最近のトラックバック

« 海運株 崩壊 | トップページ | 東京在中 »

2007年6月 7日 (木)

しぶとい

海運株、後場は一時プラス圏までありましたね。まさかあそこから再度上値を取っていくのかと少し焦りましたがその後はじり安展開。とはいえ、ストップに張り付くこともなく、なかなかしぶといな、というのが正直な感想です。第一船は売り増して放置。太平洋海運を先頭にじりじり下げてくれると予想しています。昨日みずほ証券が一部海運株を格下げ、今日は共栄タンカーなどに増し担保措置。売り方にとっては追い風が吹いていると思います。

海運株には波乱となりましたが、それに比べ日経は堅調です。シカゴ先物の値までは一度も下げることなく戻してきました。上海株の乱高下、NYの急落を受けてもこの動きをするとは意外でした。

さて出張で土日と東京へ行きますが、その時間を利用して明日オリエンタルランドからの優待を利用してディズニーシーに行ってきます。夕方発の飛行機に乗って先ほど千葉に到着。明日は株価をチェックしながらちょっと息抜きしたいと思います。

東証 共栄タンカー・乾汽船に増し担保
2007年06月07日(木) 17時29分

東証は、共栄タンカー<9130>を信用取引の委託証拠金率50%(現金20%以上)、乾汽船<9113>の信用取引の委託証拠金率60%(現金30%以上)の増し担保措置を適用した。

« 海運株 崩壊 | トップページ | 東京在中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 海運株 崩壊 | トップページ | 東京在中 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ