最近のトラックバック

« 新興市場の勢い続く | トップページ | 10日の取引 »

2007年10月 9日 (火)

3780 メビックス

メビックス、後場も買い増し合計30株を持ち越し。

4296ゼンテック50株、7974任天堂200株、4314ダヴィンチ50株それぞれ空売りして持ち越し。

8942シンプレクスインベストメント、比例狙いで先週末早い段階で買い注文出していたものの約定せず。

久々に売り買いともに持ち越してみました。どちらかというとそろそろ天井打つかな?

<マザーズ>SIAがストップ高比例配分――19万株超の買い残す
(大引け、監理、コード8942)終日買い気配のまま推移し、大引けで値幅制限の上限(ストップ高)となる前週末5日終値比3万円高の18万円で比例配分された。比例配分で176株の売買が成立、ストップ高水準で19万5532株の買い注文を残した。

 5日、ゴールドマン・サックス系投資会社の光明(東京・港)が、SIAの完全子会社化を目的としてTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したことが買い材料。TOB価格は1株21万5000円とあって、この水準にサヤ寄せする動きとなり、大量の買いを集めた。〔NQN〕

« 新興市場の勢い続く | トップページ | 10日の取引 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新興市場の勢い続く | トップページ | 10日の取引 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ