最近のトラックバック

« 前場と後場は正反対 | トップページ | 8783  グラウンドファイナンシャル »

2006年2月15日 (水)

魔の30分間

東証が取引時間を30分短縮して13時からにしているために後場の取引開始時間が大証と30分のズレが生じています。このため昨日、今日とこのわずかな時間を用いて先物に引っ張られる展開が続いています。今日の前引けと後場寄りの差が100円もありました。12:30-13:00の間に大証での先物が売り浴びせられたからです。

ハッキリ言ってこの動きは異常です。先物取引をしない投資家は太刀打ちできません。取引量自体減ってきているので一日も早く東証は後場の開始時間を元にすべきです。

さて今日は昨日書いたとおり、不動産株を前場にさっさと利食い。それからソフトクリエイトもプラス圏で確定。エーアンドデイだけ今日も買い増し。ドリコムは今日もストップ高、第二のガンホーになれるか?あまり動けませんでした。というか後場の寄りを見てやるきを失くしました。酷い市場です。

« 前場と後場は正反対 | トップページ | 8783  グラウンドファイナンシャル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7779/721795

この記事へのトラックバック一覧です: 魔の30分間:

« 前場と後場は正反対 | トップページ | 8783  グラウンドファイナンシャル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ