最近のトラックバック

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

2006年2月28日 (火)

あと少し

7745エーアンドデイ、後場にやっと2550超えてきたので動くかな~と思って突撃買いしたら結局最後1700株の売りで40円も下げて引けてしまった・・・ なんとも虚しい引け方でした。

後場も60単位の買い注文板が入ったりと相変わらずの買い意欲でしたが2600円までまだやれやれ売りがある感じです。先々週金曜UBSが3600円の目標株価を発表した日の寄りが2560円で高値が2575円なのでここら辺が最後の関門かな、と思っています。

後場2500超えた時は2600円までそれほど売りがなかったので急いで買い増ししてしまいました。14:33に2565円で3000株一気に買ったり引け間際にも2550円付近2000株ほど買ってしまいました。更に持ち株増えてます。あともう少し、早く2600円を越えて欲しいです。今年に入ってから常に2600円付近で頭を抑えられてますのでここを越えると一段高狙えると思います。

あとは後場ソフトバンクを2000株購入。

2006年2月27日 (月)

大証 新システム

大証のシステムはトラブルもなく終日安定していました。これでまた懸念材料が減りましたね。よかった、よかった。

今日は仕事が結構忙しくてほとんど場を見れませんでした。エーアンドデイの2500円以下に出していた注文の一部が出来ていました。最後2520円で引けてほしかったのですがまだ少し上値では売りが出てきているようです。結局今日も3000株ほど買い増して再度持ち株は3万株近くになっています。そろそろ勢い付けて急騰してほしいなぁ

2006年2月25日 (土)

好調維持

7745エーアンドデイはやはり高値引けでした。昨日の後場は下で充分拾える可能性があるのに強引に売り物を買っていました。

昨日の動きでいくつかの指標で買いサインが出ました。75日移動平均線に加え25日線も越えてきましたし、一目均衡表の雲をついに抜いてきました。一番やれやれ売りの出易い売買が多かった価格帯の売りをこなしたことを意味していますのでここから上は売り圧力はかなり少ないはず。一目均衡表の雲を抜けてきたことは大変期待が持てそうです。注目しているのはここ数日、前場後場ともに寄りが必ず買い気配になるということです。100株単位のため数千株でもまとめて買いたいと思うと自然とこうなります。面白い傾向だと思います。

UBSの目標株価3600円までまだ千円もあります。ここまで行くかは分かりませんが、個人的にはしばらくこれ一本でやってますので楽しみです。

今年も2ヶ月が間もなく経過。7745のおかげもあり非常に好調。

2006年2月24日 (金)

エーアンドデイ 強い強い

2500円までに大き目の売り板があり逆に買い板は薄いのに、何故か上の売り物を買っていってます。時々数千単位の成り行き買いも入っていますし、少しづつTOPIX算入のために機関投資家が買っている感じです。前場に20単位ほど拾えましたが後場はなかなか下がらない、そろそろ売れ枯れかな?

今日は自信を持って買い増し、この動き、実に楽しみです!

2006年2月23日 (木)

期待できそうな展開

日経は16000回復、数日前の総悲観は完全に過去のものとなった感もあります。やはり総悲観は買いですね。なんと言ってもヘラクレスなど下げのきつかった新興市場の戻りが大きい。あとは民主党がぶち上げた堀江メールでの政治混迷の可能性が小さくなったこともかなり影響あるんじゃないかな?あれが長引けば軟調な動きが続いていたような気がします。

7745エーアンドデイ、引けで2400到達。一見地味な上げですが、昨日までの売りに押される展開ではなく今日は上値をじわじわと取っていっていました。ようやくやれやれ売りが枯れてきた感じです。一目均衡表の雲を突き抜けるのにあと一歩。雲の上限が現在2440円付近、ここを越えれば需給は一転しますので上値は軽いはず。今日の動きを見る限り、どうやら近いうちに勢いが出てと期待しています。いつもなら2400付近でいくつか確定したいところでしたが動きが怪しいので逆に2400手前で買い増し、現在270単位ほど。ここまで耐えた銘柄、あとはこの我慢が報われるだけ。明日買い気配で2440超えてくればもう一段大きめに買い増し予定。

後場は他にドリコム売買だけ。後場寄り買い気配になったので怪しいと思い買って、ストップ手前500台で確定。なかなか相性がよい銘柄です。

2006年2月22日 (水)

確定申告

確定申告に行ってきました

3月に入ると毎年混み出すので今年は早めに行ったのですが、そのせいか意外とすんなり提出できてあっさり終わりました。今年は国税局のHPにアップされている源泉徴収表と株式売買一覧を手元に数字を入力していけば自動的に申告書が出来上がるソフト?を用いて作成したため手書きで書いて計算する手間が省け非常に楽でした。株式投資をする人が増えているのでこれは助かりますね。

税務署は相談員が多数いて若者から老人に至るまで様々な投資家が来ていました。ただまったく準備もせず書類だけ持ってきて書き方を一から聞いている年配の方なども見られ、大変そうな相談員もいました。今年は一段と確定申告する人が増えていそうです。

さて今日は忙しくてほとんど売買はなしです。エーアンドデイで指値していた2390-2410までの20単位ほどの利食い注文が出来ていましたが、後場には念の為2335で買い注文を出していた15単位も出来ていたため持ち株数はほとんど変わらず。あとは昨日買ったソフトバンクとグランディハウスを寄りで利食い。この2銘柄は残念ながら思ったほどの利益とはなりませんでした。

昨日、今日と久々に外国人投資家が買い越してきました。明日以降も続いてほしいところです。

2006年2月21日 (火)

とりあえず反発

14時過ぎからの上げ方は凄かったです、今朝の日経にも書かれてましたがいくつかの指標がそろそろ反発があることを示していて、ここ数日の急落で投げは一巡したのかもしれません。ただ個人的にはもう少し上値は重いと思っていたのでちょっと意外高でした。

7745エーアンドデイは買い気配で始まりましたが、これも上値が重い。とりあえず一部昇格発表という材料が出ましたので寄りで少し確定して後場も含め計3割ほど安いところで買っていた玉を利食いました。先週末に出来高を作ってしまっているのでしばらくは上値が重いでしょうが、これも日経同様もう少し投げを拾い続ければ自然と上向くはずです。以前は昇格即TOPIX算入だったので昇格はストップ高が多数出ましたが今は一月間隔が開いてますので機関投資家もゆっくりと買ってくることが出来ますね。ただ今日の動きでも一目均衡表の雲の下限で跳ね返ってきて長い下髭をつけましたのでチャート的には大変よい形になりました。

後場、久々にグランディハウスと14時以降思いっきり上げてきた銘柄、売り残たっぷり入って踏み上げ食らい易いと狙っていたソフトバンクを買って終了。

さて明日上を狙っていければ楽しい展開になりそうです。

2006年2月20日 (月)

祝!エーアンドデイ 一部指定替え 昇格

いや~、後場も酷かった。どうなってんの?追証の嵐の感じ。

7745エーアンドデイ、後場一時2200割れまでありました。後場も買い増し、これで合計3万株越えたと思います。しかしきつかった…

引け後に東証一部昇格が発表されました。これを読んでの買いだったわけですが欲張らず先週金曜のUBSの格付けで確定しておいた方が賢明でしたね。嬉しいけど、失敗しました。

http://www.tse.or.jp/listing/1section/1sec.html

酷い下げ

トヨタは相変わらずプラスを維持するなど全体が暴落という感じではありませんが、新興市場や日経225の下げは酷いものがあります。一番下値が探りにくい下げでじれったい動きです。

今朝は2月優待銘柄(フォルクス、吉野家、松竹、東宝、ミニストップ等)をいくつかリストアップして寄り付き大きく下がったら買いをみようと見ていましたが、それほど下がっていません。やはりソフトバンク、銀行、不動産株等、個人投資家好みの銘柄や指数寄与度の高い銘柄ほど売られているように見えます。こうした銘柄には期待で割高に買われていたものが大きく、その為売りが出やすいものと思われます。業績の裏づけのある銘柄、ディフェンシブ銘柄に資金が流れて、要は「質への逃避」が起こっていますね。

さて期待した7745エーアンドデイに見事に裏切られています。まさか再度2200円台が見られるとは思ってもみませんでした。先週金曜に一旦確定しておけば今日たっぷり仕込めたのに…。もっと上を目指していたので仕方ありませんが。前場は仕方なく寄り2330から2240まで30単位ほど拾っておきました。この銘柄は割安だと思っていますので放置しておきます。そのうちガツンと上がると確信していますので。

と書いているうちに前引け。日経もかなり戻してますね、これで後場はプラス引けもありえます。7745も寄りを越えてきましたので今日買った分を含めまだ含み益玉が多数あります。後場上がってこないかな?

2006年2月17日 (金)

またもや300円超の下げ

NY大幅続伸、シカゴの先物が大証に比べ160円も高く帰ってきたのにこのザマですか… 今日も後場寄りにかけて先物が引っ張る形で急落、前場と後場ではまったく展開が変わる日が続いています。とても同じ日の売買とは思えない動きです。前場は前場で確定しておくことも今後必要になってきそうな感じです。

7745エーアンドデイは2500円台に乗せると思ったのですが、2440円引け。14時過ぎに一旦2495円まで行ったのですが、どうもこの付近が重い。チャートで見ると5日線は越えたものの25日線付近でやれやれ売りが出てきます。一目均衡表の雲で上値を抑えられた形です。週明けこの雲を越えてくれば需給はよくなるはず。後場も2420-2435で買い増し。来週始めはこれ一本で再度上値取りに挑戦します。

日経は寄り付き前外資系証券経由の動向で買い越しになってこないと、こういう軟調な動きが続くのでしょう。個人投資家の買い越しは鮮明になってきましたが逆に外国人の売り越しが続いています。しばらく辛抱ですね。

しかし後場のドリコムの動きは凄かった。まさかあそこからプラス圏に持ってくるとは!買いたいところですが、ドリコム、グラウンドを利食った資金でエーアンドデイをやっているのでここは我慢。それだけこの銘柄には期待しています。

大口買い

エーアンドデイ 後場寄り直後に150単位超の大口成り行き買いが入りました。その後日経の大きな下げでもそれほど押さない、下値は硬い感じ。

引けでは再度2500を超えてくると予想します。

グラウンド、ドリコムを利食ったので現在この銘柄一本、後場も買い増し中。真剣取り組み中。この地合いでこれだけの動きであれば日経が戻ってくれば当然一段高が狙えるでしょう。

危機一髪

今朝はドリコム、グラウンド、エーアンドデイすべてが買い気配という驚きの展開。エーアンドデイはUSBが格付けしたことが原因のようです。割安とは思っていましたが目標株価3600円とはまだまだ上を狙えるようです。ただ残念ながら今日は日経の動きに影響されてます。

*09:33JST <7745> A&D 2570 +290

買い気配から。UBSが投資判断を新規に「BUY」、目標株価を3600円としてい
ることが買い材料となっている。経常利益は来期以降、年率32%と高い成長が見込
まれるなか、来期予想PERは19倍水準で割安であるとの評価。

今朝は3銘柄とも大きく上がっていて、週末ということでグラウンドに続き遂にドリコムも確定しました。その後共に急落。危機一髪、危なかった。

さてまた魔の30分の間に先物が大きく値を下げています、後場も波乱含みのようです。

エーアンドデイ ストップ高の気配値!

やっと来たかな?

グラウンドも高い気配で今日はよい感じ

2006年2月16日 (木)

グラウンドファイナンシャルアドバイザリー

引けまで買い気配かと思っていたら、意外に後場早くに寄ってしまいました。ということで比例狙いの買い注文全て出来て予想以上の株数が買えてしまった。引けにかけて再度きっちり締めて大量の買い注文を残してのストップ高ですので明日の買い気配は決まったも同然でしょう。楽しみです。ドリコムはどこで売るかな?ドリコムとグラウンド二つを大きめに持っているのはさすがに怖いのでドリコムは明日あたり一旦確定するかもしれません。

それに対して7745エーアンドデイは訳の分からない動き。板が薄い上に100株単位なので一気に買えないので数日にかけて集めているのですがなかなか動かない。時々上に大きめの売りを出して下げさせているような動きに見えなくもないのですが… 後場もいくらか買い増しました。ただ引け間際に2345円で買い注文出したのに出来ず。気配が離れていたので出来なかったのでしょう。残念。

しかし今日も先物主導で大きく上下しました。動きが読みにくいので直近IPOなど日経の動きに左右されない銘柄を触るのが無難だと思います。そういえば例のファンダンゴが今日上場して値が付きませんでした、吉本では儲けさせてもらったので明日あたり買ってみようかな?

8783  グラウンドファイナンシャル

前場新たに買ってみました

ただ今朝は寄りから買う気持ちだったのに、寄りがマイナスで寄ったので変に慎重になりすぎた!買い始めが130台からとは下手すぎ・・・ その後ストップ高になるまで少しずつ買い増して今もストップ比例狙いで並んでいます。IPOに資金が流れてきてますね。

ドリコムはストップ一本値、こうなると買うから上がる、上がるから買う、でどこまでも行きそう。2株を早々と確定したのが実に悔やまれます。

あと前場はしつこく7745エーアンドデイを買い増し。明日あたりまでが仕込み時かと。結構な株数になってきています。

2006年2月15日 (水)

魔の30分間

東証が取引時間を30分短縮して13時からにしているために後場の取引開始時間が大証と30分のズレが生じています。このため昨日、今日とこのわずかな時間を用いて先物に引っ張られる展開が続いています。今日の前引けと後場寄りの差が100円もありました。12:30-13:00の間に大証での先物が売り浴びせられたからです。

ハッキリ言ってこの動きは異常です。先物取引をしない投資家は太刀打ちできません。取引量自体減ってきているので一日も早く東証は後場の開始時間を元にすべきです。

さて今日は昨日書いたとおり、不動産株を前場にさっさと利食い。それからソフトクリエイトもプラス圏で確定。エーアンドデイだけ今日も買い増し。ドリコムは今日もストップ高、第二のガンホーになれるか?あまり動けませんでした。というか後場の寄りを見てやるきを失くしました。酷い市場です。

2006年2月14日 (火)

前場と後場は正反対

なんと後場16000円の大台どころか300円超の大幅高!正直驚きました。痛い目に逢った投資家はしばらく買い手控えムードかと思いきや、投げを待って底を確認したところで一気に買ってきた人が多かったということでしょうか?明日以降の動きを見ないと確実に底を打ったかどうかは分かりませんが、腕を上げた個人投資家が多いということなのかもしれません。

ライブドアもプラスで引け、ライブドアグループ各社が大幅高になったのも買い安心感に繋がったのでしょう。やはり今の東京市場は世界でも最もネット個人投資家の影響度が高い市場なのだと改めて思い知らされました。

前場拾っておいた不動産トリオ(アルデ、アパマン、ダヴィンチ)は全て10%前後の大幅高、7745エーアンドデイも大きく値を戻して引けて大成功。いつもなら一部だけでも日計り確定するところですがこの二日大きく下げた後のリバウンドだけに明日に期待してすべて持ち越しました。

後場新規で買ったのが材料が出た3371ソフトクリエイト、これも持ち越し。ドリテクは当たり前のようにストップ高、これはこの波乱の二日でも強かったのでまだまだいけるでしょう。一株だけなのであと数日放っておきます。

それにしても前場と後場の雰囲気は一転しました。記憶に残る分足になりそうです。明日は不動産株の利食いとエーアンドデイの買い増し予定。7745エーアンドデイは今日の後場拾っている感じでしたので期待持てそう、今週一杯買っていこうと思います。

そろそろ買いかな

朝方はソフトバンクが買い気配になるなど、自立反発狙いで16000の大台を回復するもその後は先物主導でじり下げ。神経質な動きが続いています。

相変わらず新興市場は大荒れで投売りが出ているのは容易に想像できます。昨日以上に下げている銘柄が多いのは追証もしくは追証逃れの為の投げの証拠。痛手を受けている個人投資家はかなり多い模様です。

投げを拾っておこうかな?そろそろ買い出動してみようかという水準まで下げてきました。業績の裏付けのない新興銘柄はもちろん触りませんが、業績のよい不動産株、アパマン、ダヴィンチ、アルデ、それから7745エー・アンド・デイを購入。

エー・アンド・デイはしばらく拾っていきたい銘柄。現在あり得ないほどお買い得価格で買える状況ですので後場も大きめに買い増ししていこうと思います。

2006年2月13日 (月)

かなりきつい下げ

予想以上の下げですね、後場戻しかけましたが結局再度大台も割ってしまいました。ライブドアの上場廃止の一つの原因とは思いますが、最初のライブドアショック以上の痛手を受けた投資家が多いような気がします。少し調整は長引くかもしれません。

今日もほぼ空売りだけ、ソフトバンクや銀行数銘柄、ただ全部買い戻しました。買いは予告通りドリコムのみ。450ぐらいが初値と思っていましのでかなり安く買えた気がします。3単位買って2つはストップで確定。残りは一つだけ。

2006年2月10日 (金)

戻り売り

数日前から書いてますように、しばらくは「売り」が正解だと思います。

戻ってきてもすぐ上でやれやれ売りが出て上値は重いはず。

前場はアルデプロ、みずほ、光通信、アパマンを空売り日計り。SQは無事通過しましたが、どうも手掛けたい銘柄がなかなか見付からない状況。強いて言えば3793ドリコム、公開価格の5倍ほどになっていますが後場には寄りそう、公開株数がわずか2000株しかないので大きく動きやすい銘柄です。買い付け代金の即日徴収の規制があるので大きくいけませんが、寄りで2,3株買ってみる予定です。

2006年2月 9日 (木)

今年初の損切り

角川HD、昨日の日経暴落でもプラス、今日も買い板薄いのにじりじり売りを食って上がっていく。余りに気持ち悪いので一気に買い返済して損切りしました。(14:02、¥3830、4000株約定がそれ) 放っておいてもいいのですが、動きがどうも不穏だったのです。今年の連勝はここでストップですが、下手に損切りできず含み損が増えていくのも嫌だったのと、他の空売り銘柄で補填できるうちに抱き合わせで処理しておこうという判断です。

その角川の損を、みずほ、三井住友、アルデプロ、ソフトバンクの空売り玉の返済で埋めておきました。三井住友はたいした利益ではなかったのですがその他はなかなかの利益。

持ち株はこれで大幅減でほぼキャッシュ状態。しばらく調整だと思っているので余り大きく売買しないでおこうと思っています。

基本は売りポジ

昨晩のNYが高かったのもあって日経は戻していますがどうも弱い感じです、あくまでもリバウンドに過ぎず再度下値を試すとみています。

みずほ、三井住友、アルデプロに加えてソフトバンクも寄りから数段階に分けて新規空売りと追加売り。角川だけ担がれてますがもう少し上で叩こうと思っています。

預言者風刺画によるイスラムと欧州との対立、テロを警戒したトリノオリンピック。国内では非姉歯による偽装事件の拡大、そしてライブドアと闇社会とのつながりが暴かれ始めていること、等々・・・ 懸念事項は多いように感じます。

2006年2月 8日 (水)

ほとんどそのまま持ち越し

400円超の下げとはきつい下げとなりました

角川以外はある程度の含み益状態、アルデはかなりの含み益、半分30株だけ引け間際に買い返済。残りはそのまま、もうちょい下があると思っています。

残念だったのが岩井証券、狙っていたのですが全体的に大きく下げていたので見送ってしまいました。一度ストップ高行った後下げてきたのにそこでも買えず、慎重に考えすぎたかもしれません。岩井証券、実は8年ほど前に株式を始めた最初に取引していたのがこの証券会社、当時担当だったIさん、時々電話もくれたりしていましたが今ではかなりのお偉いさんになっているようです。今日の東証でのセレモニーにも出席されていたのかもしれません。そういう訳で思い入れのある銘柄だっただけに初日に触れず残念でした。

売りポジション

買い銘柄は昨日までで全て確定して正解

今朝はアルデプロ、角川、みずほ、三井住友を新規空売り&上乗せ

数日は売りの方がとり易いと思います

2006年2月 7日 (火)

せっせと利食い

2107東洋精糖 残り2万株を寄り234と235で利食い。結構長い間やってましたがこれで全て確定。

8925アルデプロ、60株ほど268000と269000で利食い、残りは10単位ほどですがこれも後場利食い予定。調子が良いうちに確定。

これで買いはすべて利食いでき、残りは売り玉の9477角川、これはまだ含み損ですが少しずつ売り乗せしていこうかと思っています。

2006年2月 6日 (月)

アルデプロ 怒涛の買い

いや~、14:30からのアルデプロは実に凄かった。ハンパな買い方ではありませんよ、あの買い方は。

伏線はやはり前場9:20からの買いでしょう、あれを見てから更に買い増しするべきと思いました。一部は258000で確定。

ご質問のイビデンですが、メリルリンチが投資判断を「買い」から「中立」に引き下げたのを始め、みずほ証券、モルガンいずれも格下げしています。株価上昇の牽引役だったDPFの収益性が鈍化していることが原因です。今回の数字はよくても今後の収益減退の可能性が高いようです。株価は先々を織り込むものですから好業績の発表と相次ぐ格下げは絶好の売り場提供となったということです。

アルデプロ以外は利食い優先

日経先物がずるずると下げてきてるのが気になります

ここまでは寄りが高かったものが多く幸いいくつか利食いできました

8999グランディハウス 寄り110万で残り全て利食い(その後高騰、もったいない)

2107東洋精糖 220台で買った分の一部を寄り232で利食い(残り20単位)

8925アルデプロ 248000で持ち越し分全て一旦利食い

アルデプロの9:20頃の急騰が気になります。その後「行って来い」となっているので買いあがって上で利食ったのか?何か気になるので241000-243000で再度購入。業績はよいのでそれほど心配しないで持てるのがいいです。

2006年2月 3日 (金)

利食いと新規購入

後場はなかなか強かったです、全体的に持ち直してきた銘柄が多かったような気がします。

後場ぶっ飛んでいたのが吉本興業、何度も書いてますが岩井証券、ファンダンゴと同社が大株主の企業が今月間もなく新規上場します。含み益をはやしての上昇、これは分かっていることなのでここから買うのではなく材料が出尽くす前に確定すべきところ。残りすべて後場3300-3400の間で確定。吉本はかなり長い間売買してきましたが、1700円台から追いかけてきましので倍になりました。

アルデプロは前場に238000で買った30株は241000で確定。その後再度引け間際に買い直してそのまま持ち越し。引け数分間の買いはなかなか凄かった、まだやる気でしょう。この銘柄は空売りも入るのでやりやすい。結局80単位と少し増やして持ち越し。

あと後場新規で買ったのが8999グランディハウス、アパマン等不動産銘柄の業績が好調なので今日決算発表のグランディも来ると判断、後場は高かったので見送っていたところ引けにかけて下がってきたので103万で10株注文(7株だけ約定)ただその後引け間際にせこく104万で注文出してしまった。3株確定して4株持ち越し。引け後になんと上方修正と1:3の株式分割を発表!せこく売らなければよかった…

あとは角川HDを平均3600円で4000株空売り。

週末でしたがなんとか持ちこたえました。グランディとアルデが来週楽しみです。

なんと奇遇

シュニーさんが利食った一銘柄がアルデプロでしたか、偶然です。

さて前場、期待したアルデプロがなかなか重い。NYの下げ、週末ということで上がりにくい感じです。朝方売られたところ238000で30単位追加買いしこれは244000で確定。それから前引け直前に再度238000で30単位買いました。昨日買った分と合わせて70単位保有中。業績が良いので安いところは拾っていこうと思っています。

あとは8999アパマンを日計り確定。9665吉本の3000以下で買った分だけ3150円で利食い。今日もここまではまずまず。

2006年2月 2日 (木)

8925 アルデプロ新規買い

真柄は後場やはりだれましたか、私が筋なら後場460円を抜けるチャンスは何度もあったのであそこで一気にぶち抜いていきますがね~。後場は出来高も急減、前場で全て確定がとりあえず正解だったようです。ただこの銘柄こんな動きしながら、結構強いです。後で気付いたのですが、大証で昨日現引きは停止解除となったようです。もちろん日証金はまだ現引き、新規売りとも停止継続ですが、もしかしたら今朝の買い気配は今後の解除を見込んだ買いだったのかもしれません。

後場買ったのが8925アルデプロ、昨日上方修正しましたがおそらく再度の上方修正もあり得るような内容。ストップ高すると読んでの買いでしたが、かなりの空売りが入った模様。明日に期待できそうです。

     貸株  融資   差引
新規   5.563  3.043
返済   0.229  2.448
残    5.869  19.435  +13.566
前日比 +5.334  +0.595 -4.739

逆日歩

回転日数 7.2

貸借倍率 3.31

一旦すべて確定

真柄残りも450以上で一旦利食いました。動きからすると↑と見るのが普通だと思いますが、ここ数日こういう動きで上に行くと見る人が多い時こそ実は売り逃げ時ということもままあるわけです。

注目すべきは今日の出来高。ここ数日一日の出来高を今日は既に半日でこなしています。今日は個人の売買だけではなさそうです。怖いのは上に行くと確信してしまって毎日買い続け最後の暴落でこれまでの利をすべて吐き出してしまうこと。ここは落ち着いて一旦ニュートラルに落として見てみます。

後場動くと思いますが騙しもあり得ます。460超えてきたら再度買いたいですが、これまでのように一回の買いは数万単位ではなく数千ぐらいで臨みたいところ。

真柄一部確定

454-461で、株数多すぎて怖いため半分強を利食い

勢いだけ見るとストップ行ってもおかしくない感じですがね、今日は明らかに大口の売り買いですのでもしかしたら筋が逃げるための朝からの買い気配の可能性も考えつつ慎重に。まだやる気ならおそらく450あたりを割らさないでしばらく450台で売買させておいて時間をおいて460を再度越えてくるはず。さらに買うとしたらそこで大きめに入ってみます。

真柄 やっと本番かな?

昨日までのあの動き

そして今日の買い気配

加えて高値450越え

と来ればまず間違いないとは思いますが…

450付近で買い増し、噴火期待

1839真柄買い気配

この買い気配は一体?来るか?

追撃用意しています

2006年2月 1日 (水)

今日もこの動きか…

三洋電機は後場305で利食い。持ち越してもいいのですが全体に軟調となりましたので安全策取りました。

さて注目の真柄、今日も14時から急激な上げ。今日こそ本物か?と思って期待したのですがまたもや450止まり。結局440付近まで戻したところで昨日まで持ち越していた分は残りすべて利食い。ここまではよかったのです。

ところが430→450までの動きを見て間違いなく450超えると判断して443、448で買ってしまい、その後も結局見ているだけ。まさかの二日続けての不思議な動きとなってしまいました。420をあくまでも守ったり430付近で時々出る大口の買い、そして440超えての急激な上昇、すべてが高値450超える動きだったはずなのですが?上げると見せかけて逃げているのか?それともおちょくっているだけなのか?売り禁解除を待って仕上げてくるのか、それとも決算に合わせてくるのか分かりませんがもうちょっと見ていこうと思います。しかしどうも疲れる動きです。

三洋電気 じり高

三洋電機、空売りが貯まっているもんだから決算後は悪材料出尽くしでじり高になるのは当然。赤字垂れ流し、有機ELからの撤退、第二電池でWVとの共同開発等材料が出てます。後場には確定しますが310円越えてくれれば更に嬉しいところ。

真柄は440手前が重い、これは数日前ストップ高付近で揉み合ったところなので当然、ここを抜けば一段高でしょう。440手前で半分利食いして持ち株数を調整。後場動き見て再度買い増します。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ