最近のトラックバック

« 酷いね | トップページ | 鬼のような損切り »

2007年3月 7日 (水)

日興株のTOB価格は1350円

ついにTOB価格が発表されました、予想より高い1350円。今週金曜に東証より上場廃止決定が出るようですがその前にTOBの発表をして市場への影響が軽くなるように配慮したのでしょうか?てっきり上場廃止が先に発表されるとばかり思っていたので空売り玉をそのまま放置していましたが、これでかなり厳しい状況になりました。TOBの期間がまだ公表されていないのではっきり分かりませんが、4月始めに上場廃止となりますからその間はずっとTOB期間にしておくのかもしれません。今回はシティと東証が調整した感がありますね。そうでないとTOB価格と今日の終値がほぼドンピシャというのも合点がいきます。情報が漏れていたのでしょう。とりあえず仕方ないので空売り玉はそのまま放置しておきます。

さて日経は久々に大きく反発。とりあえず下げ止まりました。昨日勇気を出して買い捲ったおかげで住友鉱、田淵電機などで大きく益を出すことができました。三菱マテリアルなど非鉄銘柄の強さが際立っています。アポロが5円も上がったのも大きく、日興の売り玉の損失のほとんどは今日一日で取り返せています。今晩のNYも今のところ落ち着いていますので明日も急落の心配もなさそうです。

今日は住友鉱の一部を利食った他はエネサーブ、オリコ、楽天を新規で買い。

<東証>住友鉱が大幅上昇――資源回収技術に注目する声も

(14時、コード5713)反発。前場には前日比170円高の2230円まで上昇、後場も引き続き高値圏で推移している。非鉄や希少金属の価格上昇により、廃棄された電化製品などから金属を回収するなど、非鉄各社の持つ高い精錬技術に注目が集まっている。

 新光証券の瀬川剛エクイティストラテジストは「国内の精錬各社の持つ技術は世界的に見て非常に高い水準にある。加えて、鉄鋼会社に比べ非鉄各社は買収防衛策に出遅れており、企業買収(M&A)の対象となりやすい」と指摘する。

 住友鉱のほか、DOWA(5714)や三菱マ(5711)なども上昇。業種別東証株価指数(TOPIX)で「非鉄金属」は上昇率の上位に顔を出している。〔NQN〕

« 酷いね | トップページ | 鬼のような損切り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酷いね | トップページ | 鬼のような損切り »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ