最近のトラックバック

« ペンタックス HOYAとの統合断念 浦野社長解職 | トップページ | とりあえず連勝中だが… »

2007年4月11日 (水)

動けず

ペンタックスが動かず、その影響でほとんど売買せず動けない状態となりました。770円付近で余りにも買い板がぎっしりなので仕方なく半分の15000株を信用買い。というのも売り玉を返済してしまうと再度新規空売りができないので返済買いではなく信用買いして半分は確定状態。これでもし下がるなら買い玉を返済すればよいわけです。ただこんなことをしているので枠の大半をペンタックスで使ってしまっているので動けなくなりました。

それにしても770円付近をキープするということは市場はHOYAによるTOBを予想して動いているということ。大株主のスパークスがどんな提案をしてくるか?今日の報道によると新社長の綿貫氏は元々HOYAとの統合の推進役でありHOYAの鈴木社長とサシで話せる数少ないペンタックス側の人間だとか。その人が今回反対票を投じて元社長の浦野氏を引きずり下ろすとは?ペンタックス側の意図がイマイチ見えてこないのも今回のドタバタ劇の問題点であります。

昨日買ったインデックスは損切りで投げました。昨日のチャートからすると今日は上がると思えるのですがそれでも下がる。うーん、分かりません。

« ペンタックス HOYAとの統合断念 浦野社長解職 | トップページ | とりあえず連勝中だが… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペンタックス HOYAとの統合断念 浦野社長解職 | トップページ | とりあえず連勝中だが… »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ