気配。仕方なく寄り付きで残りすべて売却。輪をかけてどうしようもないのが新東工業。昨日一日の下げ分すら取り返せない弱さ。一体どこから出てくるのか不気味なほど売り物がわんさか出てくる始末。今日のような日に上がらないのでは期待してもしょうがないと判断し泣く泣く8割方は損切りました。今回この二銘柄で結局600ほどのマイナス。何やってんだ、と自分に小一時間問いたい気分。

大きい損切りをて含み損を一掃して懐は寒くなりました。しかし逆に気分はいくぶんスッキリ。枠も大きく空いたので明日以降少しでも取り返さなくては。今日の上げは単なるリバウンドではないかと思っているので再度15000円割る場面も想定しています。その時は再度プット買い、銀行株売りで大きく行ってみる予定。

2007年11月13日 (火)

9901ジクト 株主優待到着

Photo ジクトから優待が到着しました。グループ企業のお食事券千円券が13枚入って合計13000円分。ジクトはコロワイドグループなので全国どこでも大抵利用できる店が近くにあるでしょう。ちなみに私の贔屓にしているのは「北海道」です。名前のとおり北海道の海の幸を中心にメニューが豊富な店です。居酒屋よりはいくらか高級感もありよく利用しています。

さて日経は今日も続落。15000円はなかなか堅そうですが正直なところここが抵抗帯になるかと言えば簡単にそう思えないところ。日経が8連敗となり各指標は「売られすぎ」を指していますが一日上がるのもなかなか実現しないの今の状況。まさに底なし沼状態。

持ち株の6993新東工業、4080田中化研がともに上方修正を出してきました。田中は引け後発表にも関わらず引け間際に急騰し2000株だけ指していたのが約定してしまいました。残りは明日以降利食いできればと思います。一方の新東、13:20に上方修正が出るとその瞬間に1499円まで一気に駆け上がったのですがその後は急落。まさにガックリ。

それにしても両銘柄とも仮に明日ストップしても大した利益が出ないというぐらい、今日まで下げ続けました。先回り買いしたのが逆に含み損を増やす結果になって今回は成功とは言えません。地合がよければこの数字を出してくれば素直に大幅高になってもおかしくないのですが・・・ 

2007年11月12日 (月)

9602東宝 株主優待到着

Photo 東宝の優待が到着しました。映画招待券とあったのでてっきり「無料」かと思っていたのですが、一人800円となる割引券でした。うーん。金券ショップ行けば映画の券など安く入手できるので、ちょっとケチな優待ですね~

さて今晩のNYはどうなるでしょうか?先物の動き見てますが乱高下してます。これだけ先物が動くと実際にアメリカ市場が開けて、実際に閉じるまで分かりません。

一時15000円割れ

ここまで連日の下げを見せられると慣れてきました。一体どこまで下げるのか分かりませんが、アメリカ、中国が高値付近にある時期に今回のサブプライム問題が一気に噴き上がりましたので連鎖安が続いても仕方ないのかもしれません。

日経は一時15000円割れ。円も一時109円台まで急騰しました。官房長官の円高容認発言も影響あったようですがもうちょっと考えて言葉を発してほしいものです。

今日は売りで持ち越した8411みずほを寄りで利食い。後場には含み益が膨らんだオプションプットを利食い。それから再度6339、4080を買って持ち越し。これでショートはすべて返済して完全ロングとなります。日経平均は今日で7連敗、これは結構珍しい記録です。希望的観測を込めて明日は上がると楽観視しています。

ところで昨晩某ドキュメント番組で、暴力団資金が新興市場に上場するかなりの企業に入っている可能性が指摘されました。実際に上場していたゼクーが倒産に至った情報や暴力団に共生する一般人の助けによって資金の出所を分かりにくくさせていることなど詳細な情報が含まれていました。恐ろしい内幕を垣間見ることができたわけですが、朝方はこの番組の影響も取り沙汰されていました。地合の悪い時はひょんなことでも市場に影響を与えるのですね。

新興3市場は安い 個人の投げ殺到 NHK放送嫌気
2007年11月12日(月) 09時38分

J-Stockindexが1515-51、マザーズ指数が794-22、ヘラクレス総合指数は、1224-43と大幅安している。1部市場の下落で個人投資家の投げが殺到している事や、昨日のNHKで新興市場について、ネガティブな報道がされたことが嫌気されているようだ。

2007年11月 9日 (金)

トドメか…

さすがに耐えられない状況になってきました。下げ止まりません。日米ともにサブプライム爆弾がいつどこで炸裂するか分からないので下げ続けてる訳ですが今週は5営業日すべて下げ、なんとも言えない悲壮感が漂っています。

個人的に決めていたロスカット値まで下げてきたので仕方なくある程度の株数を損切り。

それで遅ればせながらほぼ全力で8411みずほを空売り。オプションプットも買い増し。

今週はメチャメチャにやられました、ドワンゴ、オリコンなど新興祭りで儲けた分を吐き出して更に損失計上。

これでもまだ下げるのか?空売り玉でここからどこまで取り戻せるのか?

2007年11月 8日 (木)

売られすぎ、それでも買いが入らない

昨日昼過ぎにはGMが大幅な赤字を計上すると報じられ昨晩のNY市場の下げは予想されていました。それでも360ドル安となると東京市場も当然更に売られる展開となります。今日の寄り付きは本当に酷い状態、ほとんどの銘柄の値がしばらく付かず売り気配の嵐でした。

一向に沈静化の兆しが見えないサブプライム問題、そして円高は一気に112円台。トヨタ、ダビンチのように好決算を発表しても前場は売られました。まったく買いが入らないのでじりじり売られる銘柄が多かったように感じます。

持ち株は含み損が拡大しています。ほんとに僅かだけナンピンしましたがもうこれ以上株数を増やすのは怖いので自重しています。昨日後場に夜のNYで万一大変な下げとなる可能性を考えて15500プットを購入、これが予想以上の利益を稼いでくれたおかげでなんとか耐えています。現物で大量に持ち越している場合はこのプット買いがリスクヘッジとなり大変有効です。

はっきり言って東京市場は売られすぎだと思います。5352黒崎播磨のようにまさかのストップ安という銘柄まで続出しています。まぁ雰囲気だけで売られているのも仕方ないのですが・・・。しばらくは不安要素が多すぎるので一気に戻すのは難しいでしょうがある程度の水準まで回復するでしょう。そこまでプットを使いながら我慢します。こういう地合は何度か経験していますのでその経験を生かして生き残る道を模索します。

さて昨日9946ミニストップの優待が到着しました。オリジナルソフトクリームの券5枚。しかし去年もそうだったのですが寒くなってきたころにソフトクリームなので、いつ「食べたくなるか」が問題です。

2_2

2007年11月 7日 (水)

パッとしない相場

いつまで続くのでしょう、この相場。久しぶりにNYが大きく上げたのに日経はわずかに上げるだけ。下には大きく反応するのに上には鈍い、うんざりします。

6339は寄り付き買い気配から始まったので今日は期待できるかと思いきや、そこからは大したことはありませんでした。一部利食いましたが1600円手前で再度買い直し。株数は減らさないでおこうと思います。一方4080の方はチャートが壊れてきましたので一部損切りして持ち株を減らしています。

2007年11月 6日 (火)

目を瞑って

買いました。両銘柄ともいくらなんでもこの値段は安すぎるでしょう!

外資系経由で3530万株の売り越しと聞いて寄りで投げてきた人も多そうです。ここはアホになって買うべきです。

銀行、貸金業なども上がってきました。なんとなく戻りそうな雰囲気です。

今の辛い時期を耐えたことが報われる日が早く来て欲しい。

2007年11月 5日 (月)

厳しい…

折角NYがプラスで帰ってきたのに、週末民主党小沢氏辞任というニュースが出てしまいました。このニュースはもし好地合に出ていれば驚きこそあれそれほど市場にそれほど影響のないものだったかもしれません。もしかしたら自民党にとって追い風と判断されポジティブに判断されるかもしれないぐらいのものでしょう。ただ残念ながら今の地合は悪材料には敏感に反応します。案の定寄り付きから下げて始まり、安値圏を推移しています。

シティが高い値段で寄り付いたのと新興市場が元気なのが目立つぐらい、ニチアスはこれでもかというぐらい売られていますしミクシィ、ファンコミのように下げ始める新興銘柄も出てきています。なかなか狙う銘柄が見付らない状況です。

個人的にも持ち株が下がって若干厳しい状況になってきました。安値圏で買って一部は日計りしてなんとか小銭稼ぎをしながら現引きして長期戦覚悟です。

2007年11月 2日 (金)

かなり買った

前場積極的に買ってみました。買い銘柄はある程度の含み益ですので買い増しできるならもう少し買います。

あとは銀行、ソフトバンク、ファンコミを新規で買い。ロングポジション。

寄り付き買い

ダウは今年四番目の下げですか、日経はシカゴ先物16530円に鞘寄せしています

仕方なく寄り付きで4080田中化研、6339新東工業を買い増し。プロミス、アコム、武富士を新規で買い。売り玉はまだ寄り付いていない銘柄もありオリコンのみ59000円付近で買い戻して利食い。

日経が下げ止まるのか、それともここからまだ一段と下げるのか?

NYまたもや急反落

昨日上げた分を帳消しにしています

クレディスイスの損失発表、シティの格下げ、エクソンモービルの減益と続きました

この前ダウが200ドル以上下げた時は利下げの可能性が高まったとしてその日のうちに急反発して戻ってきましたが今日はさすがに難しいかな?新興市場中心に売り建てているものがあるので多少安心感がありますがいいかげんサブプライム問題は収束に向かってほしいところです。

そう言えば、1日の新東工業1680円にあった3万株以上の板は何だったんでしょう?ただそこは割らないとタカをくくっていたらあっさり売り物をぶつけられてしまいました。折角1700円台を寄りでつけたのに実に残念でした。

ダウはまだ200以上下げています。日経先物が16635円、大証終値より200円以上下げています。うーん。

2007年11月 1日 (木)

流れは新興から一部へ

新興は昨日から流れが変わってきたような気がします。8789フィンテックなど下方修正を出した銘柄が新興市場から続出しているのも影響しています。新興市場でここのところ急騰していた銘柄には売り禁が多くなっているので空売りできないのが残念です。その中でまだ空売りできる4800オリコンを60000より上で新規空売り開始。

6339新東は買い気配で始まり一時1700円をつけました。アッという間に100円以上上がっていきました。今日も1690-1697円で買い増し。あとは新規で4080田中化学研究所を買い。不動テトラは寄りつき175円で利食い。

上方修正銘柄は急騰し逆に下方修正を出した銘柄はこれでもかというぐらい売られています。業績相場です。

FOMC 0.25利下げ決定

日本時間の三時頃一度はダウ、ナスダックともに急落しましたがその後落ち着きを取り戻して逆に高値を更新して共に大幅高で引けました。

これでイベントも無事通過しました。懸念材料が一つ無くなりました。

6339新東工業、気配値高いです。昨日「連結子会社からの事業譲り受けに関して」IRが出ていましたがこれが関係しているのでしょうか?いずれにしても楽しみな展開です。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ