最近のトラックバック

« 薄氷を踏む思い | トップページ | 日経暴落 一時17000円割れ »

2006年4月22日 (土)

9043 阪神電鉄株について

予想通り時価より安いTOBになることが決まったようです.。

村上ファンドは6月までに売りたくてしょうがない→村上ファンドの取得額は600円台であるため既に500-600億の含み益を抱えており多少のディスカウントでも問題ない→対する阪急も現在既にかなりの有利子負債を抱えているため高い価格での取得は難しい 等々…

考えればこうなるのは当然と言えば当然のところ。さて実際の取得価格はいくらになるのか?850-900円ぐらいかと思います。

9043阪神、月曜は安くなるでしょう。平均1005円での空売り玉7000株、利益確保は約束されたようなものですからあとはどこで確定するか。

 <阪急HD>阪神株TOB来週決定 村上ファンド応じる公算

阪急ホールディングス(HD)と阪神電気鉄道との経営統合問題で、阪神の筆頭株主の村上ファンド(保有比率約46%)が阪急の阪神株公開買い付け(TOB)に応じ、両者が合意する公算が大きくなったことが21日、分かった。阪急は来週の取締役会で、TOBの実施を正式に決める。昨年9月に村上ファンドによる阪神株の大量保有が明らかになって以来、経済界やタイガースファンを巻き込んで物議を醸した問題は決着に向かう見通しになった。
 TOB成立後、阪急は阪神と共同持ち株会社方式で経営統合。不動産やサービス、流通など事業ごとに再編して経営効率を高める。鉄道会社は現在のまま阪急電鉄と阪神電鉄とし、阪神傘下のプロ野球球団・阪神タイガースは名前も組織も現状のまま運営する。両社は大阪―神戸間を拠点に事業展開してきたが、統合で一体運営に乗り出す。
 TOBは、村上ファンドの同意を得た上で実施する。手法は時価(市場価格)を下回る価格を提示する異例のディスカウントTOBになる見通し。時価を下回る提示は、阪急が阪神株の現在の価格が割高と考えているのに加え、買い取り先を村上ファンド保有分に事実上限定するのが狙い。阪急は取得資金も抑制できる。資金は銀行融資や新株発行などで調達する。
 阪神株は、村上ファンドの大量取得前の400円台から高騰し、1000円前後で推移している。村上ファンドが保有する阪神株の時価総額は2000億円規模に達している。平均取得価格は650円前後とみられ、仮に900円で売却に応じても、500億円規模の利益を得られる計算だ。

(毎日新聞) - 4月22日3時3分更新

« 薄氷を踏む思い | トップページ | 日経暴落 一時17000円割れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7779/1499796

この記事へのトラックバック一覧です: 9043 阪神電鉄株について:

« 薄氷を踏む思い | トップページ | 日経暴落 一時17000円割れ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ