最近のトラックバック

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月31日 (火)

TOB絡み

昨日の大幅安の割りに反発は弱かったですね、やはり東証一部は既にかなりの好決算を織り込んで上げて来ていたのでここから更に上げるには来期以降の予想も上方に設定するぐらいの好決算でないと難しいようです。

さて今日は8876リロホールディング、8945日本社宅サービスを早めに利食ってその後少し前に売買した2315SJホールディングを再度リバウンド狙いで買い始め。

あとは2900明星食品を17単位日計り。

明星といい、東芝セラミックスといいTOB、MBOの動きが活発です。明星のはスティールが埒が明かないのでヤケクソで動き始めたという見方もあるようですがいずれにせよ割安に放置されている銘柄が見直されてつつあるのはよい傾向だと思います。

2006年10月30日 (月)

資金は新興市場に

日経が大きく下げる中、新興市場で堅調な銘柄が目立ちました。一旦底打ちした新興市場に資金を一部投入しました。

日本電産は予想通り好決算を発表したものの材料出尽くしで朝から売り気配で始まり9000円割れ。8810円買い8890円売りで日計り。

引け前に一時謎の大量売りで急落したソフトバンクを2890買い、2920売りで日計り。

比例で当選した明星食品を寄り755円で利食い。一単位だけなのでわずかに5万弱の利益。

あとは社宅・独身寮関連ビジネスが拡大ということで8876リロホールディング、8945日本社宅サービスを新規で購入。

WOWOWから株主優待についてのお知らせが到着しました。三ヶ月無料視聴か関連グッズということでしたがチューナーを持っていないので仕方なくバッグを貰うことにしました。

2006年10月27日 (金)

2900 明星食品 比例で当選!

当然千株だけですが当選していました。朝一で買い注文出しておいたのがよかったと思います。

今日の出来高318000株ということは日本全国で318人しか当選していないわけですから結構すごいことだと思います。引け時点で1000万株を超える買い注文が入っていたようです。

明星食品の首脳はTOBに反対していますので敵対的TOBに発展すればTOB価格をお互い引き上げすることも予想されます。僅か1000株だけですが楽しみです。

<東証>明星食がストップ高比例配分――1000万株超の買い残す

大引け、2部、コード2900)朝方から買い気配のまま取引が成立せず、大引けで値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比100円高の709円で31万8000株が比例配分された。同水準で1011万7000株の買い注文を残した。「米系投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドがTOB(株式公開買い付け)を実施する」(27日付の日本経済新聞朝刊)との報道を手掛かりに買いが膨らんだ。買収競争などの思惑もあって、スティールが27日に正式発表したTOB価格(700円)を上回った。〔NQN〕

上方修正は売られ、下方修正が買われる

後場はやはり下げてきました、日経は-142円。売り玉の日本電産、インデックス、日本ハム、楽天、ソフトバンク、すべて2-4%下がってくれましたのでサクッと返済買いで利食い。

日本電産は引け後に決算発表で上方修正が既に報じられていました。良い数字が出てきても週明けは逆に好材料出尽くしで下げると思いましたが安全策で利食いました。

日産、ソニーなど下方修正を発表した銘柄が悪材料出尽くしで買われ、新光電工など上方修正された銘柄や日本シリーズ優勝した日ハムなどが逆に売られる展開です。結局織り込み済みということです。

今週はほとんど空売りばかりでしたが失敗トレードなしでなんとか終えることが出来ました。気分よく週末を楽しみたいと思います。

そのまま売りポジで

NYは上げましたが日経は週末ということもあり勢いはありません。

日本電産と楽天とソフトバンクの売り玉を一部買戻し利食い、優勝で材料出尽くし日ハムを新規で空売り、あとはTOB報道のあった2900明星食品を比例狙いで買い注文出してあります。

まだまだ基本は売りでいきます。

2006年10月26日 (木)

売りポジそのまま

NYは強いですね~ おかげで昨日含み益となった空売り銘柄は含み損となってしまいました。まだ焦る状況ではないのでポジションはそのまま。

それにしても倒産するユニコ・コーポがストップ高って一体どういうことなんでしょう?ホント、訳が分かりません。

2006年10月25日 (水)

ショートポジション100%継続

今日もひたすら空売りし続けました、昨日に引き続き日本電産、ソフトバンク、楽天、インデックス。ショート100%で株数だけ増えて全てそのまま持ち越し。

インデックスだけプラスを維持しましたがその他は利が乗ってよい感じになってきました。日本電産は今朝の日経朝刊で業績好調の予想が出ていましたが買いが続いたのは朝だけ。

NYは連日で高値更新中ですが、そろそろ大きく下げてくれれば狙い通りなのですが…

2006年10月24日 (火)

勢い続かず天井っぽい

NYの大幅上昇を受けて朝から日経も大きく上げましたが結局一日値が持ちませんでした。日経は-8円。ここ数日堅調でしたから今朝は丁度確定するのによいタイミングを与えてくれたというところでしょうか。

後場になって値を消していく銘柄が増えてきたところでいくつかの銘柄を空売り。日本電産、ソフトバンク、楽天、インデックスですが日本電産以外はまだ打診売り程度。日本電産は今日空売りしたうち1000株だけ後場9320円で買い戻しましたが残りはすべて持ち越し。100%ショートポジションとなりました。チャート的には一旦頭打ちかなと判断しています。

2006年10月23日 (月)

日本電産強っ!

今日後場日本電産をずっと見てましたがかなり強い動きに感じました。9300円付近に万単位の売りが並んでいるのにがんがん買いが入ってきましたし引けにかけて9400円付近でも同様の動きが見られました。

空売りから入ったわけですが途中からどうも分が悪いと感じ、売り玉そのままで逆に12:45分に9300円で3000株ドテン買い。そのまま両建てのままで14:28に買い玉3000株を9380円で利食い。売り玉はそのままですが引け9400円ですから含み損12万強。確定益が24万なのでもうちょい売り玉を引っ張ってみたいところですがどうも今日の動きを見る限りまだ上を狙えそうな雰囲気です。

あとは9713ロイヤルホテルを14:44に315円で2000株新規で空売り、直後の14:47に307円で返済買い利食い完了。

日経もなかなか強い、楽天ストップ高、インデックス下方修正に関わらずプラスに転じるなど潮目が変わったと見ての買いが入ってきています。

6594 日本電産 新規空売り

日経は底堅いですね。

さて今週はまず6594日本電産の空売りから入ってみました。先週末材料が出て上がり今朝もその地合いを受けて続伸中。前引け9260円で900株。

2006年10月19日 (木)

期待はずれ

今日も少なくとも夕方まではココログがおかしくアップもコメントもできない状態。一度書いた書き込みが消えるなど最悪でした。

さて昨日持ち越したダイヤモンドリースとUFJセントラルリースは売り気配スタート。合併比率が場が始まる前に発表され材料出尽くしと見られたのか何ともがっかりのスタートとなってしまいました。UFJセントラルリースはなんとか6100円までで売り切ったものの一方のダイヤモンドリースは寄りから更に下げたため仕方なく6000円付近に戻ったところで確定。それでも大きく利益は出せたのですが昨日の終値での含み益の数字を見ていただけになんか損した気分になりました。その後東京リース、UFJセントラルリースを空売りで日計り。

なんやかんやありましたがこれでキャッシュ100%。次のブックウェーブを待ちます。

(10/18分再送) リース業界再編加速

今日はココログのメンテナンスの影響か、なかなか投稿が出来ませんでした。

NYの下げを受けて日経は朝方から弱かったのですが引けにかけてプラ転でした。楽天がストップ高、ソフトバンクも大幅高など個人投資家好みの銘柄の動きがよい影響を与えたものと思われます。

加えて後場、場の雰囲気を活気付けたのが三菱UFJ系リース二社の合併ニュースでした。先週三井住友系列の住商リースなどが公開買い付けされるなどリース業界再編絡みで物色されていましたがその動きが他の銀行系列リースにも動きが出てきました。残るはみずほ系のリース会社ですがこちらもそう遠くない将来に合併などの動きが出るのは必至でしょう。

さて今日の取引ですが、そのダイヤリースとUFJセントラルリースを一気買い、その後UFJセントラルリースはストップ高まで気配値を上げましたがすぐに売買停止。一部を確定しましたが残りはそのまま強制ホールド。この二社が停止になった後みずほ系の東京リースを日計り。東京リースなんて1589円で売り注文出したのに買い注文が一気に入って1599円で売れるラッキーもありました。

あとSJホールを111000と113000で100株づつ利食い。かなり引っ張ったルックが一番高値で買った値段370円を越えて下がったところで2万株づつ利食い。

明日はとにかく持ち越したリース二社の寄りが高いことを願います。

<東証>UFJセントラルリースが急伸――「三菱UFJ系リースが合併」

14時35分、コード8599)急伸。14時30分にQUICK端末などを通して「三菱UFJ(8306)系のリース大手、ダイヤリース(8593)とUFJセントラルリースは18日、2007年度中をメドに合併する方向で最終調整に入った」との日経ニュースが伝わったことが手掛かり。ダイヤリースも上げ幅を広げている。

 リース業界では13日に住友商(8053)と三井住友FG(8316)が系列の住商リース(監理、8592)と三井住友銀リースの合併、住友信(8403)が住信リース(監理、8432)の完全子会社化をそれぞれ発表し、再編期待が高まっていた。〔NQN〕

2006年10月17日 (火)

2315 SJホールディング 新規買い

今日狙っていた銘柄は2315 SJホールディング

前場105000と106000で200株まず仕込み、更に指値していたのですが13:30から動意付いてきた様子。

8029ルックも14:30からここ数日見られていたのと同じ突然の買いあがりが見られています。

8042 日本マタイの優待到着

今日は8029ルックを350円で2万株ナンピン買いだけ。先週金曜、そして月曜と何度かスルスルと不自然に買い上がっていく時があります。そんな動きに期待してまだホールド。

新たに買いたい銘柄が出来ましたので火曜日に買ってみる予定。

今日は日本マタイから優待の新米が届きました。米は必需品ですから有難いですね。

Nihonmatai

2006年10月14日 (土)

今週のまとめ

木、金と本業が多忙のため取引なし。

今週は高島、東都水産、ルックなど仕手っぽい銘柄の取引が多い週となりました。最後にルックの370円で買った2万株を含み損のまま持ち越し。

含み損銘柄を持ち越すのは気分が悪いですが、それまでは結構上手く取れたと思います。まずまずの一週間でした。

2006年10月11日 (水)

仕手系に資金が流入

東都水にルック、日特建設など仕手系銘柄の値がぽんと飛びすぐ別の銘柄に飛び火していく様子が見えます。ただどれも長続きしません、飛び乗り飛び降りで対処するしかありません。

今朝は持ち越していた東都水産10万株を寄りの513円で利食い。高値530円までありましたが結局安く引けています。その後ルックに何度か入り順調に利を重ねていたところ、先の高値365円を越えてきたのでそこで2万株買い。374円で売り指値したのに一瞬の差で売れず、その後引けにかけて急落し363円で引け。仕方なく2万株持ち越してしまいました。最後2分で100万株ほど成り売りが出たのが気になります。

北朝鮮の動きがどうもそのうち一気にネガティブに働くような気がしてなりません。楽天等新興市場、店頭市場の個別銘柄を見ると既に酷い動きになっています。これが一部に波及すると大変です。どちらかというとショートポジションを取るのが正解だと思います。

2006年10月10日 (火)

8038 東都水 500越え希望

本日490越えから参戦。

K氏が噛んでいると言われていますがチャートを見る限り支持線を割らずにチャートを作りながら上げています。

現在5万株ホールド、500円を食べてくるならさらに5万株追加で買う予定。越えそうな予感。

2006年10月 9日 (月)

よく盛り返した!ホークス打線

ペナントレース最後に6連敗、しかも二試合連続完封負け。しかもプレーオフ初戦に松坂にまたもや完封負け。斉藤和己はキレるし・・・ 「これは終わったな」 正直そう思いました。

しかしそこから2連勝。松中、ズレータが爆発したことが一番ですがそれにしてもよくあの状況から蘇った… 一昨年、去年とシーズン一位でゴールを通過しながら共にプレーオフで涙を飲んだあの悔しさを幾分晴らすことができました。

松坂に投げ負けたとはいえ精神を研ぎ澄まして投げた和己、プロ入り勝ち星すら無いと言うのに2試合連続好救援で一気に2つ勝ち星を挙げた柳瀬、それを受けて淡々と切れのよい球を投げる稲尾の記録を越えた藤岡、そしてシーズン中は控えに甘んじながら大舞台でいぶし銀の働きを見せた稲嶺と仲沢、そして重圧の中選手を鼓舞し続けた森脇代理監督。主力選手と控えがそれぞれ持ち味を出した結果プレーオフ第一シリーズを突破できたものと思っています。

「すべては王監督のために」 あの暴れん坊ズレータさえそう感じながら試合をしているわけですからチーム一丸となっていると確信しています。今年はペナント三位からのプレーオフ、失うものは何もありません。相手の日ハムに一勝のアドバンテージはあるもののこの勢いをぶつけて今年こそ優勝だ!松中、今度は優勝してから思いっきり泣け!お前は大舞台に弱くないぞ、臀部が痛んでもここで踏ん張らなくてどうする!

がんばれホークス。この二年間辛酸を舐めたホークスファンの鬱憤をその底力を見せて晴らしてくれ。

2006年10月 6日 (金)

核実験懸念にも関わらず指数は強し

この週末にも北朝鮮が核実験を行う可能性があると報道されたにも関わらず日経225は崩れそうでもなかなか強かったです。フロックと読んでいるのかそれとも強行されることを織り込んでいるのか?おそらく前者でしょうが、意外な展開でした。とは言え、個別銘柄では結構きつい下げも散見されますし昨日賑わった仕手系も早くも崩れ、指数以上に下げている感覚がします。

さて注目の8007高島ですが残念ながら勢いは朝方だけでした。予定より少し大目の10万株を寄り288円で利食い、残り5万株は293円-276円で利食い。9:18に今日の高値293円で15000株出来ていますがそのうち4千株は私の売り注文の約定でした。(笑)そこで全部出来ていれば会心トレードだったわけですがそこから崩れるのが早い、早い。結局一番安く売ったのが276円でした。とは言えなかなかのトレードとなりました。

あとは富山化学、マルエツを日計り空売り。マルエツはイオンがダイエーからマルエツ株を取得と報道され大きく上げたわけですが、この銘柄昨日空売り日計りしていたので持ち越していたらと思うと… 危なかったです。

きれいさっぱり持ち株すべて利食い、キャッシュ100%で連休を迎えます。今週は失敗トレードなし、ダイエー、高島でかなりの利益を稼ぐことができましたので気持ちよく連休を楽しみたいと思います。

2006年10月 5日 (木)

8007 高島 日証金

ごっついことになっています。売り方は厳しいですね、これは。

寄りは高いでしょう、問題はそこから、寄値で半分ほど利食いする予定にしてますがその後の動きに注目です。いずれにせよ明日は楽しめそうです。

融資残 525,000   新規融資169,000 返済555,000 差引-386,000
貸株残 2,291,000 新規貸株1,750,000 返済70,000 差引+1,680,000

貸借倍率0.23倍

仕手系乱舞

8007高島は見事な引けで269円。出来れば最後の429000株の注文で271円高値引けとなれば最高の形でしたが残念でした。260円付近の壁を食べた時に更に上を窺うと確信、260円超えたところで10万株追加。合計15万株をそのまま持ち越し。今日の動きを見る限り空売りをかなり貯めて明日の買い気配は決まったように思えますが… まずは今晩の信用残を楽しみにします。今日は鬼怒川、クレオス、井筒屋、第一パンと仕手系勢ぞろいでしたから、その中で初動で信用買い残の少ない高島に目をつけるのは簡単でした。

後場に入っても全体的に強いので朝方空売りしておいたソフトバンク、イオン、マルエツは後場利食い。どれも寄りからは適当に下がってくれてまずまず。

さて仕手系乱舞はいつまで続くでしょうか?久々にお祭りが来ればいいな~

8007 高島 面白そう

このまま高値圏で引ければ信用売りも入って面白い展開になりそうです

とりあえず250円越えたところで5万株買い。

寄り天かな

15000株持ち越した8268ダイエー、2265-2275で全て利食い。

同時にソフトバンク、イオン、楽天、マルエツを寄りで空売り。

NYの上げでギャップアップして始まっていますが、ここからは下かと。

2006年10月 4日 (水)

ダイエーとの優先交渉権はイオンに

昨晩の北朝鮮の核実験発言で東京市場にどう影響でるか注目していましたが予想に反して前場は堅調でした。ところが後場に入ってじり安に、結局100円以上の下げとなってしまいました。NYが高値更新するなど好材料もあるのですが如何せん地政学リスクがまた台頭してきました。

こういう時は材料株を触るしかありません。まず韓国LGにライセンス供与の材料が出た3727アプリックス。後場だれてきた79万付近で8株拾って80万越えで利食い。それから14:30にイオンに交渉権が決まった8263ダイエーを大きめに購入。元々イオンとウォルマートですからイオンだろうという予想されていたでしょうが、正式に決まって提携の中身が出てくるだろうと判断。平均2175円で15000株。引け2200円で40万弱の含み益で持ち越しました。

それから一昨日買った共同印刷、値動きがまったくないし反応しないので昨日428円で1万株利食い、今日残りの5千株を426円で利食い。合計で僅か3万強の利益ですがせこく確定。

イオンに優先交渉権、ダイエー再建へ丸紅が選定

 イオンが経営再建中のダイエーの業務・資本提携に向けた優先交渉企業に選ばれることが確実になった。ダイエーに44.6%(議決権ベース)を出資する丸紅は4日、イオンを選定することを固めた。仕入れや物流、商品開発でイオンと協力し再建を急ぐ。来年3月までに丸紅が保有するダイエー株の10―15%を譲渡することで調整する。米ウォルマート・ストアーズも提携企業に名乗りを上げたが、ヤオハン、マイカルなど破綻企業を立て直したイオンがダイエーの再建につながると判断したもようだ。
 丸紅は来週にも正式決定する。ダイエーも来週、取締役会を開いて決める。8月にダイエーの筆頭株主になった丸紅はダイエーの提携先を募り、イオンとウォルマートの2社が名乗りを上げていた。両社は丸紅に提携の具体的な内容について提案書を提出。丸紅は追加の質問状を2社に送り、9月末までに寄せられた両社の回答を精査した。
 イオンは総合スーパー首位の地位を生かし、仕入れや物流、商品開発をダイエーと共同化することで、提携初期から大幅なコスト削減効果が生まれる点を強調。傘下の「ジャスコ」や「マックスバリュ」などと、ダイエーの店舗網の一体運営を視野に入れている。
 イオンは2010年までに連結売上高を現在の約1.5倍にあたる7兆円にする構想を掲げている。イオンは丸紅が保有するダイエー株の10―15%を07年3月末までに買い取ることで調整している。イオンはダイエーが筆頭株主のマルエツにも出資する方向で丸紅と協議する。
 丸紅のダイエーに対する出資比率は30%前後に下がるが、筆頭株主で引き続きダイエー再建を主導する。イオンは23.5%を握る投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)に次ぐ第3位株主となる。
 ウォルマートは02年に資本参加して傘下に収めた西友と、ダイエーを連携させる再建案を提示していた。
 過大な負債を抱えたダイエーは、90年代後半に経営危機に陥った。産業再生機構が04年12月に支援を決定。スポンサー企業に選ばれた丸紅とAPが05年5月に出資して再建を進めてきた。再生機構は「ダイエー再建に一定のメドがついた」(斉藤惇社長)として06年8月、全保有株を丸紅に売却。丸紅は44.6%を出資する筆頭株主になった。 

2006年10月 2日 (月)

7914共同印刷 新規買い

日経平均は堅調になってきました。やはり買いで取る相場でしょう。
今日は売り玉を持ち越していた富山科学を580円で返済利食い。やっと下がってくれました。
それから新規で7914共同印刷を424円で15000株買い。チャートを見ても底値圏に見えます。
共同印刷、中堅製版業のコスモグラフィックを買収
2006/10/02, 20:09, 日経速報ニュース, 234文字
共同印刷は2日、中堅製版業のコスモグラフィック(名古屋市、柴田和徳社長)を買収すると正式発表した。5日に発行済み株式の約7割にあたる2260株を取得し子会社化する。買収金額は明らかにしていない。コスモが持つ最新の製版用データ処理技術を獲得するとともに、初めて北海道に製版拠点を確保する。
 コスモの2006年3月期売上高は約28億円、経常利益は約6億円。従業員は約300人。資本金は9500万円。札幌支社と工場(苫小牧市)を拠点に情報誌向け製版事業などを展開してきた。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ