最近のトラックバック

« 核実験懸念にも関わらず指数は強し | トップページ | 8038 東都水 500越え希望 »

2006年10月 9日 (月)

よく盛り返した!ホークス打線

ペナントレース最後に6連敗、しかも二試合連続完封負け。しかもプレーオフ初戦に松坂にまたもや完封負け。斉藤和己はキレるし・・・ 「これは終わったな」 正直そう思いました。

しかしそこから2連勝。松中、ズレータが爆発したことが一番ですがそれにしてもよくあの状況から蘇った… 一昨年、去年とシーズン一位でゴールを通過しながら共にプレーオフで涙を飲んだあの悔しさを幾分晴らすことができました。

松坂に投げ負けたとはいえ精神を研ぎ澄まして投げた和己、プロ入り勝ち星すら無いと言うのに2試合連続好救援で一気に2つ勝ち星を挙げた柳瀬、それを受けて淡々と切れのよい球を投げる稲尾の記録を越えた藤岡、そしてシーズン中は控えに甘んじながら大舞台でいぶし銀の働きを見せた稲嶺と仲沢、そして重圧の中選手を鼓舞し続けた森脇代理監督。主力選手と控えがそれぞれ持ち味を出した結果プレーオフ第一シリーズを突破できたものと思っています。

「すべては王監督のために」 あの暴れん坊ズレータさえそう感じながら試合をしているわけですからチーム一丸となっていると確信しています。今年はペナント三位からのプレーオフ、失うものは何もありません。相手の日ハムに一勝のアドバンテージはあるもののこの勢いをぶつけて今年こそ優勝だ!松中、今度は優勝してから思いっきり泣け!お前は大舞台に弱くないぞ、臀部が痛んでもここで踏ん張らなくてどうする!

がんばれホークス。この二年間辛酸を舐めたホークスファンの鬱憤をその底力を見せて晴らしてくれ。

« 核実験懸念にも関わらず指数は強し | トップページ | 8038 東都水 500越え希望 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よく盛り返した!ホークス打線:

« 核実験懸念にも関わらず指数は強し | トップページ | 8038 東都水 500越え希望 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ