最近のトラックバック

« 日興売り売り | トップページ | バブルへGO! »

2007年3月 1日 (木)

踏み上げ喰らう

上海、NYと反発したにも関わらず日経は続落。円高が懸念材料となっているようです。さらに上海市場が今日も4%近く下げてこれも多少の影響を与えているのでしょう。ソフトバンクのカリヨン証券による2月28日付ネガティブ・リポート、不適切な会計処理疑惑も投資家心理を冷やしました。ただ下げ幅は引けにかけて縮小し150円安ですので大型株中心に下げた割にはこんなもんで済んでよかったというのが正直なところではないでしょうか?

日興は寄り付き直前まで気配値はストップ安。ところが9時前数分間で急激に気配値が戻り小幅安で始まりました。嫌な予感がして8:59に1141円で返済注文。寄り付きが1140円でしたので約定したと思いしばらくしてからふと確認すると「未約定」。タッチの差で逃げられたようです。結局その後売り増しして平均1190円で30単位持ち越し。大きく含み損。

8206アポロは今日も買い増して持ち株は34万株を超えました。

後場からソフトバンクの空売りで多少取り戻したものの今日はかなりのマイナス。九九プラスの比例も外れて、あとはアポロが噴いてくれるのを待ちます。

<東証>日興コーデが堅調――「米シティが資産査定へ」と伝わる

(14時15分、監理、コード8603)1200円を挟みもみ合っている。朝方は自律反発を見込んだ買いで一時前日比93円高の1240円まで上昇。その後伸び悩む場面も見られたが、14時過ぎから再び底堅さが強まった。QUICK端末を通じて14時に「米シティグループが日興コーデの資産査定を始めることが明らかになった」との日経ニュースが伝わった。シティグループ傘下での経営再建を前向きに評価した買いが入った。

 今週中にも幹部や法務担当者からなる専門チームが来日する予定と報じている。ただ一部では「仮にシティグループが同社を傘下におさめることになれば、増資などで既存株主の権利希薄化が懸念される」と警戒する見方もある。〔NQN〕

« 日興売り売り | トップページ | バブルへGO! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日興売り売り | トップページ | バブルへGO! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ