最近のトラックバック

« バブルへGO! | トップページ | 2809 キューピー 株主優待到着 »

2007年3月 3日 (土)

日興 上場廃止へ

昨日は多忙で場中ほとんど見れず、ブログも更新できませんでした。日興は上がるわ、アポロは下がるは、踏んだり蹴ったりの展開となりました。金曜は日興の空売りをさらに増やしただけ。

NYが大きく下げてシカゴ日経先物が16875円、金曜の引けより400円350円ほど安くなっています。週明けもかなり安く始まる可能性が高いです。先週で一気に流れが変わりましたね。値段的には拾える水準だと思いますが世界同時株安ですので容易なナンピンは正直怖い状況。いくらかヘッジ売りを入れながら売買することがしばらく必要かと思います。

さて日興の上場廃止について朝日新聞トップで報道されています。担がれている同株ですがそろそろ急落してもらわないと厳しい展開ですので早く下がって手仕舞いたいところです。225銘柄ですので正式に廃止が決まればある程度のファンドからの換金売りが必ず出るはずですが…

日興、上場廃止へ 不正決算問題で3証取
2007年03月03日06時24分
 東京、大阪、名古屋の3証券取引所は2日、不正な利益水増しで過去の決算を訂正した国内3大証券のひとつ日興コーディアルグループの株式を、上場廃止する方向で最終調整に入った。前経営陣が利益水増しに関与し、水増し額も多額なため「悪質性が高く上場廃止基準に触れる」と判断している模様だ。東証は3月中旬に正式決定し、4月中旬に廃止する見通し。日興は廃止も視野に米金融大手シティグループの傘下入りなどを検討しており、近く提携戦略を固めるとみられる。

 審査を担当する東証上場部は、来週末にも不正決算に関する調査と事実関係の分析を終え、3月中旬までに西室泰三社長が上場廃止を最終決定する方向だ。大阪、名古屋も月内にも廃止を正式決定する見通し。廃止されても証券業務は継続でき、顧客が預けている資産にも影響はない。

 東証は昨年12月に不正決算が発覚して以降、日興への聞き取り調査を進め、日興が2月末に04年9月中間~06年9月中間期決算の訂正報告書を関東財務局に提出後、報告書の分析を進めてきた。

 日興はコールセンター大手のベルシステム24の買収に絡み、連結に加えるべき損失を連結外に外したり、債券の発行日を偽ったりして不正に利益を計上した。

 上場廃止の判断で焦点になるのが、一連の行為が、廃止基準の「有価証券報告書の虚偽記載を行い、その影響が重大である」に該当するかどうかだ。

 東証は、日興の特別調査委員会が、山本元・前グループ財務部門執行役常務らが一連の不正に関与し、有村純一前社長の関与も疑われる、と指摘したことなどを重視。最終的に利益の水増しが2年間で約420億円にのぼったこともあり、「組織ぐるみの不正は悪質で、市場や投資家に与えた影響は大きい」との見方を強めている。

 廃止決定の場合、東証は1カ月間、日興株を売買可能な「整理ポスト」に置く。日興の個人株主は06年末で約9万5000人。廃止後も証券会社を通じて売却できるが、常に買い手がつくかわからず、価格も不安定になる可能性がある。

 日興の現経営陣は、有村氏ら前経営陣に総額31億円の損害賠償請求訴訟を起こす方針を表明するなど、過去との決別姿勢を示すことで上場維持へ期待をつなぐ一方、廃止を前提に提携戦略も検討してきた。信用補完のためにシティグループとの協議を中心に、他の金融大手との提携強化などの対応を急ぐ考えだ。

 シティは、日興を日本での事業拠点と位置づけており、上場廃止の場合は、日興の完全子会社化も視野に入れている。

http://www.asahi.com/business/update/0303/004.html

« バブルへGO! | トップページ | 2809 キューピー 株主優待到着 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バブルへGO! | トップページ | 2809 キューピー 株主優待到着 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ