最近のトラックバック

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006年8月31日 (木)

4839 WOWOW 鬼買い

後場14時に材料出たWOWOWを新規で買い。235000-238000付近で売り物が少ない中なんとか10-15株単位で買っていく。59株約定し残り20株ほどの注文は残されて株価は上へ。しかし14時に出ているのに後場から明らかに異なる動きになっているのは何故?ついでに4795スカパーも73500円付近で65株購入。
同和、ジュピター同様明日以降蒸し返しての上げに期待します。
なんか知らんが最近絶好調になってきた感じがしますので、油断しないように気をつけなくては。
<マザーズ>WOWOW上げに転じる――「スカパーに番組供給」で
14時20分、コード4839)後場中ごろにかけて上げに転じ、一時は前日比1万円高の24万円まで上昇した。午後2時にQUICKなどを通じて、WOWOWが「スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー、東証1部、4795)が運営する多チャンネルCS放送に番組を供給する方針を固めた」との日経ニュースが伝わった。これを買い材料視した個人投資家や証券会社の自己売買部門などの資金が流入しているとみられる。
 スカパーのCS放送にWOWOW専用チャンネルを新設し、WOWOWのBS放送とほぼ同じ内容の番組を有料で放送するという。現在、スカパーの総加入者の大半である300万件超をWOWOWの潜在顧客として一気に取り込めるとあって、WOWOWの収益拡大期待につながった。
 スカパーはこの日の高値圏でもみ合い。株価には報道に対する目立った反応が出ていない。〔NQN〕

グッドタイミングで反発

日経は大幅高で16100円を越えてきました。まだまだ出来高不足ですが、それでも基調は強そうです。

今朝はまず1万株持ち越していた5714同和鉱業を寄り1079円で利食いで40万弱。ソフトバンクの空売りも寄り2040で利食い。この同和といい先日のJCOMといい材料の出た銘柄が翌日蒸し返され物色されています。弱い環境だとこうしたケースが少ないのでまずまずの地合いだと言えます。

それから昨日損切りした4817ジュピターが再度84000円越えてきたので200株買って87000円付近で確定。昨日の売買を後悔。あとダイエーOMCを空売り日計り。

今のところ持ち株一切無し。昨日の一部損切りを取り戻すのを優先しましたがかなり大幅に取り返すことができました。

同和鉱が6日ぶり反発

同和鉱業 <5714> が6日ぶり反発。一時40円高の1079円まで買われている。同社は30日付で、3年間継続して株式を保有することで行使できる新株予約権の発行を発表、好感されている。9月30日所有の株主が対象で、1株につき1個の新株予約権を割り当てる。効力発生日は11月1日。株式付与割合は、06年9月30日から09年9月30日まで毎年3月31日または9月30日の株主名簿に記載または記録された株数のうち最も少ない数を、行使または取得しようとする新株予約権の数で除した数。その付与割合に0.05を乗じた割合の普通株式を割り当てる。1円で株式1株を発行する。行使期間は09年12月1日から10年1月29日まで。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:株式新聞社

2006年8月30日 (水)

うーん 波に乗れない・・・

ダイワボウを寄りで利食い、ソフトバンクを空売り乗せしたところまではよかったのですが…

調子に乗ってジュピターの84000円付近を更に100株買い足ししたらじり安に、結局83500円割ったところで200株すべて投げました。昨日のこの銘柄の利益の大半を溶かしてしまい大失敗!

ソフトバンクの売り玉に利が乗ってきたのでこれを伸ばしていかなくては…

後場は新規で同和鉱業を1040で1万株購入。

2006年8月29日 (火)

再度4817ジュピターを買い

4817ジュピター、44000円を越えてきたところで予定通り再度100株購入。まだ割安かと。

あと新規でダイワボウを買い、ソフトバンクの空売り玉はそのまま持ち越し。

*13:32JST <4817> JCOM 84300 +2800

反発。規模の拡大が評価されているようだ。同社は28日、CATV国内3位のケーブルウエストを買収すると発表した。GSではポジティブとの評価、投資判断「買い推奨」を継続、目標株価を9.45万円から9.61万円に引き上げている。(FISCO)

続々と利食い

4817ジュピター、取り合えず今回の買収案は好感された模様。昨日は大型買収案なので資金をどうやって捻出するのか、もしかしてMSCBとか出されるとまずいので100株のみ買ったのですが手元資金と借り入れで賄えると報道されたのも買い安心感を誘ったと思われます。一旦寄りですべて利食いしましたが、売り物が多い中でなかなか強いので84000超えてきたら再度参戦予定。

2496アルクは15-16万で全て利食い、この銘柄はもう手出ししません。三井住友建設も戻ってきたところ500円台で確定できましたがイマイチ。

あとはソフトバンクを2080で空売り。

<JQ>JCOMが反発――松下系CATV3位買収、さらにシェア拡大

(9時20分、コード4817)反発。買い気配で始まった後、前日比2400円高の8万3900円で寄り付いた。前日28日、松下(東証1部、6752)系で国内3位のCATV(ケーブルテレビ)子会社、ケーブルウエスト(大阪市)を買収すると発表したことが買い材料。ケーブルウエストは大阪府を中心に約35万世帯にサービスを提供している。既に国内で断トツの首位にあるシェアがさらに拡大することで、一段の競争力向上につながるとの期待から買いを集めている。

 松下などからケーブルウエスト株を取得する費用は約474億円。森泉知行社長は「約200億円の手元資金と借り入れでまかなう」としている。市場では「借入金の増加を考慮しても買収効果の方が大きく、業界『一強』の構図がさらに確固たるものになった」(国内証券のアナリスト)と評価する声が出ていた。前日の14時、同様の内容は既にQUICK端末などを通じて伝わっていたが、大引け後の正式発表を受けて改めて評価する動きになっているようだ。〔NQN〕

2006年8月28日 (月)

勢いのある銘柄につく

今日は2496アルク、1821三井住友建設を新規で購入。アルクは上場2日目でしこりがなく、三井住友建設は売り禁をものともせず寄りから爆上げだったのでしばらく様子を見ていて参戦、引けにかけて一段高。久々に踏み上げ相場が見られるでしょうか?

それから後場材料が出たジュピターも新規で買い。平均81800でとりあえず100株。

ソフトバンクの格下げなどで主力銘柄に売りが見られますので、個別の勢いのある銘柄が意外高を見せるような気がします。

<東証>三井住友建が値上がり率首位 貸借取引規制が手掛かり

(14時40分、コード1821)急伸。後場に入って一時は前週末比78円(17.6%)高の520円まで上げ幅を広げた。現在、東証1部の値上がり率ランキングで首位。日本証券金融と大阪証券金融が25日、制度信用取引の新規売り及び買いの現引き(弁済繰り延べ期限が到来した買いの貸株及び融資返済申し込みを除く)について、28日約定分から貸借取引の申込停止措置を実施すると発表したことが手掛かりという。

 貸借取引の申込停止措置は、これまで取引規制の強化として嫌気されることも多かった。ただ、現在は信用取引の取り組みが改善した銘柄に物色が向かう展開になっているため、「制度信用取引の新規売りに伴う貸株申し込みの停止が需給面での好材料と受け止められた面があるようだ」(国内証券の情報担当者)との声が出ていた。〔NQN〕

2006年8月23日 (水)

7618 PCデポ連続ストップ高

7618PCデポは寄り付き少し揉んだ後は一気に来ました。前場買い増しして、先ほど後場5万を切ったところまでですべて売り切り利食い完了。昨日のいいところで乗れました。

4755楽天も堅調。ただ今62600で200株すべて約定、利食い完了。40弱の利益。

今日は今のところ利食いのみ。日経はこの辺で揉み合う展開でしょうか?新たな動きが取りづらい状況に感じます。

2006年8月22日 (火)

銘柄選択ミス

後場あれだけ上がったのになぁ… 楽天は蚊帳の外でした。仕方なく持ち越し。

楽天以外で買ったのはストップ高した、PCデポ。ただしほとんどの買い注文は約定せず置いていかれてほんの僅かしか買えていません。

あと新規空売りでキューサイ、千代田インテグレ、日本マタイ、吉野家、ミニストップ、サークルKサンクスの今月優待銘柄。数日中に安くなったところで現物買い注文を入れて両建てにして優待取りをする予定。これらの銘柄はここ最近高くなっているので敢えて空売りから入ってみました。

あとのリンガーハット、サイゼリヤは売り残が多く逆日歩が怖いのでまだ空売りせず。権利付き最終売買日に両建てします。

4755 楽天を買い

後場寄りと直後に60800でとりあえず200株買い

2006年8月21日 (月)

まったりと海水浴

今日は有給を取り、早朝から日本海へ海水浴へ行ってきました。

帰りの車中携帯からいくつかの銘柄の動きをチェック。なんと楽天が大幅安だったのですか!先週末決算発表があることと、今日場を見れないこともあり先週引け間際に空売り玉を利食ったのですが、まさかこうなるとは… 仕方がないとは言え、勿体無かったような…

日本海はまだクラゲも出ず、楽しく泳ぐことが出来ました。少し波が高かったものの、比較的水も綺麗で魚もたくさん泳いでいてなかなか楽しい一日でした。

ダイワボウ等、久々に仕手系銘柄が動いていたようですね。祭りが始まれば是非参戦したいとことです。

2006年8月19日 (土)

今週のまとめ

楽天は確定してよかったようです、昨日引け後の決算はよかった模様。

さて今週は久々にかなり動けました。楽天を中心にソフトバンク、ニッシン、コナカ、セコムをそれぞれ利食い。持ち越し無しで100%キャッシュにしてあります。

日経はNYが堅調なこともあり今のところ戻り歩調です。総裁選の行方が見えて来ているのも好材料でしょう。空売りはほどほどにしばらくは買い銘柄を中心に探していくつもりです。来週はまず、今月優待銘柄の権利取りをしたいと思っています。

2006年8月18日 (金)

4755楽天確定

楽天は朝から更に売り増し。

引けにかけてかなり下げてきたので65700-65900で全株返済買い完了で利食い。充分利が乗ってきたので決算前ということもありリスクを取らず利食い優先としました。

あとは今のところ、コナカを細かく売買。

2006年8月17日 (木)

4755 楽天売り乗せ

楽天はさらに大きめに追撃空売りで持ち越し。日経の上げもそろそろ一服でしょう。

楽天が急落  決算控え警戒感
2006年08月17日(木) 14時47分

 楽天<4755>が1000枚単位のまとまった売りに押され、一時6万7300円まで急落した。現在は6万8000円を挟んだ商いとなっている。JQ市場全体に売りが出ており、時価総額が多く参加者の多い同社も、ポジション解消の売りが出易いようだ。また、明日に決算発表を控え、警戒感からも買いを入れにくいようである。

とりあえず

寄り2445でソフトバンクを利食い、利益10万ほど。

後場から4755楽天を再度空売り開始。

2006年8月16日 (水)

久しぶりに大きく売買

今日は久々に後場最後の一時間弱、場中を見れましたのでいくつか売買してみました。触った銘柄はセコム、楽天、ソフトバンク。

セコムは昼休みに中国でサービスを開始というニュースを受けて強かったのでまずは買いで日計り。その後ストップ高崩れの楽天を67900で空売り、その後67300で返済完了。ただ空売りは50単位ずつしか注文できないので連続注文が非常に面倒くさい。なんとかしてほしい。最後にソフトバンクを2395円で2000株買ってせこく2405円で注文を出すも最後に出来ず。引け後残った売り注文に含まれていたようです。

ということでソフトバンクの買い玉だけ持ち越し。時間さえあればいくらか利益を重ねることは難しくないのですが、とにかく場を見れない日が続いているのがツライところです。

セコム、中国で家庭向け進出・警備サービス拡充

は今年度中にも中国で家庭向けの警備サービスを始める。現在は企業向けに警備サービスを提供しているが、経済成長に伴い高所得世帯が増えているのを踏まえ、家庭の防犯需要を掘り起こす。企業向けサービスも拡充し、家庭向けを含む展開都市数を今後1年間をめどに20カ所に倍増する方針だ。

 中国で新たにサービスを始めるのは日本では一般に「ホームセキュリティー」と呼ばれるオンライン型の警備サービスで、集合住宅や戸建て住宅の各戸と契約する。各戸に防犯センサーを取り付け、異常があると警備員がかけつける方式だ。日本では約35万世帯と契約している。

2006年8月13日 (日)

今週のまとめ

週の後半はちょこちょこと僅か数銘柄だけ触っただけでした。中でも大きく資金を投入したのがニッシン。数円幅ずつ取れましたがたいした利益はなし。

ここのところ余り取引できていませんが、他のブログを読んでも同じ状況の方が多い感じ。相場の柱も無く、「休むも相場」ということなのかもしれません。

来週は吉野家等今月優待取りが出来る銘柄をいくつか買っておこうと思っています。

2006年8月 5日 (土)

PCデポ NTT 利食い

買い玉の7618PCデポ、売り玉のNTTを共に寄りで利食い。PCデポは正直ほとんど利益無しですがNTTは上手いこと取れました。今回はほぼ高値で空売りし業績下方修正で窓を空けて下げたところで買い戻し。

今週は大きな取引はなかったですが、まずまずの一週間でした。唯一持ち越したのがソフトバンクの空売り玉。少々含み損ですが、それほど心配していません。

それにしても最近、「超」に何乗かするほど忙しい!場中あまり見れないし、ブログの更新も遅くなっています。早く一段落してゆっくり取引したいものです。

<東証>NTTが続落――4―6月期営業益は10%減、販促費増で

(9時25分、コード9432)続落。一時は前日比1万8000円安の56万5000円まで下げた。3日発表した4―6月期決算(米国会計基準)で連結営業利益が3591億円と前年同期に比べ10%減り、売りが先行した。加入者増を狙った販売促進費が膨らんだうえ、携帯電話端末「FOMA」の普及に伴う原価増加も響いた。株価は6月14日に付けた直近安値(50万8000円)から15%近く高い水準にあったため、ひとまず利益確保を目的とした売りが出た。もっとも市場では、「現在までの固定電話の回線解約数は、会社側の期初見通しよりも少なく、下げ局面は買いの好機」(クレディ・スイス証券の早川仁アナリスト)との声も聞かれた。〔NQN〕

2006年8月 3日 (木)

7618 PCデポを拾う

今日はせっせと後場7618PCデポを拾っていました。後場はずっと44000円台での動きでしたのでまとまった株数を拾うことに成功。

もともとこの事件は既に明らかになっていたものなので悪材料出尽くしではないかと?明日反発して利食う予定ですが、どうなるでしょう?

<JQ>PCデポが反落――元社員のインサイダー取引事件で

(14時30分、コード7618)4営業日ぶりに反落。前場には前日比3400円安の4万4100円まで下落した。後場も安値圏でもみ合っている。「同社の元社員が、自社の株式分割などの情報を事前に入手して自社株を購入。証券取引等監視委員会は証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で元社員を告発する」(3日付の毎日新聞朝刊など)と伝わったことで、朝方から売りが集まった。同社の情報管理の不備などを嫌気する値動きになっている。

 PCデポは7月31日に元社員がインサイダー取引容疑で捜査を受けていることなどについて、「ご心配をおかけしていることを、深くおわび申し上げます」とのコメントを発表していた。ただ、監視委が告発に踏み切ったことで、改めて売り直す動きになったようだ。〔NQN〕

2006年8月 1日 (火)

7550 ゼンショーの牛丼セット到着

今日は久々に色々売買してみました。ダイエーの買い、NTTとソフトバンクの空売り。空売り玉はそのまま持ち越し。

先日ゼンショーから牛丼セットが届きました。以前優待で貰ったお食事券ですが、その券で「すき屋」で食べることも当然できますが、ゼンショーに返信すると家庭で食べられるように小分けされた牛丼セットを受け取ることもできます。松屋の食事券もまだかなり残っている状態なのでゼンショーは家で食べることも出来るセットを受け取ることにしました。とりあえず一つ食べてみましたが、やはり店で食べる方が美味しいような・・・。まぁ、仕方ないですね。

Sukiya

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ