最近のトラックバック

« ユニチャーム 東証一部値上がり率トップ | トップページ | 上げ一服でクールダウン »

2006年4月 3日 (月)

資金はユニチャームからフェイスへ

ユニチャーム後場早々に6600円切ったところで一旦残りすべて確定。その後13:30過ぎに今日の高値越えてきたので6700付近で再度2000株購入。その後ストップ高!ここまではよかったのですが、なんと何を狂ったのかストップ高買い気配となったところで更に2000株買い注文を入れて比例狙いでいったのがストップ高崩れて下落。仕方なく即2000株は利食い、ストップ高で買った2000株はそのままホールド。ちょっと欲張ってしまった感じ。全面高だったため油断してしまいました。ただ動きを見ている限りかなりの空売りが入ったような気がします。踏み上げ相場期待。

後場新規で買ったのが4295フェイス、46500円ぐらいで集めていたのですが14時過ぎからするする上がっていくので上値を買いに行ってストップ高でも並んでいたら、ユニチャーム同様ストップが一度崩れたので全部出来。ただこちらはその後ストップ高張り付き状態だったのが救い。比例狙いで大きめに入れた注文もすべて出来たので引けて確認してみたら何と1064株も買えてました。ユニチャームの利益もまとめてフェイスにぶち込んでしまった感じ。携帯コンテンツ事業の営業権を取得というおまけ材料も出たようなので明日も買い気配で始まることを期待。

http://www.faith.co.jp/ir/pdf/mobile_alliance_20060403_F.pdf

会員400万人の着メロ大手、ギガの営業権を120億円で取得
会員400万人の着メロ大手、ギガの営業権を120億円で取得
〜 フェイスが提携する有力パートナー企業と積極的にサービスを展開 〜

この度、株式会社フェイス(以下フェイス)の100%子会社の株式会社モバイルアライアンス(代表取締役社長:踊契三/株式会社フェイス取締役、以下モバイルアライアンス)は、株式会社リコーの100%子会社の株式会社三愛と営業譲受契約を締結し、同社内で携帯コンテンツ配信事業を行うギガネットワークスカンパニー(以下ギガ)の営業権を取得しました。
携帯コンテンツ市場の成熟化によりコンテンツサービス会社の競争激化が進む中、より効率的なコンテンツ配信の運営体制を構築するとともに、魅力的なコンテンツサービスを開発することが、重要な課題となっております。
ギガは、1999年に携帯電話向け着信メロディサービスを開始し、現在約400万人の会員を有する大手コンテンツサービス会社であり、直近期の売上高65億円を達成しています。
モバイルアライアンスは、フェイスが提携する有力な携帯コンテンツプロバイダをはじめとするパートナー企業各社と積極的な連携を図り、共同で、ユーザーにとって魅力的な付加価値の高い次世代サービスを開拓していきます。なお、4月中に、モバイルアライアンスの社名をギガネットワークス株式会社に変更する予定です。

« ユニチャーム 東証一部値上がり率トップ | トップページ | 上げ一服でクールダウン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7779/1266137

この記事へのトラックバック一覧です: 資金はユニチャームからフェイスへ:

« ユニチャーム 東証一部値上がり率トップ | トップページ | 上げ一服でクールダウン »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ