最近のトラックバック

« 日本カーリット大台乗せ | トップページ | 日興CG 監理ポスト行き決定 »

2006年12月18日 (月)

1722ミサワホーム 8603日興CG 空売り

今日はミサワと日興CGを新規空売りだけ

最近は東証も証取委も厳しいのでどちらも甘い処分は無いと判断

ミサワは昨日朝九時に売り注文出しておいたので100株だけですが、比例配分で当選。

日興は30000株鬼のように空売ってみました

日興処分を午後勧告、監視委方針――課徴金、最大の5億円
2006/12/18, 14:00, 日経速報ニュース, 746文字

証券取引等監視委員会は18日、証券大手日興コーディアルグループに対し、2005年3月期決算の開示が不適切だったとして、課徴金の納付を命じるよう金融庁に勧告する方針を固めた。グループ企業の会計処理で利益を水増ししていたと見ており、課徴金は過去最大規模の5億円となる。午後にも勧告する。日興側は監視委の指摘を踏まえ、財務諸表を訂正する。監査法人が一度適正と認めた決算書をさかのぼって訂正するのは異例で、日興の経営責任問題に発展する可能性もある。
 日興は05年3月期に本来は連結すべきグループ会社を決算から外し、利益をかさ上げした疑いがもたれている。さらに、この開示資料を使って05年11月に500億円の社債を発行した。監視委は不適切な会計処理に基づく社債の発行で、投資家の判断を誤らせた可能性があるとみている。
 日興はこれまで監視委の指摘に対し、「監査法人から適正意見をもらっており、適切な会計処理をしたと認識している」(同社首脳)との立場を貫いてきた。訂正すれば株主代表訴訟を受けるリスクがあり、社内で慎重論が強かったこともある。しかし、監視委の処分勧告が確実となったことを踏まえ、日興も決算の訂正に応じる決断をしたもようだ。日興は同日午後、訂正を発表する。
 日興が実態とは異なるグループ収益を開示していたことが分かったことで、この問題は経営トップの進退につながる可能性がある。課徴金制度は刑事罰と違い、違法行為の意図まで問う仕組みにはなっていない。ただ、証券会社は市場の仲介者として高い倫理が求められている。
 東京証券取引所は日興による訂正の内容を確認したうえで、その内容が上場廃止の恐れがあることを投資家に注意喚起する「監理ポスト」に割り当てるのに相当するかどうかを慎重に議論する方向だ。

« 日本カーリット大台乗せ | トップページ | 日興CG 監理ポスト行き決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7779/4591375

この記事へのトラックバック一覧です: 1722ミサワホーム 8603日興CG 空売り:

« 日本カーリット大台乗せ | トップページ | 日興CG 監理ポスト行き決定 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ